『Klan Aileen』『Milk』の2作品をLPレコード化します。クラウドファンディング限定盤にはオリジナルデザインの帯と支援者のお名前をクレジットしたインサートが付きます。 お届けは2020年3月頃を予定しています。

プロジェクト本文

現在目標金額 300万円に挑戦中です。


皆様のおかげで、開設から約26時間で目標金額を達成することが出来ました。本当にありがとうございます。
これから支援していただく方のためにも目標金額を超えて集まったお金の使い道を記載いたします。

下記のプロジェクト本文中にもありますが、目標金額を超えて集まったお金は次の作品の制作資金、及びそれをリリースする自主レーベルの設立資金に充てさせていただきます。
内訳は主に、スタジオの使用料、新しい機材の購入、完成品の製造の3つになります。


無くなりかけた過去の作品を最良の形で繋ぎ止めていただき心から感謝しています。
これから僕たちは、その過去を超える次の作品を実験し、精査し、記録するための活動に入ります。

Klan Aileenの新しい作品のために力を貸していただけたら幸いです。


ー 2019年8月10日 追記 




ご覧いただきありがとうございます。Klan Aileenの松山亮と申します。

僕達は2007年に結成し、東京を拠点に活動する2ピースのロックバンドです。バンド名はクラン・アイリーンと読みます。オリジナルメンバーである松山亮(Gt/Vo)と竹山隆大(Dr)の2人で12年間活動してきました。
これまでに3枚のスタジオアルバムと4枚のライブアルバム、シングルとスプリット盤を2枚ずつリリースし、Cloud Nothings、Thurston Moor Group、Shame、Jon Spencer Blues Explosionの来日公演ではオープニングアクトもやらせていただきました。

昨年末に公開された映画『来る』(監督・中島哲也、主演・岡田准一、松たか子) には6曲を書き下ろし、劇中で使用されました。


今回は、2016年と2018年にリリースしたアルバム『Klan Aileen』と『Milk』をLPレコード化するために、クラウドファンディングにて協力をお願いすることにしました。

簡単にこの2枚のアルバムについてと、それがいかにレコードで聴きたい作品なのかを説明いたします。

『Klan Aileen』


Klan Aileenの結成は2007年ですが、2ピースバンドとして活動し始めたのは2014年からです。それまでは3ピースバンドでした。
メンバー脱退により2人になってから1年半ほど経った頃、2ピースでやれることは限られているから短命に終わりそうだと思うようになり、その短い時間をドキュメントしようとほぼ一発録りで作ったのが『Klan Aileen』です。音源でもベースを入れないことを制約に、2人のみの音でどうやって音楽を成立させるかを思考錯誤したアルバムです。


M3「Nightseeing」とM8「Happy Memories」を収録した7インチは2日で完売し、前者はアニメ 『ニンジャスレイヤー』のEDにも使用されましたが、それ以外の8曲は葬式のようだと、聴いた人の間では言われています。ここが『Klan Aileen』をレコードで聴きたいポイントだと思っています。M4あたりからこのアルバムはおかしくなり始め、当たり前のようにいつか抜けるだろうと思っていたトンネルは終わらず、最終曲「Fascism」で焼け野原になった景色を眺めた後、辞めたタバコを買いに行きたくなるような終末ハードボイルド作品です。ベッドで天井を眺めながら聴くのがオススメです。



『Milk』


Klan Aileenによる瞑想ロックの、現時点での到達点が『Milk』です。このアルバムは「シンセサイザーの鍵盤をテープで固定したり、Rainbow Machineのような変なエフェクターをオンにしたままにするなどして、1曲中ずっと同じ音を出し続ける機械と自由にやれる人間が同居できるバランスを模索したアルバム」です。ドローン、アンビエント、クラウトロック、サイケデリック、ミニマルテクノの要素をちりばめつつも、あくまでもそれをロックミュージックとして成立させるために執念深く時間をかけて作ったアルバムです。


友達がいない人間や自分を表現できない人間や魂がなにか分からない人間を焚きつける炎ではなく、彼ら自身がスピーカーを通して自分の内側へと入って行き、そこにただ体と心と思考がある事を確かめることが出来る明るさがこのアルバムの熱源です。これが『Milk』をレコードで聴きたい理由です。針を落とすたびにあなたは1人になり、今を生きながら今を反芻するような体験ができるはずです。
このアルバムは2018年のThe Sign Magazine年間ベスト50において国内作品の1位に選出されました。



資金の使い道

今回のレコード製造と皆さんの元に発送する費用は全部で60万円程です。それ以外はその他のリターンの作成費用と、クラウドファンディングの手数料などに充てられます。もしも目標金額が集まらなかった場合はこの企画自体が無くなり、支援頂いた方の元にお金が戻る <All or Nothing方式>で実施いたします。

目標金額以上が集まった場合は
新しいアルバムを完璧な音で録音し製造するための資金に充てます。


リターンとその内容について

クラウドファンディングは寄付とは違います。支援した金額に応じてリターン(返礼品)があります。例えば今回¥3,500円支援していただいた方には「通常盤のLPレコード」を1点お返しします。全てのリターンの価格には送料も含まれています。つまりレコードを「先払いで予約購入する」ことと同じです。


今回のリターン7品目を個別にご紹介します。
実際に購入していただく際はこれらをセットなどにした14種類の中からお選びください。
複数のリターンを購入することも可能です。その際はお手数ですがその都度決済をしていただく形になります。


※帯の細かい部分のデザインは変更になる可能性があります。


※帯の細かい部分のデザインは変更になる可能性があります。

※ 限定盤LPが含まれるリターンを購入の方は決済時備考欄に本名をローマ字表記でご記載下さい。





※ No3とNo4の内容は一冊にまとめて収録されています。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。



最後に

今年の6月に前レーベルとの契約を終了し、今は独立と言うよりも孤立している状況にあります。レーベルの後ろ盾を失った今、僕たちにこれをフィジカルリリース出来るだけの資金はありません。それでもこの作品を現物でリリースし続けたいです。デジタルが手にできなかった「速さ」と「愛着」を持つ形で世に残し続けたいです。このプロジェクトを成功させ、次の作品を自力でリリースし、その時に晴れて独立を宣言したいと思っています。

どうか力を貸してください。

松山亮 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください