キャンプの定番「タープ」ですが、一人で立てるのって意外と難しいですよね。難しいタープを家族が遊んでいる間に、お父さんが一人で立てられたらかっこいいと思いませんか?そんなあなたに燕三条の職人集団とデザイナーが組んで、簡単にタープが立てられて、丈夫でデザイン性に優れたタープヘルパーを作ります。

プロジェクト本文

こんにちは、株式会社プラスワイズのスポーツ・アウトドアブランド「Uscire(ウッシーレ)」と申します。

私たちUscireでは、キャンプを楽しむすべての皆様に、タープが簡単に張れるタープ補助ツール「タープヘルパー」を製作しました。

家族でキャンプをしたとき、タープを張るのに時間がかかったことはございませんか?大自然の中でゆっくりとすごしたいのに、子供と一緒に遊びたいのに、家族よりタープに触れる時間の方が多かったという方、多くいらっしゃいます。そんな思いをしているすべての方のために、私たちはタープヘルパーを生み出しました。



タープヘルパーがあれば、誰でも1人でタープを張ることができます。タープヘルパーにタープのポールを差し込むだけで、ポールにしっかりとした安定性を持たせることが出来ます。1人だけでタープ張りの作業ができ、作業時間が短縮されることでキャンプをもっともっと味わえます。

ポールが常に安定しているので、タープの張り綱作業が楽に行えます。ペグを打ち込む場所の変更も簡単に行えます。


タープを張るときに風が吹いていると、1人での作業は困難ですが、タープヘルパーがあればポールを支えてくれるため、安全に設営が行えます。多少風が吹いても恐るるにたりません。

ペグ形状なので、簡単にハンマーで打ち込むことが出来ます。また、タープヘルパーには、ハンマーを引っ掛けて抜くことが出来る丸穴があるため、片付けが楽に行えます。


タープヘルパー用ペグにタープヘルパーを差し込み使用します

「Uペグ(タープヘルパー用ペグ)」と、「タープヘルパー」のふたつを合体させることにより、ポールの安定性を高めます。そしてふたつに分解できるので片付けがラクラク!収納もコンパクト!

株式会社プラスワイズの常務取締役は悩んでいました。愛する家族とキャンプに出かけているはずなのに、いつも触れているのはタープのみ。海や川で子供たちと大自然を満喫したいのに、いつもタープ張りでヘトヘト・・・。

「何故なんだ」

 「なんで1人でタープを張ることが出来ないんだ。風も吹いたらお手上げだ!」

「ビギナーにはきつすぎる!!!」

「くそッ...!」


プラスワイズが拠点を置く新潟県の「燕三条」地域は、日本有数の金属加工産業の街です。江戸時代初期から燕三条は和釘(わくぎ)の町として栄えていました 。今では生活用品、カトラリーなど金属加工で日本を支える一大生産地です。この地の利を生かして、タープ張りが楽にできるツールを作れないか!

そして・・・ふとひらめきました。

というわけで燕三条の職人集団とデザイナーが組んで、簡単にタープが立てられて、丈夫でデザイン性に優れたタープヘルパーを製作することになりました。

株式会社プラスワイズ

金属加工の街として有名な新潟県三条市に拠点を置く株式会社プラスワイズ。インターネットを使い、さまざまな商品を全国、世界へ販売している会社。「楽しく正しく商売をし、当社にかかわるすべての人を可能な限り幸せにする」を経営理念とし、インターネット販売に注力。2018年に、アウトドアブランド『Uscire』を設立。

タープヘルパーの企画・販売を行う。


株式会社ヤマトキ製作所/製品制作

4代目社長の小林秀徳氏・プラスワイズ常務取締役の芳賀聡氏

金物の街、新潟県三条市を代表する金属加工の老舗。4代目社長の小林秀徳氏は元プロボクサーという異色の経歴。雪止め金具や雨トヨなど、建築金具を中心に製造を行っている。材料調達・製造・表面処理・梱包まで一貫して行っている。小回りが利く対応を心がけ、小ロット、特注品に対応可能。

タープヘルパーの製作を行う

株式会社ヤマトキ製作所/溶接

株式会社ヤマトキ製作所/溶接

株式会社ヤマトキ製作所/4代目社長の小林秀徳氏の思い


田切出工場 /焼き入れ・成形

金物の街、新潟県三条市の老舗鍛冶屋。木彫や大工の道具である切出小刀を手作業で作り続けて70年。現棟梁の増田健氏は二代目、三代目に増田吉秀をかまえる。増田切出工場では今も当時と変わらぬ鍛造による製法にこだわり続けている。いくつもの工程を経て鍛えられた打ち刃物は、他の刃物よりも切れ味が長く続く。経験による勘と技術、そして先人の素晴らしい知恵を持って、今日も槌を下ろしてる。

タープヘルパーの焼き入れ・成形を行う


増田切出工場/タープヘルパー焼き入れ


増田切出工場/タープヘルパー先端研磨


焼入れ作業の様子を360度カメラご覧ください


TWOOL株式会社 /デザイナー

新潟県長岡市でデザイン制作を行っているTWOOL株式会社。代表の和田紘典氏は東北芸術工科大学工業デザイン学科卒。家電メーカーにてデザイナーとして勤務後、東京にてクラフトデザインオフィスTWOOL設立。2015年/ 拠点を長岡市へ移し、TWOOL GALLERYをオープン。「目指すのはよく練られ合理的であり、世の中にないもの。」

タープヘルパーの企画・デザインを行う。

メディアも注目の気鋭のデザイナー。気さくで、面白い。和田紘典氏の特集で、タープヘルパーの製作風景もTVで放送されました。

TWOOL株式会社/タープヘルパー実験


TWOOL株式会社、プラスワイズ、ヤマトキ製作所/タープヘルパー会議



プラスワイズ常務取締役がタープヘルパーを使い、ストレスなくタープを張っております。これで家族との時間が大切に過ごせますね!!

タープヘルパー使用方法


■タープヘルパー(写真上)・Uペグ(タープヘルパー専用ペグ・写真下)セット

サイズ:タープヘルパー(約W3.4㎝×D4.8㎝×H40㎝)Uペグ(約W0.9㎝×D3.5㎝×H35㎝)タープヘルパーとUペグ装着時長さ(約67㎝)
材質:鉄
重さ:タープヘルパー(約330g)Uペグ(約210g)
カラー:ブラック

■Uペグ & ランタンホルダー

サイズ:ランタンホルダー(約46㎝×2、約40㎝×1・写真上)ランタンホルダー組立時(約W0.9㎝×D15㎝×H115㎝)
材質:鉄
※ランタンホルダー は、開発中のためお届けが遅くなる可能性があります。
※仕様が写真と変わる場合があります。



増田切出工房 オリジナル切り出し

タープヘルパーの焼き入れを行っている新潟県三条市の老舗鍛冶屋、増田切出工房のオリジナル切り出しをプレゼント。「切り出し」とはどんなモノか興味のある方は増田切出工房のホームぺージへ(増田切出工房HP)。
※オリジナル切り出し開発中の為、お届けが遅くなる可能性があります。


お礼の手紙とタオル

株式会社プラスワイズの担当者より、お礼の手紙と粗品のタオルをお送りいたします。


お礼の手紙とギフトカタログ

株式会社プラスワイズの担当者より、お礼の手紙と粗品のギフトカタログをお送りいたします。


株式会社プラスワイズの社員とお食事会

株式会社プラスワイズ常務取締役と社員による感謝をこめたお食事会にご招待いたします。制作秘話やこれからの取り組みについて社員の生の声が聴けるまたとないお食事会です。
限定:10名
開催日:2019年10月開催予定
開催場所:新潟県三条市燕三条駅近郊
交通費・滞在費・宿泊費:自己負担

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください