プロジェクト本文

▼ご挨拶

はじめまして。眞形隆之(まがた たかゆき)と申します。
44歳、普段はフリーでゲームやイベント、書籍の企画制作をしています。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

私には夢があります。
それは「たほいや」を番組として復活させることです。

 

「たほいや」とは、広辞苑を使ったゲームです。


今から20年以上前にフジテレビの深夜に同名のテレビ番組が放送され、私は「たほいや」を知りました。出演していた松尾貴史さん大高洋夫さんといったメンバーは、私の憧れの人になりました。

 

 

「たほいや」のルールをシンプルに紹介すると、親が広辞苑に書かれている、聞いたこともないような言葉を選びます。子はその言葉を聞いて、さも広辞苑に書かれているような言葉で意味を考えます。親が実際の広辞苑の意味と、子が考えた嘘の意味を混ぜて読み上げます。子は親の読み上げたいくつかの意味の中から、広辞苑に書かれた本当の意味を当てるというもの。

 

単純なゲームシステムながら、この深夜番組に熱狂した人は数多くいたようです。フジテレビから「たほいや」の本も出版されました。

しかし、放送期間はそれほど長くはなく、復活を望む声も多くあったようですが、今日まで復活することはありませんでした。


恐らく、今後も誰かが動かなければ、テレビで復活することはないでしょう。

 

私は「たほいや」の放送が毎週の楽しみでした。
当時、私は原因不明の病気で長期入院中でした。
いつ完治するかわからない不安の中で、「たほいや」の放送を見て大いに笑い、病と戦う励みになりました。

 

私にとって「たほいや」は特別な番組です。
ぜひ、この「たほいや」を復活させるためのご支援を頂けないでしょうか?

 

▼これまでの活動

私は現在、「アルティメット人狼」というイベントを立ち上げ、主宰をしています。人狼ゲームは、若者を中心にブームとなっている非電源のアナログゲームです。

 

ゲームクリエイター、役者、将棋の棋士、芸人など、あらゆるジャンルで活躍する人狼ゲームに長けたプレイヤーを集めた真剣勝負を行っています。

 

すでに10回以上の放送を行い、300人規模の会場のチケットは即完売、ネット放送をすると20万人の視聴者に集まっていただいています。 

 

 

この経験を活かして、ネット放送での「たほいや」の番組を作ろうと考えています。

 

「たほいや」のイベントを立ち上げたいと考えてから、いろいろと調べました。

 

「たほいや」は、海外では「ディクショナリー」という名前の辞書を使ったゲームが元になっていたこと。


「たほいや」という言葉は、とあるゲームの会で出題された問題で、あまりのインパクトから、その言葉がゲーム名として定着したこと。そして、とあるゲーム会を主宰し、「たほいや」生みの親である高橋浩徳さんと連絡を取ることに成功しました。

 

高橋さんはフジテレビの「たほいや」の監修をされていた方でもあります。

私は「たほいや」を復活させたいという思いを伝え、「たほいや」という名前をネット放送の番組で使用する許可をいただきました。

以下は、高橋さんからのお返事です。

 

自分のゲームの会で「たほいや」と呼んでいたのですが、

テレビ局でもその名称が気に入ったようで番組名になりました。

懐かしい思い出です。

大高さんや松尾さんをテレビで拝見するたびに、

あの頃の事を思い出してしまいます。

ネット放送で番組としたい件、了解いたしました。

高橋浩徳

▼資金の使い道

番組名は仮に「たほいや甲子゛園(たほいやこうじえん)」としました。

 

集まった資金によってイベント規模や出演者を考えていきたいと思っています。

以下の内訳を考えています。

出演者ギャランティ、会場費、ネット配信費、撮影機材費、撮影スタッフ費、配信スタッフ人件費、イベント宣伝費、イベント運営費、オープニング映像制作費、小道具費、雑誌など。

 

最終ゴールは「たほいや」の復活、この面白いゲームを多くの人に伝えることです。具体的には、毎月の定期イベント開催と、ネット番組の定期放送ができることが理想です。

 

▼リターンについて

A.3000円・・・お礼のメール+番組スタッフロールに支援者としてお名前を入れます(希望者のみ)(無制限)

B.5000円・・・A+「たほいや」開催まで裏話の報告をする限定フェイスブックグループへご招待します(無制限)

C.1万円・・・B+都内でイベントを開催したときに1名分のご招待(先着30名様限定、イベントを開催しなかった場合にはノーカット動画先行配信します)

D.2万円・・・B+都内でイベントを開催したときに2名分のご招待(先着20名様限定、イベントを開催しなかった場合にはノーカット動画先行配信します)

 

▼ストレッチゴールについて

10万円・・・「たほいや」プレイ動画を作って配信します
20万円・・・「たほいや」イベントを都内で開催します
30万円・・・「たほいや」イベントを開催してネット放送します
50万円・・・レジェンドにオファーします(スケジュールにもよるので出演を確約するものではありません)
80万円・・・イベントを2回やります
100万円・・・イベントを3回やります

※ここでいうレジェンドとは、私の憧れである松尾貴史さんと、大高洋夫さんです。
お二人はフジテレビ「たほいや」の放送で圧倒的な強さを発揮していました。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

数ヶ月前、私は幸運にも松尾貴史さんと、大高洋夫さんとともに「たほいや」で遊ぶ機会を得ました。

お二人はフジテレビの番組以来の「たほいや」だということでした。

レジェンドと遊ぶなんて、「たほいや」ファンからしてみたら、これほど贅沢な話はありません。「たほいや」を復活させたいという、私の夢は一気に現実味を帯びました。

こちらの本気を見せることができれば、きっと2人は出演してくれるものと信じています。ぜひ、多くの人が見る中で「たほいや」ができればと思っています。ご支援のほど、よろしくお願いします。

眞形 隆之

▼最後に

レジェンドのお二人からメッセージをいただきました。

 

「たほいや」は、プレイヤーもギャラリーも素晴らしく楽しめる、

イマジネーションが広がる奥が深いゲームです。

使う道具は筆記用具に広辞苑一冊、点数を把握するためのものだけ。

地球にも優しいですね。

この遊びを語り継ごうとする人たちがいる事に感激です。

この素敵な夢に、皆さん加担してみませんか?

松尾貴史

 

 

そりゃあドラクエもFFも面白いとは思いますが

機械任せにせず見えない相手ではなく

120%完全アナログ手作り感満載

ちょいと頭をひねって騙し騙され

ペラペラページをめくれば

へぇ〜こんな言葉知らなかったあ〜

ガッテンガッテンためになる頭良くなるゲームたほいや 始め!

大高洋夫

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください