もう、我慢しない!美味しく食べて美しく健康に♪《業界初》商工会議所と共催、地方自治体が後援歌劇のまち宝塚から始まる美と食と健康のイベント【ローカーボフェスin宝塚】を皆さんと成功させて美と食と健康の新常識を日本中に浸透させたい!

プロジェクト本文

ご挨拶

マリー秋沢とローカーボフェス実行委員会からのご挨拶です

一般社団法人日本ニュートリションフーズ協会代表理事、マリー秋沢です。

私は10年前に糖質制限食と出会って救われた今年82歳になる、現役の医師で糖尿病の父がきっかけで料理の仕事の分野を糖質オフにシフトさせました。父の食事を1年間、糖質オフで作り、数値が基準値まで下がったことは衝撃的なことでした。そして、父だけではなく、もっと沢山の方々に知ってほしい、と思いました。

そして地元、宝塚に『マリーズローカーボフーズ』という、低糖質に特化したショップをオープンさせて4年目になります。

今回のフローカーボフェスの開催にあたり、行動を共にしてくれているたくさんの同じ想いの糖質セイゲニストが携わってくれています。

大きな夢を抱きすぎる、変革を起こしたい、と常に考えているマリー秋沢。

いつも皆様に助けられて少しづつ、前に進んでおります。


このプロジェクトで実現したいこと

宝塚商工会議所との共催、宝塚市が後援の【ローカーボフェスin宝塚】

糖質制限食の産みの親、江部康二先生。そしてこれまで数多くの妊娠糖尿病の妊婦さんを救ってこられた宗田哲男先生のお二人をお招きし、実施致します。

今回のフェスを成功させ、健康と長寿のための糖質制限食を多くの方に知っていただき、人生100年時代を意識した、新しい食の提案を全国へ、そして世界に向けて発信していきたい、というのが私の、そして今回フェスに関わってくれている皆さんの想いです。

これだけ医療が進歩しても、良い薬が開発されてもどんどん増え続ける生活習慣病やそれらの合併症。

なぜだろう?と疑問に思われませんか?

毎日の生活を意識することで生活習慣病は減ります。

結果的に医療費の削減にもなります。

大切なのは、毎日の食事の内容を考えること。

病気になる前に、時代に合った食事法と栄養を選択する事が必要なのです。


地域との活動

歌劇のまちで知られる宝塚、豊かな自然、美味しいお野菜、温泉、たくさんの素晴らしいものがありますが、まだあまり知られていません。

ここから始まる美と食と健康のイベントを通じて宝塚の魅力もお伝えできたら嬉しいな、と思います。

今回、クラウドファンディングで皆さんと作り上げるフェスを10月の頭の時期に設定したのには理由があります。

マリー秋沢は宝塚商工会議所の宝塚西谷ブランド協議会に所属しています。

定例会では、自然が豊富、お野菜が美味しい、ダリアのお花が全国でも珍しく素晴らしく沢山咲く、西谷地区。この宝塚西谷に、今後多くの方に足を運んでもらうにはどうすれば良いのか?などを話し合います。そして西谷が誇るダリアが咲き乱れるのが春と秋。

10月はダリアが満開!

会場の一角を、その素敵なダリアの花を散りばめたコーナーが作れたら、会場に来られた方々に宝塚の西谷のダリアの魅力を伝えることが出来るのではないか?と考えたのです。

可愛らしいダリアのお花と一緒に写真を撮っていただける空間を!


プロジェクトを立ち上げた背景・これまでの活動

2018年、私のふるさとである宝塚市で、宝塚商工会議所と共に『宝塚から新しい食の提案』『ローカーボ推進事業』をスタートさせました。

現在までに宝塚市内で、5店舗の事業者様に1品でも低糖質(ローカーボ)のメニューを置いてもらいたい、という想いでコンサルティングを実施してまいりました。

2019年、まだまだローカーボに関する知識が一般的には浸透していない状況を肌で感じ、

糖質過多の食生活が我々の身体に与える影響とは?

糖質制限食とは一体、どのようなものなのか?

など、正しい知識を身につける講座を提供する機関として一般社団法人 日本ニュートリションフーズ協会を立ち上げました。

2019年5月から、まずは宝塚市民の皆さんを中心に入門講座をスタート。

いくら飲食店の皆さんが安心、安全な低糖質のメニューをご用意しても市民の皆さんがその価値とご自身への必要性を感じ理解していなければ、なんの意味もなさなくなります。

そして、この度はさらに宝塚の方々を中心にフェスを開催することにより、より多くの方々への意識改革が可能となるはずです。

積み上げてきたものが実を結び、この10月13日に協会と商工会議所とで共催する【ローカーボフェスin宝塚】を開催することが決定いたしました。




資金の使い道


・講演会会場費(会場費、楽屋代、備品レンタル代)

・宝塚ダリアの花のブース

・広告費(フライヤーチラシの作成代・印刷代・)

・会場運営費(設営撤去費・案内看板・小道具レンタル・飲み物や軽食など)

・スタッフ手当(日当・交通費)

・雑費(打ち合わせ・運営費等)

 支援していただいた資金は上記に充てさせていただきます。

自己資金では全額を賄うのは厳しい状況です。

皆さんと共に夢を実現させたい!

皆様、どうぞよろしくお願いします。

 

 

実施スケジュール


2019年8月1日㈭クラウドファンディングでチケット販売スタート

2019年9月13日クラウドファンディング終了

2019年10月13日(日)講演会開催

 

当日スケジュール

【ローカーボフェスin宝塚】

★10月13日(日)10:10~17:00

10:10~開場・受付開始

10:30~主催挨拶

   商工会議所  横山保秀氏

   日本ニュートリションフーズ協会

      代表理事 マリー秋沢氏

      専任講師 備生千香氏

11:00~第1部講演  江部康二先生

12:00~企業プレゼンテーション

12:50~挨拶     堀田茂吉氏

13:00~第2部講演  宗田哲男先生

15:00~抽選会

~17:00閉会


講師プロフィール

1部講演

江部康二先生

2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。

内科医/漢方医

一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

著書多数『内臓脂肪がストン!とおちる食事術』2019年(ダイヤモンド社)


2部講演

宗田哲男先生

宗田マタニティクリニック院長(千葉県)

2008年にII型糖尿病を発症後、自ら「糖質制限」を開始。

血糖値のコントロールに苦しむ妊婦さんに「糖質制限」を勧めて、II型どころかI型糖尿病の方までもがインシュリン注射から離脱。

糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の糖質制限による管理で成果をあげ、無事、沢山の赤ちゃんを出産しています

著書多数『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』光文社


追加リターン

今回、ご協力いただいている方々のリターンをご用意しました。

すでにチケット購入した方も楽しめる内容になっております。


チケットに関して

チケット付きのリターンに支援していただいた方々へ

チケット現物は送付いたしません。

入場に際しましては支援完了メールの画面もしくはプリントアウトした物をご提示下さい。

お子様の入場に関して

お席が必要なお子様に関しては別途チケットをご購入ください(子供料金等はございません)

乳幼児等、お席が必要でないお子様はチケットの購入は必要ありません。

お子様連れでご来場の方へ

会場内での混雑や会場の暗転等の際に万が一何かございましても当方では一切責任を負いかねます。ご了承ください。


最後に

皆様と会場でお会いできます事を願っております。

一人でもたくさんの方に伝わりますように!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/10/16 15:05

    『ローカーボフェスin宝塚』 この度、台風19号で被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 10月13日、不安定な天候の中、あらゆる手段をとって宝塚まで『ローカーボフェスin宝塚』にご参加いただきました皆様、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。 前日、当日と関東を中心に、...

  • 2019/10/12 01:06

    皆様、現在関東を中心に、台風19号の影響で今後様々な交通機関の乱れにより、遠方から来ていただく皆様には参加を断念されたり、あらゆる手段で宝塚に来くることを模索してくださったり、台風の発生から様々なお問い合わせをいただいており、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。「ローカーボフェスin宝塚」の実...

  • 2019/10/07 19:51

    チケットの購入に関して現在、クラウドファンディングは皆様のご協力のもとに大成功を収めました。まだまだ引き続きたくさんの方にご来場してほしいのでチケットはこちらhttps://jnfa.official.ec/で購入できます。皆様、お誘いあわせの上、ご来場ください。なお、チケットに関しては現物は...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください