2016年熊本地震から三年余り…
震災の被害を乗り越えて、
熊本の酒蔵「美少年」は恵まれた自然と江戸時代から受け継がれた技術で、
美味い酒を造り続けています。
自分たちに出来ることで、蔵と地元の復興に貢献したい。
熊本県菊池生まれの蔵人たちの想いから、地元の素材を使った限定酒をつくることにしました。


初めまして!熊本にある日本酒の酒蔵「美少年」です。
私たちは、九州熊本の『菊池』で130年の歴史を持つ水源小学校の校舎を譲り受け、
日本酒「美少年」を造っています!

この菊池という土地は、酒造りに欠かかすことの出来ない澄んだ空気、
おいしい酒つくりに適した米、そして清らかな水をたたえた地です。

この土地のよい水で新しく酒造りが出来ることは、私たちにとってこの上ない喜びです。

日本酒離れが進んでいると言われていますが、日本酒の持つふくよかさ、味わい、
香りは日本人の心を、また、現在では世界の人々をも魅了しています。

日本酒の素晴らしさをもっと多くの方に実感していただけるよう、
これからも酒造りに全力で取り組みます。


美味い酒、それはいつの時代でも、人が人とつながる限り求められ続けるものだと私たちは考えます。
美味い酒を手に語らう時間は、お酒好きの人々にとって至福のひとときです。

私たちは、美味しいお米や、綺麗な水を使用していても、その原料を使用する場所が自然豊かな場所でなければ日本酒本来のお米や水の美味しさを お客様にお届けすることができないと考え、菊池の山上にて酒造りを行っています。

 私たちの酒蔵は、熊本県菊池市にある、「菊池水源小学校」跡地。
かつて子どもたちの歓声が響いた校舎は今、甘い米の香りで満たされています。
廊下に沿って教室などが連なる構造は、酒造りにおける全ての作業工程を一直線につなぐことのできる間取り。
給食室には甑や放冷機が置かれ、洗米と蒸米の工程を。隣の校長室と保健室は壁や天井に杉板が張られ、麹室となりました。
職員室などがあった場所には大きな巨大タンクが並びます。廊下には充填とラベル貼り用のラインがずらり。
外観は学校なのに、中身は酒蔵そのものというなんとも不思議な空間です。

私どもは、菊池のお米を使用した酒造りに取り組んでいます。

菊池で収穫されるお米は“肥後米”と言い、昔から加賀米と並んで特別な値段がつく程人気がありました。

また、日本名水百選にも選ばれている菊池渓谷のミネラル豊富な伏流水を酒造りに使用しています。 ミネラル豊富な水を使う事で、お酒を造る微生物(麹菌や酵母)のエネルギー源となり、醗酵を促進する役割を担います。

杜氏こだわりの美味い酒、お届けします!
熊本県・菊池の素材でつくる、この企画だけの限定酒。
精米歩合50%の華錦で醸した、熊本でも数少ない純米大吟醸酒をお届けします。

酒造りに使う米「華錦」は、14年の歳月をかけて開発された熊本県初のオリジナル酒米。
熊本の豊かな自然の恵みを一身に受けて育った華錦で造るお酒は、
上品かつ穏やかな香りを持ち、淡麗でキレのある口当たりが特徴の美酒に仕上がります。

さらに、フレッシュな味わいをお楽しみいただきたいので、『生酒』の状態でお届けします!
お受け取り後は早めにお召し上がりください。
※お届け予定は2020年2月末~3月となります。多少前後する可能性がありますのでご了承ください。

【①一口蔵主コース】 4,350円

●限定酒 720ml 1本をお届け!
※送料込の特別価格となります。

【②ちょっと呑兵衛二口蔵主コース】 8,700円
●限定酒 720ml 2本をお届け!
●おまけ:非売品 美少年ロゴ入りおちょこ2個プレゼント 


【③おすそわけにも!?6口おまとめ蔵主コース】 26,100円
●限定酒 720ml 6本をお届け
●おまけ: 非売品 美少年ロゴ入りおちょこ2個
       美少年前掛け(3,218円相当)

杜氏が目指す、地元熊本・菊池の素材を使ったうまい酒。をつくります。

酒造りに使うのは、熊本県オリジナル酒米「華錦」と菊池の水。

最高にうまい素材を使って、最高の酒造りを目指します。

お酒は、2020年2月末~3月頭より、しぼりたてのフレッシュな味わいを楽しんでいただける、

『生酒』の状態で順次お届けとなります。


3年前の2016年、昔のように沢山の人に飲んで頂くために販売に力を入れようと

販促を計画していた矢先、同年発生した熊本の地震の被害を受けました。

美少年の蔵もタンクが破壊される等の大打撃を受け、まずは復興をと蔵の立て直しを図って参りました。

これまでは、まずは既存のお客様への安定的な出荷を行うことを優先的に取り組んで来ましたが、

環境も落ち着きようやく新しい試みができるまでに復旧したものの、

昔は熊本の銘酒として認知度が高かった日本酒美少年も、今では認知度も下がり、

まだやってたの?と言われることもしばしば…。

そこで今回、美少年の酒蔵がある熊本県菊池で育った従業員の、「地元の素材を使ってお酒を造ることで、

蔵の復興に繋げたい」という思いから、限定酒をつくることにしました。

ぜひ、沢山の皆様のお手元にお届けし、美少年の酒の味を楽しんでいただければと思います。


※酒類販売管理者標識

https://bishonen.jp/content/asct/


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


▼▼美少年公式サイト・オンラインストアはこちら▼▼

https://bishonen.jp/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください