伊東の商店街を学生アートの舞台に!伊東の街の店舗やシャッター通りに、学生の「自由なアート作品」を飾り、お客様の呼び込みを行うことで、アートを通じて伊東の街を盛り上げたい、という企画です。

プロジェクト本文

 ◆はじめにご挨拶/R-shipともうします。


こんにちは、NPO法人R-ship(アールシップ)の代表理事を務めさせて頂いております、梶山 俊樹(かじやま としき)と申します。

この度は、数あるプロジェクトの中から、私たちのプロジェクトの詳細をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

これから、伊東のこと、R-shipのこと、プロジェクトについて、実現したい内容をお伝えしていきたいと思います。


 私たちは、地域復興・活性化の活動を目的に、2018年4月に任意団体を立ち上げ、静岡県伊東市における人口の高齢化と、シャッター商店街の現状に着目して、伊東の町興し事業をスタートいたしました。





←前回のクラウドファンディングをこちらで実施させて頂きました!

実際に行っている活動については、後述させて頂きますので、そちらをご覧いただけますと幸いです。


◆プロジェクトを立ち上げた背景/アート街・伊東と、シャッター街の現状…

かつて伊東は、約30~40年前までは、現在の熱海に匹敵する(もしくはそれを上回る)ほどの賑わいの街でした。しかし、いま現在は…
伊東の高齢化率43%と非常に高く、これは、全国26.6%、静岡県全体29.1%(平成31年度人口統計より)と比べて、群を抜いております
若い世代は就職や進学を機に、他県へ転出してしまっており、これが伊東の高齢化に拍車をかける大きな要因です。

また、首都圏の若者世代では、「伊東」ときいて思い浮かべるイメージが乏しく、従来ほどの勢いがないことを、厳しい現実として受け止めなければなりません。
働き口が決して多くなく、将来の選択肢の豊富な、他県へ出て行ってしまう…
こうして徐々に若者世代が少なくなっていき、商店街では集客が落ち込むなか、シャッター店舗が目立つようになり、ますます活気が失われかけております。

  

そこで、私たちR-shipは、考えました。
「伊東を盛り上げたい。私たちに何かできないだろうか?」

 

◆このプロジェクトで実現したいこと/伊東の若い世代と共に、アートの力で賑わいを作りたい!

このプロジェクトは、伊東の商店街をギャラリーに見立て、
シャッター通りや、集客の減っている店舗へ、販促と誘客をアートを通じて行い、伊東の街の活性化を促す
という企画です。

具体的には、学生のアート作品を、シャッター店舗での屋外展示や、通りの壁を利用した展示、さらには店内にまで飾り、集客につなげたいという内容です。

伊東のイメージである「温泉」「海」「食」に、新たに「芸術」という観光資源を加え、アート巡りがきっかけで訪れたお客様に、これを機に、伊東の街の魅力を知っていただく。特に若い世代への、伊東の認知向上というのが、大きな目的になります。

 

商店街の文具店の一角をお借りして作品(ビーズ作品)を展示して頂きました

  

商店街の化粧品店のディスプレイ内に展示していただきました(ディスプレイ中央にある、刺繍作品)


作品テーマ自由。限定的なものは設けず、学生の自由な発想の作品を提供してもらいます。(なので、作品は、集まってみてからのお楽しみです!)

 開催期間:2019年11月1日(金)~2020年1月5日(日)

 場所:市内各商店街のご協賛店舗、ご協力頂いたシャッター店舗

 アーティスト:武蔵野美術大学ほか、都内の芸術系大学の学生、等

 展示方法:ご協賛店舗様の、店内外の一角をお借りし、作品を展示します。シャッター店舗の場合は、(御許可を頂いたのち)シャッターに作品を展示します。

 

この企画は、まず、テスト版として、2019年8月24日(土)~9月1日(日)の間で、伊東の市街地にあるキネマ通り商店街を舞台「I TO ART WARK -PRE-」を開催し、立体物およびVR体験のアート作品を、商店街内の13カ所のご協賛店舗様に展示をさせていただきました。

 プレ企画のフライヤー(チラシ)です

ご協賛店舗様:化粧品店、和菓子屋、薬局、皮革製品店、不動産屋、カフェ、文房具店、カメラ店、婦人服店、居酒屋、鞄専門店、軽食(キネマ通り商店街内)
ご協力店舗様:洋菓子店(南伊東)

 イメージ画像です


さらに、地元の高校生(県立伊東商業高等学校)の皆さんと一緒に取り組み、商店街の飲食店様と高校生考案のイベント限定メニューも販売いたしました。




(⇖)クッキーをキャンバスに見立て、伊東の名所・特産を表現
(⇗)カラフルな中身のたい焼き
(⇘)家族で楽しめるカラフルなピッツァ



おかげ様で、地元メディアにも取り上げて頂き、学生・商店街・お客様よりご好評を頂くことができました。 

商店街の皮革製品の店舗での作品展示(刺繍作品)の様子


商店街内のシャッター店舗様にご許可を頂き、アーティスト紹介のパネルを掲示しています


プレ企画で、特に好評を博したのが「自由に描け!FREE CAMPUS」という企画でした。こちらは、シャッター店舗の一角に、気軽にどなたでも描ける大きなボードを設置した、参加型のアートスポットです。
小さなお子様から大人の方、また、外国人の方など、沢山の方に楽しんで描いて頂けました。
味気ないシャッターに人が集まり、笑顔と会話が生まれ、とても素敵な空間になりました。


FREE CAMPUSでの様子です

本プロジェクトでは、エリア規模を拡大して、開催したいと考えております。


プレ企画にて、商店街の皆さまから御感想・応援メッセージを頂きました!

【商店街の皆さまより】

「お客様から、『なんで武蔵野美術大学の学生の作品がここにあるの?!』と驚かれた!」(50代男性)

「もっと大きな規模でやりたいね、お店の看板横の空きスペースにどーん!!と使っていいよ!」(40代男性)

「伊東を、商店街を活性化する活動は、大歓迎だよ!」(50代男性ほか多数)

「学生さんに、お店の看板もかいてほしい!」(40代男性)


【キーワードは「学生の作品」】

 プロや販売目的の作品ではなく、首都圏の大学や専門学校において作品づくりを行っている「学生の作品」を展示します。また、すでに持っている『露出させたい』と思っている作品を、展示します。

展示作品は、「伊東のために」「その土地のために」というテーマを設けておりません。

なぜなら、展覧会の意図はそこではなく、『学生が作品を発表する場を、街ぐるみで提供・応援する。それを、伊東の商店街が行う』というところに意義があると考えているからです。
私自身、芸術系の学生経験から、作品の発表の機会の少なさ、ハードルの高さを痛感しておりました。
将来、芸術系の道へ進むには、非常に狭き門をくぐらなければならない、と感じておりました。

そこで、

未来を担う若者のために、街ぐるみで、そういった学生の将来を切り開くチャンスを与えられる。
そういった取り組みを、伊東という街が「学生を応援している」というカタチは、
非常に意義があるのではないかという思いがございます。

「都内の学生」に作品を提供してもらう。それを、伊東の街を知るきっかけ作りにしています。
それにより、「伊東を知らない」「来たことがない」という学生が伊東へ足を運ぶことになり、また、彼らのご家族・友人知人も足を運んでくださると、予想されます。
つまり、1人の学生に対して、4~7人程度の集客は確約されると考えます。

さらには、SNS等を利用し、本人たちが、当イベントの周知を行うことで、各方面へのSNS発信などが、「生きた、効果的なもの」になると考えます。
 (例:Instagramにおいて、1人の学生の平均フォロワーが300~400程度とし、350×参加者人数への発信が見込まれる計算になります。)

 『ギャラリー』となる協賛店舗は、そういった人々への非常に有効なCMとなります。

  

【開催時期は、伊東の閑散期である秋冬。】 

当企画は、期間が長い方がよいと考えます。
 たくさんの作品の展示を、多くの商店街にて、たくさんの店舗のご協力のもと、実施することで、伊東が閑散としてしまう時期にやることで、イベントの力を発揮すると考えております。


【目標】 

伊東駅をスタートとし、50店舗以上のご参加と、100以上の作品展示 を目指します。


◆本プロジェクトのきっかけとなる背景  

【町ぐるみのアートイベントの成功例と伊東で行うメリット】

皆さんは、『大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレ』をご存じでしょうか?
六甲ミーツアート芸術散歩』『にわのわアート&クラフトフェア』『田舎館村 田んぼアート』など、昨今、各地で様々なアートイベントが開催され、注目を集めております。
なかでも『大地の芸術祭』は、地方アートイベントの先駆けであり、代表的な成功例といえます。

イタリア語で「トリエンナーレ=3年に1度」を意味する通り、3年に1度開かれるこのイベントは、新潟県越後妻有の地域すべてが、現代アート作品の展示会場となります。
自然と人間がともに暮らす「里山」に、現代アート作品が並び、立ち現れるのは、アートと自然と人間が融合した、ここにしかない空間。
 これが、国内外の人々の心を掴み、第5回の2012年は、過去最高となる49万人を動員。アートを通して、過疎化した地域の再生を実現しています。

 また、地方で行われるアートイベントは、食や自然、温泉など、アート以外の魅力も豊富なため、アートと一緒に、その地方の良さを楽しむことができるのが、人気の秘訣なのです。

また一方で、こういった悩みを抱えている現状があります。

 それは、 芸術系の大学生が展示会をする際の、高額な会場レンタル費用の問題。
 若い発想で生み出される作品の数々を、世間に発表するためには、相応の費用を捻出しないと厳しい…この壁が現実問題として立ちはだかります。

人を呼びこみたい商店街、作品を見てほしい学生、
双方win-winになるには…
 『伊東の商店街を、アート作品の展示会場(ギャラリー)にしたらどうだろう?』

伊東でのアートイベント開催は、まさに、うってつけではないでしょうか。

 伊東の市街地にある商店街では、既存の営業店舗も、なんだか元気がない印象です。
多くあるシャッター店舗も、よい活用法がないか模索されています。
街の高齢化は、歯止めがきかず、いま伊東は、若い世代の生き生きとしたエネルギーを必要としています。
伊東を活性化させるためには、若い方の活躍や、 若い方の取り込み、そして、若い方に知ってもらう事 がマストです。
そして、もちろん商店街の店舗側のご協力もマストで、その二つが対にならなければ、一過性で終わってしま います。


【元々、伊東は『芸術の街』】

 市内には美術館、博物館が点在し、各所に工房(木工・ガラス・陶芸etc.)やアトリエも見られます。
さらに、商店街には伊東出身の彫刻家重岡建治さんの他、文学・芸術の方々の作品やモニュメントが飾られ、その功績が称えられています。
そういったベースがある伊東では、伝統的な芸術祭やアートイベントも多く開かれています。

 街を学生に貸したい

学生が使える街、学生が訪れる街にしたい

さらには、街のための作品ではなく、自身の作品を自由なテーマで学生が活躍する場を、伊東が提供します。
くり返しとなってしまいますが、
学生の費用負担をなくし、活躍の場を提供したい、というのが、未来を担う若者へ向けた
私たちの願いです。
 伊東の街の店舗ももちろん協賛いたしますが、どうか皆さまのお力をかして頂きたく存じます。


◆静岡県伊東市はこんなところ

伊東市は、伊豆半島の東側に位置し、相模湾に面した、比較的温暖な気候の土地です。
昔から温泉観光地として有名で、温泉の湧出量はなんと、湯布院・別府に続き、国内第3位
伊東には、海もあれば山もあり、豊かな食材に恵まれております。
伊東の穏やかな風土は、人々の心にゆとりを与えくれ、移住・定住をここに決める人々も少なくありません。

 

◆スケジュール&資金の使い道

2019年10月 フライヤー作成、告知
    10月末日 展示作品の設置完了
    11月 1日 『I TO ART WALK』開催
    11月末日 クラウドファンディング終了
2020年 1月 5日 『I TO ART WALK』終了
     1月下旬 順次リターン発送


用途は主に、イベントの運営費/宣伝広告費/作品送料/備品購入費/人件費/雑費
とさせて頂きます。


◆R-shipのこれまでの活動/こんなことをしております

【活動内容】

〇伊東の魅力と情報発信フリーペーパー制作と、伊東市内および首都圏&韓国へ配布
『I TO CITY PAPER』(アイ・トゥー・シティ・ペーパー)VOL.1~9既刊!
現在、月イチで発刊!


〇市内にある伊東アンテナショップ兼観光案内所(Nukumall)をリニューアル・運営
 …伊東ブランドを発信

↑Nukumall(ぬくもーる)

 〇イベントプロデュースによる街のにぎわい創出
 …市内の広場を舞台に、I TO MARCHE(アイ・トゥー・マルシェ)を月イチ開催 等 

↑過去のイベントのフライヤーです   

〇伊東・東京にて韓国語講座の開講
〇韓国の高校との事業提携(VR動画等による伊東観光PR)
〇代表による、高校生への講演
〇お菓子のまち伊東の、市内菓子店の商品を代行販売
R-shipオリジナルアイテム制作・販売による、伊東の活性化活動資金の捻出  etc...

 そして、伊東の多くの方々のご理解とご協力のもと、活動を徐々に拡げ、ことしの春2019年4月より、NPO法人化し、静岡県伊東市と事業委託契約を開始させて頂きました。
今後も、精力的に活動を行って参る所存です。

 

◆メッセージ

最後までお読みいただきありがとうございます。
私たちの挑戦を、どうか応援してくださると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

NPO法人R-ship一同

 

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください