▼はじめにご挨拶と企画背景

20代の投票率が、2016年の参議院選挙で35.6%。一見、多いように見えますが、年代別に見ると最も低い投票率です。

「もっと政治や投票に関心のある若者を増やしたい…」

初めて投票する、でも投票基準がわからない。投票所に行く時間がない。そもそも投票とか政治とか自分とは関係ないことに感じる…。そうやって投票する人が少なくなってしまうのは、もったいないことだと感じています。

「今時の大学生に、政治に興味を持つきっかけを作りたい」という代表の思いにより、早稲田、立教、法政など、大学生13名の手で「ミス総理大臣コンテスト2017」を立ち上げました。今年初めての開催になる「政治×学生」をテーマにした新企画のミスコンです。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

・若年投票率の向上を目指し、投票に関心を持つきっかけにしたい。

・若い世代の女性のリーダー像を生み出したい

若年投票率の向上に繋げることはもちろんのこと、このイベントを通じて「若い世代の女性のリーダー像を生み出したい」と考えています。

 

▼候補者紹介

・鈴木 柚里絵 / Yurie Suzuki

東京大学・後期教養学部に在学。東大コスプレアイドルとして有名。あの「SASUKE」にも出演した行動派。

・草田 彩夏 / Ayaka Kusada

社会課題解決に携わりたく、渋谷区議会議員の下でのインターン、トーマツベンチャーサポートでのインターン参画経験をしてきました。
政治や社会課題をもっと同世代に浸透させたくて今回出場させて頂きました!
宜しくお願いします!

・柳川 ゆい / Yui Yanagawa

同志社大学 3年生。"政治と若者をつなげる"NPO法人Mielka(旧 ivote関西)にて活動中。高校生を対象に、政治について考える出前授業を行なっている。 アイドルが好きで、ライブで掛け声をキメた時が至福の時。

・藤野 奈々 / Nana Fujino

三重大学工学部3年生。カメラマンをしているそうで、特技は食べ物をおいしそうに撮ること! ”若年投票率の向上”を目指す団体NPO法人ドットジェイピーで、三重支部代表を務める。 インターンシップやイベントの提供を通して、日本を変える若者を増やしています

・佐々木 桃美 / Monami Sasaki

イギリスのシェフィールド大学 在学中。現在、交換留学でドイツのコンスタンツ大学へ。Tokyo Africa Collectionにてモデル経験。

・鈴木 康代 / Yasuyo Suzuki

‪中央大学商学部1年生。Branding Engineerでインターンをしています。インターン先の先輩に紹介してもらい、エントリーを決めました。Miss of Circle2017のファイナリストで、現在選考中です。

 

▼資金の使い方

今回初めての開催となる 「ミス総理大臣コンテスト2017」の活動を多くの方々に知っていただくために、”史上初”のイベントとしてプロモーションに力を入れたいと考えています。

その為、現在プロモーションとして考えている案は「エントリー候補者6名のポスター制作」「テレビでの放送」「記事による拡散」です。

上記で使用させていただけたらと考えております。大変恐縮ですが「このイベント企画を応援する」という形で、ご協力いただけたらと願っています。

▼リターンについて

【3000円】

 ・結果発表イベントの最前席優先ご招待!

 ・企画者(やまな)と1時間ランチ。

【5000円】

 ・鈴木柚里絵さん  政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

 ・草田彩夏さん   政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

 ・柳川ゆいさん   政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

 ・藤野奈々さん   政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

 ・佐々木もなみさん 政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

 ・鈴木康代さん  政策プラン資料、写真、イベントレポートセット!

【7000円】

 ・候補者のポスタープレゼント! 

【10000円】

 ・3月5日イベント当日の交流会にご招待!

【70000円】

 ・3月5日イベント当日に高級椅子ご用意

 ※お菓子、飲み物ご用意。イベントレポート、政策プランなどプレゼント。

 

▼最後に

政治に関心を増やしたいと考えているのは「今後の日本を背負うのは私たち若者世代だから」だと思っているからです。

この「ミス総理大臣コンテスト2017」を通じて、私たち若い世代の意見を発信し、投票率向上だけでなく、世の中もワクワクさせていきたいと思っています。そして、大学生から日本を変えることを目指し、女性のリーダー輩出を手掛けたいと思います。

ぜひ応援していただけたら嬉しいです!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください