自分自身がゴキゲンになれない人、大切な人にゴキゲンでいてほしい人。そんな人に向けて書いた本『ゴキゲンを創ろう』をみんなに読んでほしいと思い、クラウドファンディングに挑戦することにしました。涙あり笑いありの本です。一人でも多くの人に読んでもらい、世の中をゴキゲンにしたいです。よろしくお願い致します。

プロジェクト本文


初めまして。この度『ゴキゲンを創ろう』という本を出版するクラウドファンディングに挑戦するゴキゲンこと、藤田です。



ボクは香川県で屋根屋をしています。そんなボクがなぜこんな本を書くことになったのかは、本作品の最後に「プロローグ」として書いていますので是非読んでいただきたいですが、ここでは簡単にボクの紹介をさせていただきます。


香川県三豊市で生まれ、中学ではテニス、高校ではサッカーをしていました。特に高校はホント部活動に勤しんで、家に帰れば21時くらいの生活をしていました。弱小だったのですけどね。


大学に入り、1年生の時に阪神淡路大震災を経験します。その時に大学の価値を見いだせなくなり帰郷し屋根屋の後を継ぐことになりました。当時は人付き合いが上手に出来ず、一人で過ごすことも多かったのですが、ある「きっかけ」から人と出会うのがすごく好きになりました。そして自分が好きで、この日本という国も大好きになりました。


こう書くのおかしいかもしれないけど、ボクのように、自分が好きで、人が好きで、ここが好きって言える人が増えてほしいという願いから、この本を書きました。


内容としては、人が人生を楽しむためにとっても大切なことを書いています。原則的で真理の本だと自分では思っています。また、中学生でも小学高学年でも内容が理解できるように書いています。




直接的な理由は書籍の予約販売です。資金を募って制作費を捻出したいと考えています。それがクラウドファンディングをする最大の目的です。自費出版はお金が必要なためこのような形をとらせていただきました。ですが、このプロジェクトを通してやりたいことは別にあります。最終目的地はお金ではありません。シンプルにいうと、世の中をゴキゲンにしたいからです。



ボクには大きな夢があります。

それは人々をゴキゲンにすることです。

少しでも、毎日ゴキゲンで暮らせる人が多い世の中をつくりたい。

ボクの壮大かつ最高の夢がこれなんです。


今の世の中はかつてないほどのストレス社会で、毎日のように児童虐待やいじめのニュースが流れています。誰かに攻撃することでしか自分を保つことが出来ず、その矛先となった相手が被害を被るというあまりにも残酷な社会。


そして、自殺者の数も未だに2万人を超えています。その人たちにとっては自ら命を絶つほどこの世にいるのが辛かった。そんな世の中であるのが現実です。


そして上記に比べれば小さいことかもしれないけれど、ボクの周りにもネガティブを選びがちな人がたくさんいます。どうしてもイライラやクヨクヨ、モヤモヤを選んでしまって、イキイキやニコニコ、ノビノビやワクワクをなかなか選べない。そんな人たちです。(そんな重症じゃないですよ。その場面場面でうまく感情を整えれないくらいのことです)


そんな人をどうにかゴキゲンにしたいなって思ったら、より多くの人に届けるには「紙の本」しかないと思いました。ボクは電子書籍を出しましたが、それではなかなか認知度が上がらず、届けたい人に届けることが出来ないからです。


だから、全国媒体で有名なクラウドファンディングという方法をとることにしました。少しでも多くの人に目に触れてもらって、この本を読んでほしいと思ったからです。


ありがたいことに、この本の内容を見てもらった人からは、感動したとか、涙したとか、本当に本質的なことが書かれているというお褒めの言葉をいただきました。もちろんボク自身も最高の文章を書けたと思っているので、あとは素晴らしい「作品」として届けたいのです。


本を「作品」として書いたのは、ずっと持っておける本にしたかったのと、買ってもらって、すごく読みやすいなって思ってほしいからです。


ボクの主観ではありますが、本というものは文字の大きさ、余白、ブックカバーなど全てにおいて読み手目線を考えるべきだと思っています。ただただ本を出版したという実績だけがあっても何の意味もありません。読者に読んでもらって、まずは自分自身がゴキゲンになる。そこまで設計されてるものでなくてはいけません。


だから、本の見た目も触り心地も全てこだわります。その分出版費用は高くなりますが、これをおろそかにしてしまうとボクの夢である人々をゴキゲンにするということにつながらないからです。


だから、このような方法をとらせていただきました。




ボクはここ数年に渡って、ゴキゲンセミナーというものを日本各地で行ってきました。初めてセミナーをしたのは2年前。地元香川県です。その時は手作りカードを使って、自分の心を見つめたり人の価値観に触れるなど、楽しい時間をみんなで創ることが出来ました。



参加者の声の一部を抜粋します。


少し前にかなりショックなことがあり、ずっとクヨクヨから抜け出せずにいました。

そんな時この塾の開催を知り、「ゴキゲンになりたい!」と思って参加させて頂きました。


今回の形式は、ゴキゲントレーナーの隆志くんがみんなの前でお話してくれるのではなく、最初に少し投げかけてもらった後は、いくつかのキーワードについて今思っていること、そしてこれからどうしていけばいいか、またお互いの思いについてどう感じるかなどをみんなで伝え合う、というものでした。


これがめっちゃ凄かったー!!


普段使わない部分をフル回転させて、一生懸命自分で考える事で自分でも気付かなかった自分の気持ちに気付くことができたし、そしてみんなの考えも聞かせて貰うことで「あ、そんな考えもあるんやー、凄〜い!!」ってまた新たに気付かせて貰えることがたくさんあって。

参加者のある方の言葉を借りると、本当に

「思い学ぶ」

有意義な時間になりました(^-^)

私が引いたキーワードカードは

「自分らしく」
「つなぐ心」
「これからどうするか」

の3つでした。

そんなの、普段からずっと考えたりはしてなくて(^^;;

隆志くんは常にこんなことを考えてるのかな?凄いなぁーとか思いながら。

だから、すぐにパッと答えることができない時もあったけど、それもゆっくり優しく待ってくれて。

心に響いたことはいっぱいありすぎるけど、全部お伝えすると長くなるので自分が引いた中の一つ、

「自分らしく」

について。

私の思う「自分らしく」っていうのは、無理してないこと、つまり、気持ち的にしんどくないことなのかなぁ〜って。

それで言うと、冒頭の「ずっとクヨクヨしてる」状態って、凄いしんどいんよね。

だから「ずっとクヨクヨしてた」って書いたけど、毎日24時間ずーっっと落ち込んでなんかいられなくて。

もちろん、あの時のことを思い出すと、大切な人の悲しい顔がまた思い出されて涙が出そうになるけど、でも、それはずっとではなくて、大好きな人たちの笑顔や楽しいお喋りに元気貰ったり、美味しいもの食べてる時は、クヨクヨがニコニコになってて・・・

あ、そんな時は「私らしい」のかなぁ〜と。

クヨクヨが長引いてしんどい時でも、大好きな人の笑顔を見たり、大切な人の笑顔を想像すると「ニコニコ」でいられる(^-^)


そしてその大切な人の笑顔は、

・自分が勇気と思いやりをもって接することで、
・素直に感謝を伝えることで、
・大切な人と私達のいい未来を想像し、それを共有できたら、

見られるんだと、改めて気付かせて貰いました。

そして、今のクヨクヨをもっともっとニコニコに変えていくには、いい選択をしていけばいいんだよね?(^-^)

今回、参加できて本当によかった。

こんなにもたくさん心震わせて貰った。

隆志くん、参加された皆様、本当に本当にありがとうございました。

これから緩やかに、ゴキゲンな日が増えていくからね。


このような感想をいただきました。


これが初めてのゴキゲンセミナーで、その後は全国各地で。



そして、香川県で主催してくれた親友のことを書いたblogがこちら。

https://kawarasista.com/archives/3747


また、ゴキゲンの歌も作っていただいています。少しでも多くの人に前を向いて過ごしてほしいから。

https://m.soundcloud.com/satomi-uozumi/gny1q94n5xn1


また直近では大きなイベントをさせていただきました。それがゴキエンフェス。「やってみよう、やらせてあげよう、大丈夫」というスローガンの元、教育をテーマにイベントを開催しました。それは自分をしっかりと表現している社会人に来てもらったり、これから挑戦する足がかりとして、ある高校生達にも来てもらいました。社会人の3人は、マーケティングコンサルタントをしながらもDJをしている横山さんと、サーカスのエアリアル演者である長谷川さん、また日本で初めての現代サーカスのプロデューサーの田中さんに来てもらいました。そして声優を目指す学生たちによる絵本の朗読です。この時間はボクにとって本当にかけがえのないものとなりました。



このような活動を通じて、世の中をゴキゲンにしたいと思い動き回っています。今は新しいゴキゲン活動として、絵本制作やゴキゲンゲーム作りも仲間達と共に考えている最中です。(ちなみに絵本はボクがシナリオを書きました)


微々たるものではありますが、少しずつ少しずつ前進している実感があります。不慣れながらもセミナーやイベント主催を繰り返して進むことで、ゴキゲンが着実に浸透しています。





資金の使い道は全額出版費用です。まだ確定ではないのですが、見積もり(簡易)が913,000円出ておりますので末広がりという縁起担ぎの金額を選びました。ただの縁起担ぎなのであまり意味ないことかもしれないけど、こんなことするのもゴキゲン思考です。それも伝えたくて設定させていただきました。数が少ないと一冊あたりの単価が高いので、500部制作の予定です。




詳細はリターンページで書いていますが、リターンのタイトルだけをここに記しておきます。


書籍『ゴキゲンを創ろう』1500円

書籍『ゴキゲンを創ろう』サイン本&応援&ゴキゲンくんシール10個 5000円

書籍『ゴキゲンを創ろう』しるし本&応援&ゴキゲンシールくん10個 20冊限定  10000円

書籍『ゴキゲンを創ろう』サイン本20冊&応援&ゴキゲンセミナー 50,000円 (交通費別途)

書籍『ゴキゲンを創ろう』サイン本50冊&応援&ゴキゲンセミナー 100,000円 (交通費別途)



ゴキゲンくんとは上の写真のキャラクターのことです。このキャラクターをシールにしてお渡しします。




出版は10月下旬か11月上旬あたりです。(セミナーに関しては12月以降主催者と要相談)製本はまだ先になりますのでこれくらいの時期となっております。



書籍の最後に書き記しましたが、ボクは人との出会いにより大きく変わることが出来ました。だからボクもこの本が誰かの変わるきっかけにしたいです。そして、その力がこの本にあると信じています。


また、このゴキゲン活動は、人をゴキゲンにしたいというボクの欲求です。貢献したいというより自分に素直になりたい。その想いが強いです。やりたいからやる。その気持ちでスタートしてます。この気持ちに共感してもらったらめっちゃ嬉しいです。


最高の本が出来ます。

この本をたくさんの人に読んでもらって、日本中をゴキゲンに。


以上です。

ここまで読んでくれてありがとうございました。


最後の最後に、一つゴキゲン思考をお伝えしておきます。


「ありがとうは、言われるよりも心から言える方が幸せ」


本当にありがとうございました。



※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。その点はご了承ください。よろしくお願い致します。

  • 活動報告

    クラファン最終日に思うこと。

    2019/08/20 17:59

    およそ1か月弱このクラファンの募集をやってきましたが、今日で最後です。ということで文末までみてくれたら嬉しいです。うまく伝えられないし質も量も全然でした。何を書いたらいいんだろうと。毎日パソコンの前に座るも言葉はほとんど出てこない。そして書いていても途中で消してやり直すという作業をずっと繰り返...

  • 活動報告

    何を見て、何を感じるのか。きっとそれが大切なこと。

    2019/08/16 21:15

    クラウドファンディング終了まで後5日。達成は厳しそうですけどよろしくお願いいたします。以前撮った写真です。これめっちゃ気になって撮ったんですよね。ただの電信柱ですが、なんか大切なことが表現されてると思って残したかったんです。そんなこと感じるのはボクだけでしょうか笑同じ電信柱でも個性があるんだな...

  • 活動報告

    絆を取り戻したのはゴキゲン思考。

    2019/08/14 21:50

    クラファン終了まで後7日となってしまいましたが、達成までは程遠いですが、焦らず地道に急いで発信を続けようと思います。よろしくお願いいたします。ボクはかつてダメな時間を過ごしていました。それは最も大切な一人との時間を失っていたからです。その期間はおよそ1年。いや、もっとかもしれません。具体的には...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください