東海ふくしミーティングは、ファッションショーをメインに、トークショーや、またテクノロジーと福祉との関係についての展示・報告会、ワークショップ、そして福祉施設で作られた商品の販売まで、様々な人と一緒に、これからの福祉について考える企画です。

プロジェクト本文

「めっちゃ可愛い!」織りの世界。その裏側には、現代社会での生きづらさを抱えながらも、自由で自然な日常がダラリと広がっていることにあなたは気づくかも。



一枚の生地を目の前に、ボランティアの女子大生が声をあげました。
そこに居合わせた支援員も「ね〜」とお互い目を合わせました。

カラフルな糸が絡まるように織られた生地は一見布なのに、どこも均一ではなく、どこまでも凸凹しています。端から糸がもじゃもじゃと出ているかと思ったら、カラフルなわたがポコポコ浮き出て表面に広がっている状態です。

隣では、20代の女性Hさんが機織り機に向かって、時々笑い声をあげながら、シャトルを動かしています。

これは、完成した織り生地を囲んで、2020年開催東海ふくしミーティング「pichi-pichiコレクション(ファッションショー)」に向けての服の打ち合わせをしていた時のことです。

 

「可愛い〜!」が聞こえてくる、その場所は、デイセンターひょうたんカフェです。
名古屋・中村公園駅の近くにあります。


今回このクラウドファンディングで、デイセンターひょうたんカフェは、“第1回東海ふくしミーティング”というファッションショーをメインにした見て触ってしゃべって学ぶ参加型カンファレンスを開催して盛り上げたいと思っています。皆さん、応援してください。


さて、デイセンターひょうたんカフェでは、毎日障害のある方が織り機を操作し、一人一人の想いを手織りによってカタチにしています。

作り上げられた織りは、商品として人前に出ていくことはあっても、それを作っている織り手は人前にでることは殆どありません。

その為に、自分の織り布を身に纏い人前に立ち、多くの人に日々の制作活動や個々の想いを知ってもらう機会を作りたいと、デイセンターひょうたんカフェの支援員たちは以前から考えていました。

 


さて、福祉、障害、と聞くと自分から、遠くて関わりの少ないイメージを持つ方も見えるのではないでしょうか?

しかし、一枚の生地を目の前にして、「可愛い!」と感じた女子大学生のように、雑貨屋やマルシェなどで気に入った商品が、「実は障害者施設で作られたものだった!」という経験を何気にすることもありますよね。


 

「可愛い!」織り生地を発見して、織り手に出会いふれ合える場所。
そして、その「可愛い!」織り生地に触れて、様々な人の想いが生まれるシーンを作りたいと私たちは思っています。

 


一本の糸からはじまるように、大凡、手織りは、生産性の低い、手間、時間のかかる作業です。

デイセンターひょうたんカフェで生まれる織り生地やその商品は、コスパ良く計算してつくられたものや、デザインされたものとは、全く逆の立ち位置と言えるでしょう。

しかも常識では考えられないような布の状態、同じ部分はどこにもない……。
でも、「なんか可愛いもの、なんか面白いもの」と言われ、ふと人の心をあたたかくするような不思議な魅力を持っています。


 


そして、織り手の日常と言えば、笑ったり、泣いたり、何にもしたくない日だってあるし、ひょうたんカフェに行きたくない日だってあります。

初対面の女子大生を相手にしりとりを挑み、「る」攻めで勝利するNくん。

唐突に「勝負する?」とオセロ対決をスタッフに要求するKさん。

大量のジグソーパズルの箱と、途中やりのパズルが保管されたダンボール板。

昼休みのUNO。

  

 

このイベントをきっかけに「めっちゃ可愛い!」の織りの世界をのぞいてみたら、その裏側は、生きづらさを抱えながらも、窮屈な現代社会を飛び越えて、自然でユニークな日常がダラリと広がっていることにあなたは、気づくかもしれません。

 

 

東海ふくしミーティングは、ファッションショーをメインに、トークショーや、またテクノロジーと福祉との関係についての展示・報告会、ワークショップ、そして福祉施設で作られた商品の販売まで、様々な人と一緒に、これからの福祉について考える企画です。

これが、2日間のイベント概要になります。

 

 


 

デイセンターひょうたんカフェの日常をイメージさせる事柄をテーマにして5つに分類しました。

 


デイセンターひょうたんカフェ(生活介護)の織り手約20名が金城学院大学ファッション工房と環境デザイン学科の有志(ボランティア)学生20名と愛知学泉大学 家政学専攻の学生の共同制作による服を着てモデルとして出演いたします。

レッドカーペットの敷かれたランウェイを織り手が、それぞれの日常の織り映像と演出のもとモデルとして出演します。他の東海地方の福祉施設なども出演予定です。

デイセンターひょうたんカフェの衣装ファッションの下絵とこのプロジェクトが出来上がるまでの軌跡を映像とパネルで展示します。同時に織り機展示もあります。

ひょうたんカフェの織り手とスタッフ、金城学院大学学生や愛知学泉大学 家政学専攻の学生などがこのプロジェクトの軌跡と制作風景について映像を見ながら、座談会スタイルでトークします。

 


東海地方の福祉施設で作られたパンやお菓子等の販売

 コーヒー(ハンドピック・デカフェ)などのドリンク販売

 

 体験型・障害のある作り手と楽しむ小規模ワークショップ(手織り体験、たまおり体験など)

会場全体で体感できるIotとFabを使った大規模ワークショップ

 

障害のある方のものづくりの環境をより良くするためのアイデアや情報のヒントとなる報告会を実施

福祉活動についての研究者によるトークショー・カンファレンス

3Dプリンター等を使って作られた自助具を見たり、体験できる展示・販売


ひょうたんカフェ他東海地方の障害者施設等の商品の展示・販売(両日ホワイエ)

東海地方の福祉施設で作られた商品や、企業とのコラボ商品などを展示販売いたします。

Fabを利用した商品の展示・販売



・ 大規模ワークショップ(レクチャー)

・「IoTとFabと福祉」の報告会

・研究者によるトークショー、カンファレンス

・pichi-pichiトークショー  

・pichi-pichiコレクション2020(ファッションショー) 

 他の東海地方にある福祉施設等も出演予定


・自助具の展示・販売

・ワークショップ

・福祉施設で作られたハンドクラフト商品とお菓子の販売

・カフェ

  


 さて、続いて、お金の話になります。
目標金額、180万円の内わけになります。

 ・会場費(愛知県芸術劇場小ホール3日間) 31万円
 ・照明映像機材と人件費  55万円
 ・ランウェイレッドカーペット代 9万円
 ・会場装飾費 5万円
 ・宣伝広報費 13万円
 ・出演者への費用(モデル出演料、講師謝礼、ボランティア交通費ほか) 22万円
 ・東海ふくしミーティング記録(仮)(映像、写真、冊子制作) 15万円
 ・クラウドファンディング手数料 30万円

 

目標金額以上の金額が達成できれば、
織り手の夢の企画・演出に、より手をかけることが出来、
報告書の冊子や映像の内容や部数を増やすなど、活動と記録の向上が見込まれます。


 

映像、照明などについて、使用する数が減り、演出の効果が薄れるかもしれませんが、必要最低限の装置や、環境でどんなことが出来るのかを考えると思います。


作成するファッションショーの映像記録が素人制作になります。

東海ふくしミーティングの全容を記録した、報告書や映像を作成したいのです。
1回きりではなく、今後持続するために。

作った報告書がきっかけで、次回開催する規模が広がるといいなと思います。

だから、イベントが終了した時に、振り返ってどうだったのかを
開催した協力者と共有するためにも報告書は必要です。

 

また、ファッションショーについては、
実際ランウェイを歩いている姿を映像に残し、
あとで繰り返し観たいです。

 

東海ふくしミーティングに行くことが出来ない方に対しても
映像を残して、観ていただきたいです。


 


 

クラウドファンディングの実施期間としては、9月11日から11月13日となります。

クラウドのリターンも、「個人様向け」から「団体・企業様向け」までご用意しました。

さらに、「個人様向け」は、「当日参加する」ものと、「当日は行けないけれど・・・」とに分かれます。

今回しか手に入らない参加証としての織り缶バッチ等のグッズをご用意する予定です。





「企業・団体向け」については、当日のパンフレットに広告を記載させて頂いたり、当日ホワイエに華やかに社名の入った赤提灯を飾るプランを用意しました。

また、宣伝・広告のみでなく、
社内研修等やお祭りにてひょうたんカフェの手織りワークショップを呼んでいただくプランもご用意致しております。

日頃、ワークショップに慣れているクラフト班メンバーが、出向き、ひょうたんカフェの日常を感じていただけるような企画になっております。

 

・2019年9月11日[水] クラウドファンディング開始

・2019年10月19日[土] 金城学院大学学祭ファッションショーに3名出演

・2019年11月13日[水] クラウドファンディング締切 

・2019年12月中旬から リターンの発送

・2020年1月25日(土)・26日(日)
  本番 第1回東海ふくしミーティング 〜pichi-pichiコレクション2020〜
  場所:愛知県芸術文化劇場小ホール


 



みなさん、出来たら、どうぞイベントに参加してください!

当日は無理なら、ひょうたんカフェに来ていただいても良いです。

 参加する人は、もの(商品)、作り手(障害のある人)、状況(ものづくりの現場)を体感することで、きっと、福祉や障害という世界が近く感じられるようになると思います。


あなたが「めっちゃ可愛い」を感じたら、誰かに伝えたくなるはず。
誰かが誰かに伝え、繋がること。

そうすることで社会に対して新しい価値観を促し、やがて、障害のある人の新たな仕事が生まれ、ゆくゆくは、障害のある人の生きる幅を広げることになるのだと思います。

 

東海ふくしミーティングとそのシェアの夢の実現に、ご協力おねがいします。


ひょうたんカフェ 名古屋市中村区砂田町2−15 

http://hyoutan-cafe.jp

 

  • 2019/11/13 16:37

    (クラファンは本日11/13の23時59分で〆切です)最後の盛り上がりでたくさんの方からご支援をいただいております!めちゃめちゃ、嬉しい!!ありがとうございます。クラウドファンディングもとうとう、本日13日の23時59分をもちまして終了します。どうぞ最後までご支援の方、よろしくお願いいたします...

  • 2019/11/12 23:39

    のこり2日の本日はファッションショーの予告編。いったいどんな色選び思いを織りに込めたのか最初に描いたイメージも交えつつかんたんな織り手の紹介をいたしましょう。 いつもみんなを気にかけてクシャミの音が聞こえたらそっとティッシュを差し出してくれるもの静かで優しいMさん。スケッチはシンプルで可愛らし...

  • 2019/11/12 22:03

    ファッションショーに出演するデイセンターひょうたんカフェの方々の日常風景。朝の体操、ズンドコ節、フョーチュンクッキーテンションを上げて作業に向かっています。Ⅰさんは次の織の準備、同じ色で分けて糸を通した筬から、一本一本ヘルドの穴に前・後・前・後順番に通しています。酸素ボンベを使用しているAさん...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください