戦後日本の復興を指揮した、名宰相吉田茂と福岡県筑豊地域に何故ゆかりが…その答えは72年の歴史ある喫茶店『太陽』にあります。1年半前一度途絶えた太陽の歴史が、新たな世代に引き継がれ、田舎町の商店街からグローバルなビジネス創造まで、若者の夢をカタチにする「コワーキングカフェ太陽」が令和元年に始動します!

プロジェクト本文



本年3月、10年間務めた大きな会社を退社しまして、自身で会社を設立致しました。福岡県の田舎町「八女市(筑後地域)」に生まれ、大学でこれまた福岡県の田舎町「飯塚市(筑豊地域)」に来て以降、飯塚が大好きになり、マイホームも建て安住の地に辿り着きました。

今般、この福岡県の田舎町筑豊地域が大好きで、この町をより良い町にしようと精力的に活動している異業種の方々と大学生と共にタッグを組み、健常者・障害者・国籍関係なく、みんなが熱い夢を語り合う空間を、田舎の若者の社会の受け皿を、田舎からグローバルに新たなビジネス発信ができる空間を創設したく、クラウドファンディングに挑戦させていただくことになりました!

皆様どうぞご支援のほど、よろしくお願い致します。





福岡県筑豊地域にある飯塚市にコワーキングスペースを創設します。現在都会ではコワーキングスペースが増え日常的に利用するビジネスマンも増えつつあります。しかし田舎町における展開は、ほぼ皆無です。理由はビジネス人口が少なく、且つ、行政による起業家支援まで補助や政策が行き届いていない等、大手が新規出店するにはマーケットが弱いということ。但し、筑豊地域の飯塚市には大学が短大併せて3大学、お隣の田川市と併せると人口約18万人ほどの田舎町に4大学もあり、大学生・大学院生が約5,500人在籍しています。学生の多さが田舎町ではなかなか無い、町の大きな魅力です。この魅力は、学生や若い社会人のスタートアップ支援を行うことを目的の一つとしているコワーキングスペースにとっては、非常に魅力的な商圏であり、大手が入りづらい田舎町だからゆえの競合がそもそもまだこの地にいません。大学の先生、学生たちも多くこのプロジェクトに参加しており、とても面白い企画に発展していくと確信しています!
立地は、新飯塚駅前から延びる新飯塚商店街に位置しており、新飯塚駅・飯塚市役所・1,000床を超える麻生飯塚病院のトライアングルの中央に位置しています。また昨年、市民交流プラザの中にOPENした、つなぐカフェ(大学生と社会人のコミュニティスペース)からも近く、大学生やビジネスマン、地元の方々が集いやすい場所です。このコワーキングスペースを拠点として、ここに集う若者の夢をカタチにするために、今後は筑豊地域の商店街等の空き店舗の活用計画にも力を入れていく予定です。



オール筑豊体制で『筑豊起業部』と題し、学生や若手社会人の夢をカタチにするサポートを行います!多くのスタートアップ企業の代表者、また政界、経済会から多くの講師登壇を現在依頼検討中です。この起業部のミッションは『3年を目標に、筑豊の地で新たなビジネスを創り出す大学生を生み出し、その大学生が卒業後も筑豊地域に残り、共に筑豊地域を盛り上げていく一員になってもらう』ことです。そのためにも筑豊地域全体の産学官が三位一体となって、この田舎町における問題解決に向けて手を取り合い、立ち向かう必要があると考えています!


平成30年3月、全国の多くのファンから大変惜しまれつつも閉店した喫茶太陽を「コワーキングスペース×現代喫茶」の『コワーキングカフェ太陽』として復活させます。喫茶太陽は戦後72年間誰からも愛される、そして誰もが知る筑豊地域の名店でした。私たちは閉店まで喫茶太陽を先代のご両親から引き継ぎ、守り続けてこられた、松村姉妹の意思を引き継がせていただき、今は販売されていない喫茶太陽の『吉田茂カレー』を復活させていただくことになりました。私たちに託して頂きました、松村姉妹には只々感謝しかありません。復活する食事メニューは現在のところ吉田茂カレーのみの予定ですが、この吉田茂カレーを筑豊地域の新たなまちづくりの起爆剤の一つとして、全国のファンの方々に筑豊地域の魅力も届けていきたいと思います。



戦後日本の復興を指揮した名宰相『吉田 茂』の三女 和子氏が筑豊の麻生太賀吉氏に嫁がれた際に、吉田 茂氏の指示により吉田家のシェフ浜田氏が世話役として筑豊に来られ、喫茶太陽の常連になられました。その浜田氏が門外不出として当時のオーナー、松村姉妹のご両親に、吉田 茂氏もこよなく愛する吉田家のカレーを伝授したことから『吉田 茂カレー』として60年余り飯塚の名物として、多くのお客様に愛され続け、閉店した今でも吉田茂カレーの復活を希望する声が全国から届いています。


炭鉱の歴史を持つがゆえに、筑豊地域のイメージは未だに、炭鉱時代の暗いイメージであったり、気性が荒い、方言がきつい等、同じ福岡県民でさえ、悪い意味で一目置く存在のエリアです。20年ほど前までは同じ県内において「筑豊ナンバーの駐車お断り」の看板を掲げたコインパーキングなんかもあったそうで…私たちの大好きな筑豊地域を悪く言われると凄く気分が悪いです。悔しいです。もうこんな思いはしたくないし、子供たちの世代にまでこの思いはさせたくない!と思い、筑豊地域の明るいまちづくり、イメージの転換が必要であると考えました。
前述した通り、喫茶太陽の閉店というニュースは福岡県筑豊人、出身者にとって、とてもショッキングな、ニュースでした。72年の歴史ある喫茶店がなくなる・・・日本全国で伝統産業・歴史ある財産が引継ぎ手不足で歴史が途絶える社会問題が起きています。この太陽の歴史、そして何より吉田茂カレーは福岡県筑豊地域の宝であり、歴史ある名物です!これを失うということは、まちづくりにおいてとても大きな損失です!私たちは、大切な筑豊地域の財産を、そして72年の歴史を、しっかりと次の世代に繋げていきたいと考えています!




出典:平成筑豊鉄道様ホームページより

平成筑豊鉄道の直方駅から行橋駅までを、時速15~45㎞程でゆっくり筑豊地域の里山の風景を楽しみつつ、フレンチを味わうことができる観光列車『ことこと列車』がお目見えしました!車両デザインはJR九州で有名な『ななつ星』をデザインした水戸岡氏が担当。とても優雅なひと時を味わうことができます。


飯塚国際車いすテニス大会ホームページ


毎年春先、車いすテニスにおけるアジア圏で唯一のスーパーシリーズ(世界4大大会に次ぐ6大大会)、『飯塚国際車いすテニス大会』が開催され、世界各国から多くの選手や関係者が飯塚市に集結します。障害者スポーツで初めてとなる、天皇杯皇后杯を賜り、毎年延2,000人が運営をサポートする「イイヅカ方式」は、国内外で高く評価されています。私もこの大会が大好きで長年サポート側で関わっています。


現在の空き店舗の改装費用・設備・備品購入等に約300万円ほど必要になっています。OPENまでの賃料、敷金や広告宣伝費、返礼品や吉田茂カレー復活に伴う経費などを別途考慮すると合計で約400万円ほど必要になってくる予定です。今般のクラウドファンディングで集めさせていただきました資金は、これらの費用の一部に充てさせていただきます。未達成となってしまった場合も、必要経費の残りは私の会社にて全額負担してでも、この場の開設を行います!それだけの意義がこのプロジェクトにはあると信じています!

2019年8月初旬~9月29日   クラウドファンディング挑戦

2019年8月7日予定       プレスリリース

2019年9月初旬~10月初旬  内装工事

2019年10月初旬~10月下旬   開業準備

2019年10月末       新飯塚商店街ぶらり市にてプレオープン(予定)

2019年11月1日(金)     グランドオープン(予定)


リターンには吉田茂カレーはもちろん、アフリカマラウイの特色ある贈り物をご準備致します!

1、心のこもった感謝のお手紙

2、吉田 茂カレーのレトルト郵送

3、アフリカマラウイのオリジナル布を使った、手作りiPhone(8もしくはX専用)携帯カバー

4、アフリカマラウイのオリジナル布を使った、手作りタンブラー

5、アフリカマラウイ産コーヒー豆袋(80g)

6、コワーキングカフェ太陽の利用優待チケット

7、コワーキングカフェ太陽の食事優待チケット

8、コワーキングカフェ太陽の休館日貸し切り優待チケット

などなど・・・


Ten To Ten 代表:庄田さん
私は筑豊・飯塚で育ち、この土地で世界へ飛び出したいという夢を持ちました。そして、26歳の時にアフリカへ旅立ち、その夢を叶えることができました。故郷飯塚のおかげで自分の夢を叶えることができました!だから、今度は筑豊・飯塚と世界をつないでいくことで恩返しをしたい!と強く思っています。Co-working Cafe 太陽を舞台に"From Iizuka to the world"を必ず実現します!

株式会社WORKERS CARE 代表取締役:伊藤さん

皆様こんにちは!
私の生まれ育って、知性や教養を身につけさせてくれたこの筑豊のために、このプロジェクトを通して次世代に繋がる持続可能な地域のコミュニティづくりを行っていきます!デザインやアイデアあふれる環境で、地域のためのクリエイティブな創造をしていきたいと思います!
皆様のお力添え、そしてこの地域発展のための応援、どうぞ宜しくお願いいたします!

Law-Law’s Cafe 代表:ローレンスさん(アフリカ マラウイ国籍)
私はアフリカマラウイ共和国出身で、今から18年前にアジア立命館太平洋大学の留学生として来日しました。卒業後は小中学校のALT(外国語指導助手)として、日本の英語教育に14年間携わってきました。現在はALTをしつつ、福岡県久留米市でLaw-Law'sCafeを経営し、日本とアフリカ・マラウイがつながる場を創っています。このプロジェクトを通して筑豊・飯塚とアフリカを繋げていきたいと思っています。

  • 2019/09/08 23:50

    【クラウドファンディング進捗】535,000円(35%)、19名のパトロンの皆様感謝です。本日は纏まったご支援を申し出頂き、本当にありがとうございます!お初の方でしたが、お仕事を共有したいとの申し出を添えて頂き、ダブルで只々感謝です。。ありがとうございます!今日はSDGsの研修に参加させていた...

  • 2019/09/06 20:26

    本日は筑豊チャンネルというローカル情報サイトに取材記事が掲載されました。2019.09.06  筑豊チャンネルhttps://chikuho-ch.com/cafetaiyo-iizuka/凄くカッコ良く取り上げて頂いてありがとうございます!大平さん!ありがとう!

  • 2019/09/05 23:21

    本日9月5日付、西日本新聞様コワーキングカフェ太陽のプロジェクトパートナーの庄田さんの連載記事に、コワーキングカフェ太陽が登場しています♪彼の経験はとても深く、彼の経験が必ず筑豊の明るいまちづくりに生きる!私はそう確信して、彼と共にプロジェクトを遂行しています!筑豊とマラウイ-アフリカを繋げて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください