子供の頃からの夢『風の力で走るヨットで大陸間を横断したい!』その夢の実現に向け、一人乗り小型ヨットで大西洋を横断するレース「ミニ・トランザット」に挑戦する鈴木晶友選手。命がけの過酷なレースの為、出場できるのは世界で84名のみ。今年9月彼は世界の舞台に立つ。ドキュメンタリー映画を創るプロジェクトです。

プロジェクト本文

子供の頃、いろいろな夢を思い描きませんでしたか?

鈴木晶友(すずき まさとも)選手は、子供の頃、ヨットで風の力だけで大陸間を横断したい!(世界一周したい)と夢見ました。そんな少年は、大人になり、フランスを舞台に大西洋を横断するレースを目指すことにしました。

レースに出るためのヨット(LENDUR/レンダー)、このヨットの元オーナーやコーチらとの出会い、仲間の支え、そして本人の努力・実力と精神力により予選を通過し、今年6月に参加資格を得ました。9月22日にフランスのラ・ロッシェルをスタートして、大西洋を横断して11月下旬にマルティニーク島にフィニッシュする予定です。



2019.03.17    「逗子葉山経済新聞」に 今回の挑戦が取り上げられました。


はじめまして。「LENDERレンダー 1万4千キロ 〜少年の夢〜 ※」映画化プロジェクト・wahoo.tv製作プロデューサーの田中慶幸です。
一人乗り小型ヨットで大西洋を横断するという過酷なレースに鈴木晶友選手が出場することになりました。子どもの頃から抱き続けた夢、風の力(ヨット)で海を渡る大陸間横断の夢を20年以上かけて実現させるなんて、すごいと思いませんか?

多くの方にとってヨットはあまりなじみのないものかもしれません。でも、想像してみてください。自然の風だけを利用して海を渡ることが出来るのです。穏やかな日も悪天候の日も、風の力だけで進んでいきます。気持ちよく、そして、かっこいいのです!

ヨットの世界に魅せられて夢を追い続けている鈴木選手に感銘を受け、是非、応援したく思い、ドキュメンタリー映画化することとしました。鈴木選手の見知らぬ土地フランスへ行き、命がけで頑張る姿は、ヨットに初めて触れる方の心にもきっと響くと思います。ぜひ一緒に鈴木選手の子供の頃の夢を共有して、応援してください!是非、映画化のためのご支援をお願い致します!


子供の頃からの夢を叶えたい!

これは、鈴木選手の夢を共有しながら応援し、ドキュメンタリー映画を創るプロジェクトです。大西洋を横断できるのか!? 成し遂げる保証はありません。
が、しかし、世界の挑戦者84人に入り、世界の舞台に立てること自体が素晴らしいことなのです。
挑戦資格を得るまでの2年間に及ぶ予選の映像も多数撮りためてきました。

結果は神のみぞ知る。
みなさんとともに応援しながら、挑戦のドキュメンタリーを映画化します。
是非、一緒に応援してください。

大西洋横断挑戦スタートまで あと◯日◯時間 (別ウィンドウが開きます)

大西洋単独横断ヨットレース「ミニ・トランザット」は、2年に1回行われる大西洋を横断するレース。
今回は2019年9月22日にフランス南西部のラ・ロッシェルをスタートし、ラス・パルマス(スペイン・カナリア諸島)を中間の第一レグとし経由。大西洋横断となる第二レグは、11月2日スタートし、マルティニーク島(カリブ海・フランス領)を目指します。レースは、2レグ・合計約4050マイル(7500キロ)を競うものとなります。実際にかかる日数は、風や天候次第で大きく変わりますが合計で30日程度となります。

使用するヨットは6.5メートルの小型一人乗り。
レース中は24時間昼夜を問わず、走り続けます。その為、睡眠は長くて20分間。まともな睡眠は取れず細切れの仮眠を繰り返しながら食事中もトイレの間もひたすらヨットを走らせます。
外部との通信は禁止で、GPSによる座標表示と紙チャートを使ったナビゲーション、短波ラジオによる気象情報を使って天気図を手書きして航海します。


■鈴木晶友(すずき まさとも)選手 1985年8月生まれ。
両親の影響で6歳からセーリングを開始し、外洋セーリングの魅力に夢中に。学生時代はディンギーを中心に活動し、国民体育大会入賞、全日本インカレ優勝。大学卒業後、キールボート(クルーザー)レースに積極的に参加。2011年よりモス級を始め、全日本準優勝。世界選手権出場。



「アメリカズカップ2000」日本代表で
現在、世界で活躍中のプロセーラー伊藝 徳雄さんから
鈴木晶友選手への応援コメントを頂きました。


(1)映画「LENDERレンダー 1万4千キロ 〜少年の夢〜 ※」を製作
出場権獲得までの長い道のり、撮りためてきた映像と、9月22日にラ・ロッシェル(仏)をスタートするミニ・トランザットのレースの模様を合わせ、ドキュメンタリー作品とし映画化します。
ミニシアターなどでの上映後、DVD化、映画祭への出品なども検討しております。
※ドキュメンタリーなので結果は不明ですが、映画化致します。

(2)この快挙!夢物語の実現を世間や後世に伝えるための挑戦(製作者の挑戦)
映画化した本作品は、文部科学省の選定作品の申請を致します。
※過去に別作品「おもしろ影絵あそび」にて文部科学省選定実績あり。(社会教育・学校教育・幼稚園)
※選定されるかは保証の限りではありません。

(3)みなさんと夢の共有・応援をする
レースに向けての進捗状況やレースのスタート模様を現地から可能な限りお伝えする予定です。
現地から支援者様限定で映像を配信予定
※ラ・ロッシェル:本プロジェクト撮影本部のネット環境確認済みですが、当日のネット環境によります。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

----目標額を達成したら----

(4)みなさんで成功をわかちあい、もっと感動する
出場できることだけでも感動。また、世界の舞台でスタートするだけでも感動するかと思うのですが、もっとも感動をよぶフィニッシュ地点・マルティニーク島からクライマックスを先行で映像配信します。
ネタバレの恐れもありますので、配信題名に「ネタバレ注意」と題して配信致します。
支援者様限定リターンとします。※ドキュメンタリーなので結果や内容は未定です。


----500万円で上映回数もしくは上映規模を拡大します----

(5)ひとりでも多くの方に!この感動
ひとりでも多くの方に本作品をご覧いただけるように上映回数もしくは上映規模拡大をします!


1)DVD + オリジナルステッカー

2)DVD + オリジナルマグカップ

3)本作品のエンドロールにお名前と応援コメント入れ(合計30字以内)


4)本作品のエンドロールにお名前入れ(6文字以内・本名で超える場合は応相談)


5)本作品のエンドロールにロゴ入れ(大・中・小)(ヨットチームロゴ・企業ロゴなど)


※エンドロールに関して、記載順は基本的に先着ですが、同一項目内でも支援金額の多い順とします。
(例:お名前入れ ¥15,000-のところを ¥30,000-のご支援をいただいた場合、最後のご支援でもご支援額の順番で先に記載されます)



6)鈴木選手との映画上映会への参加

  (1ドリンクと軽食付き。鈴木選手と一緒に本作品を鑑賞)


※純粋な応援をお願い致します。当人・ご本人以外のお名前や誹謗中傷・暴力・宗教・性表現など映画やテレビ放送としての一定の基準において審査・記載させていただきます。記載できない場合、内容の変更をお願いすることがございます。
※ タイトルの「1万4千キロ」は、レース自体はおよそ7500キロですが、予選からレースをフィニッシュした場合の合計距離です。場合によりタイトルは変更する場合があります。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


大西洋横断挑戦スタートまで あと◯日◯時間 (別ウィンドウが開きます)

2020年2月  映画完成
・映画倫理機構への審査申請予定
・文部科学省の映像作品等選定審査に申請予定

2020年3月22日 神奈川県逗子にて初公開・上映会開催

2020年4〜5月頃 DVD完成、リターン随時発送

大西洋横断挑戦スタートまで あと◯日◯時間 (別ウィンドウが開きます)

日本からフランスへの撮影スタッフ渡航費・滞在費・交通費 他
撮影機材費用・撮影人件費・撮影用チャーターボート代 他

編集スタジオ・MA費用・人件費
映画マスター製作・上映のための会場費用・審査機関費用
DVD製作(映像オーサリング・パッケージ・レーベル製作)費
リターン品等 製作費
今までの製作費に充当

子どもの頃は自由に夢を思い描くことが出来ました。
大人になり色々なしがらみや現実、諸事情により、夢を諦めている人もたくさんいるかと思います。
そんな中、子供の頃の夢に向かって挑戦する鈴木選手を応援したく思い、現在に至っております。
ヨットの世界に初めて触れる方にも楽しんでいただける、夢を追う熱い気持ちを鈴木選手と一緒に味わえる映画にいたします。多くの人にご覧いただけるように、どうぞ皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
皆さまのご支援、心より、お待ちしております!!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください