東京の中心・千代田区に、4カメ自動スイッチングの動画配信設備を備えた、寛ぎの和リビングスタイルのスタジオを作ります。自宅風対談配信あり、クローズドなホームパーティー風もあり、気の合う仲間と宅飲みをするような、リラックスした空間で自然対話型の収録配信ができます。生配信・収録無しのスペースレンタルも可能

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして!滝田恵美と申します。
東京・神田を中心に、チェロ演奏・指導、イベント企画、動画・ラジオ配信などを行っています。

昨年まで飲食店をやっていましたが、足の怪我で辞めざるを得なくなってしまいました。

店をやっている頃に出会ったのが、ヒマナイヌスタジオの川井さんです。

ヒマナイヌスタジオ(以下ヒマスタ)は、自然会話形式の対談・鼎談のマルチカメラ収録&配信が出来るスタジオです。
4カメ自動スイッチングシステムによりスタジオ内のスタッフゼロで、出演者のみのリラックスした環境を実現しました。

ヒマスタで『自動スイッチング』を知り、『飲み屋のカウンターでするような会話を配信する』という『自然対話型』の対談配信に魅せられ、ヒマスタ神田店で川井さんをはじめとした濃ゆいメンバーと、店の営業後、夜な夜な配信遊びをさせていただきました。

飲み屋をやっていた私からしても本当に飲み屋で話しているかのようなセットで、偉い人が気を許して喋り過ぎ、翌日お蔵入りになった対談がいくつあったことか(笑)

そんなヒマスタ、私が遊ばせてもらっていた僅か2年前はまだまだ認知度も低く、配信者も少なく、先駆者・川井さんが一人奮闘していたのですが、今となっては全国にヒマスタ型スタジオも増えて、様々な個性のスタジオが誕生しています。
本家ヒマスタも、高円寺に新たな店舗を構え、神田店は企業配信のみとなり、予約は年をまたぐほど先まで入るようになり、しっかりとしたコンテンツがどんどんできるようになりました。

私は各地にできた他の『ヒマスタ型スタジオ』にもお邪魔したり、少しだけ川井さんのアシスタントをさせてもらったり、毎日タイムラインに流れてくるみんなの配信を見て、新たにスタジオを構えた方々と関わるうちに、いつしか、もし自分だったら・・・と考えるようになりました。

どんどん素敵な、かっこいいスタジオが増えていく中で、私はやっぱり、あの頃のちょっと雑な遊び心のあるくらいが好きだったし、そのくらいのほうがオモシロの原石が転がっている気がするのです。
上に挙げた3ヶ所のスタジオは、かなり独自のオモシロ路線へいっているところです。
この他、「ヒマスタ型スタジオ」と呼称されるスタジオは全国にどんどん拡大しています。

私は、他所では言わない話やここだけの話をしたり(配信するけどね)、大人が本気で馬鹿をやったり、「おかえり」「ただいま」って言いたくなるような空間で、飾らない素のトークから生まれるおもしろさを追求するスタジオがやりたいです。

このプロジェクトで実現したいこと

冬はコタツで鍋に熱燗。
夏はレトロな扇風機でも置いて、ビールと枝豆。
窓の外に縁側でもあれば田舎のソレだけど、窓の外はビル街という、まさに喧騒の中の異世界。

東京の真ん中・千代田区内神田で、田舎のおばあちゃんちのようなリラックスできる動画配信スタジオ(別名:人をダメにするスタジオ)『神田BASE(仮)』を作ります!


置き畳敷いて、ソファとローテーブルを置いて、今は使っていないテレビをモニターにして、和っぽい自宅風スタジオにします。
更に、異世界感を増す小道具、ハンモックも協力者から送られてくるようです(笑)

ヒマスタ神田店の深夜ノリが好きだった方や、2拠点以上生活のヒマスタ地方在住組の東京拠点として。
自宅配信や自宅に人を呼ぶのは難しい方の第2のおうちとして。
自然にリラックスした寛ぎ空間で、人間の本質をさらけ出すスタジオを目指します。

カッコイイ空間って確かにテンション上がるけど、緊張しません?
思った通りに喋れなかったり、カッコつけちゃったり。
自然な、本当に本音を喋れる時って、リラックスしてる時ですよね。
そんな日常を自動スイッチングで切り取る、超ニッチなスタジオが欲しいんです。

このスタジオはファンクラブ運営方式にします。
会員みんなのおうちスタジオです。
リターンには当然その辺入れていきます。

スタジオ利用権は譲渡可能です。
つまり、お客さんが買って、推しアーティストに使わせたっていいのです。

最低限の家賃と経費だけみんなで支えて、あとは面白く使えたらいいな、と。
みんなの遊び場です。使い方は自由自在。

台本のある、完成された動画ではなく。
予め決めた・決められた成形されたものではなく、自然な流れの中で、出る人も見る人もみんなで作るBBQ型の動画配信スタジオ。
何が出るかは、やってみないと分かりません。

「どういうコンテンツがあるんですか?」って聞かれますが、我々が作るのは『場』です。
コンテンツは、あなた次第。
特別なことじゃないんです。
あなたの普通が、誰かの未知の世界だったりしますから。
そういうことを面白がれる人を待っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

①心の居場所が欲しい

あなたには、すべて受け止めて肯定してくれる、話を聞いてくれる人がいますか?
一緒に馬鹿やってくれたり、新しいことをしたり、何かを作ったり、そういうことを楽しめる人がいますか?

いる、満足している、という人はおめでとうございます。
大切にしてください。

私は、何度も手に入れかけては失ってきました。
今も、いないわけではないはずなんですけど、なんだか窮屈です。
そんなことを考えることもなく、なんだか愉快な人が勝手にどんどん増えて、ただ面白かったのが、あの頃のヒマスタがきっかけだった気がします。
周囲の人には理解されなくても、画面の向こうには分かってくれる人がいて。
リアルでは初めて会ったのにそんな気が全くしなくて。
年齢も性別も飛び越えて、ただ面白い人だけが繋がっていく。
ネットの中の自由な世界と、現実との狭間にあるような、そんな空間。
そんなヒマスタで自由に遊ぶうち、徐々に現実もそれに引き寄せられるように動いていきました。

この1年ほど、それに近い感覚を覚えるいくつかのコミュニティに出入りするようになって、共通点に気づきました。
そもそも、話が早いんです。
前提としての話をする必要がない世界に生きる人ばかりだから、「世間の常識」が関係ない。
つい段階を飛ばしてしまう私の話も、ちゃんと理解してくれるんです。

私は昔から人と違うことばっかり考えたり言ったり行動したりしてきました。
今も、常識的な方々からは怒られてばかりです(苦笑)

でも、そんな私を面白いと言ってくれたり、応援してくれたりする人がいます。
私よりもっと破天荒な人がウヨウヨいてくれます(笑)
そんな世界の片隅で、のんびり寛いでいられたら、ちょっと楽になる人、他にもいるんじゃないかな、って思ったんです。
カッコイイ発信じゃなくても、『話す』って大切なことです。

誰にも邪魔されない表現の場所、ありますか?
誰に気を遣うこともなく、思うまま吐き出せる場所、ありますか?
誰にも話せずにいる本当はやりたいこと、ないですか?

そんな『素』を出せる、心の居場所になる場所が作りたいんです。


➁コミュニティ作り

今まで色々1人で挑戦して失敗し続けてきた私に足りなかったもの、コミュニティ作りです。
1人じゃ何もできないくせに、1人で全部やろうとして、頑張り過ぎて自滅。
手伝うよって言ってくれる人がいても、うまく頼めないか、頼り過ぎて嫌われるか。
これがいつもの私のパターンです。

この1~2年、ヒマスタ界隈や様々なオンラインサロンなど、面白い人が勝手に集まってくる状態に既になっているコミュニティにお邪魔してきました。
その途中経過も見てきました。
私に足りなかったもの、本当に欲しかったのは、こういう仲間だったんだよな、と思い知りました。

無いものねだりしても仕方ないので、自分にできることを続けながら、欲しいもの・やりたいことを話し続けました。
応援してくれる人、批判する人、面白がる人、理解できないで訝しがる人、色々です。
万人に理解されるのは、いきなりは無理です。
段階があります。
私はそれをすっ飛ばして、分かってもらおうとばかりしてきました。
なんで分かってもらえないのかと焦ってばかりいました。
まずはこのハードルを乗り越えて(ハードルとすら思わずに)、面白がれる人たちと形にする作業をしなければならなかったのです。

幸い、スタートするためのメンバーは集まりました。
次は、もっと面白い人だけを集めて増やして、加速する装置が必要です。
それが、このスタジオと、そこに集まる人たちになると考えています。


③身体の居場所の確保←個人的な大問題

今回のスタジオを作るのは、私の自宅です。

まあ、自宅といっても、ちょいと特殊なところに住んでまして。
所謂アパートとかじゃないんですね。
雑居ビルの4Fに住んでるんですが、3Fにキッチンとダイニングがあって、ここが共有となっています。
お風呂は5Fにあって、現在5Fと、4Fの私の部屋の隣スペースが空いていて、募集がかかっています。

4Fと5Fが出てるので、当初、4Fの空いてるとこ借りて1フロア占有にしようという計画だったんです。ところが、ここに出てない、3Fも貸しに出してるんです。今は「共有」なところです。

そうすると、ですよ。
3Fに借り手が付いたら、私が使えるキッチン無くなるんですよ。

大きくて4Fまですら上がらなかったから3Fに置いて共有としてる私の冷蔵庫、処分しなきゃいけないかもしれないんですって。調理器具や食器、食材、酒もあります。

その辺どうなるんですか?って聞くと、5Fに簡易キッチン作るとか、って。
5Fも貸しに出してるじゃないですか。
まず冷蔵庫は上がらないし、水場は洗面台だけだし、エアコンも換気扇も無いのに。

そもそも、共有だからみんなそこで仕事したりするので、滝田さんもレッスンとかやっていいですよ、って話だったんです。魅力的ですよね。
雲行きが怪しくなったので、問い合わせはきてましたけど、新規の生徒取るの保留にしました。

4Fに気の合わない人が入る可能性より、3Fが使えなくなることのほうが大問題です。
一度、4月に3F貸すかも、という話が出て、でも話が流れてそのまんまだったから安心してたんです。
R不動産にも3Fは共有ってなってますし。

ところが先日、突然の3F内見がありまして。
内見の話を聞いた時、ちょうど協力者が来ていまして。
これも何かのお導きかね…ってことで、トントーンと話して。
3Fを借りよう、ここ占有する方向に切り替えよう、ってなりました。

そしたら、キッチン配信もできるし、元々コタツに鍋配信とかしよー、って言ってたし、調理場近いほうがいいし。よりお家感出るんじゃない?と。

そんな流れで、この場所になりました。


これまでの活動

テスト配信Vol.0 モバイルルーターの不調で、最後、いいところで切れてしまいました・・・


資金の使い道

物件取得費として初期費用と初月家賃で約40万、残りは機材及びセットの購入費です。
設定は最低限の金額になっていますので、どこまでご支援頂けるかで投資金額が変わります。

既にカメラ(GH-2)3台、3脚3本、マイク他最低限の心臓部は提供されて揃っていますので、あとはスイッチャー、音響卓、LiveShell、小物少々があれば、配信は可能です。

↓既にあるカメラ

↓欲しいものたち(参考例)


リターンについて

①1,000円 お礼のメッセージ
➁1,500円 お礼メッセージ入りポストカード(発送は11月予定)
③2,000円 『スタジオができるまで』ドキュメンタリー限定公開動画が見れる権利
④5,000円 テスト配信に参加できる権利
⑤5,000円 スタジオ工事を一緒にできる権利
⑥5,000円 オープニングパーティー参加券
⑦10,000円 番組ホストorゲストに滝田を呼べる権利
⑧10,000円 スタジオ3時間利用券(配信無しでも可。ホームパーティーもどうぞ)
⑨15,000円 スタジオ5時間利用券(配信無しでも可。ホームパーティーもどうぞ)
⑩20,000円 スタジオオールナイト利用券(22:00~9:00、配信無しでも可)
⑪30,000円 スタジオ内の指定箇所にサインできる権利(色紙サイズ程度まで)
⑫50,000円 滝田が出張演奏に行きます(別途実費交通費)
⑬50,000円 滝田が出張配信に行きます(別途実費交通費)
⑭50,000円 神田BASE公式番組にCMを入れられる権利
⑮100,000円 月1回3時間までスタジオが使える権利(1年間有効、他の予約のない時に限ります)
⑯300,000円 月2回5時間までスタジオが使える権利(1年間有効、他の予約のない時に限ります)

上記リターンは非会員の単発でも可能ですが、営業スタート後の利用申し込みは原則として月額会員優先となります。
10月より別途月額ファンクラブ会員の募集を開始します。
限定配信も多くなるので、そちらも是非


実施スケジュール

8月 クラウドファンディング募集スタート!

9月27日 募集終了

10月31日 入金・物件取得費振込・機材購入

11月中旬 神田BASEオープン


最後に

大人の秘密基地的なスタジオを目指してます。
一緒に面白くしましょう。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    ヒマスタ型スタジオ例①:自宅型スタジオの先輩たち

    2019/08/19 14:59

    こんにちは、滝田恵美です。今日は『ビデオSALON』に掲載された、ヒマナイヌスタジオの生みの親・川井さんの記事をご紹介します。動画配信スタジオ 運営日誌 第12回 じわじわ広がる ヒマスタ型自宅スタジオのムーブメント>自動スイッチングによるヒマスタ型システムの特徴はマルチカメラでかつ出演者が複...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください