富山県高岡市福岡町つくりもん祭り内にて街おこしプロジェクト企画!祭り内で一日だけ地元商店に出店してもらい「街」をつくることで人と人をつなぎ新たなコミュニティを生みたい!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。
「ポップアップシティ」実行隊の一人で企画に携わっている、株式会社ACCEPTの林弥悠と申します。

上の画像が企画隊の4人です。左から株式会社ACCEPT代表・中崎(とその息子さん)、株式会社フシキ・伏木、椅子工房・宮腰、そして今回文章を作成している林です。

 

「ポップアップシティ」とは、9月23日開催のお祭り「福岡町つくりもんまつり」内で県内外の商店を集い福岡町に「街」をつくりだすイベントです。以下:参考イメージ

当方オリジナルの組み立てのれん屋台を県内外の商店や個人のクリエーターに貸出し出店してもらうことで、人と人をつなぎ新たなコミュニティを生みます!
当日は靴屋から服屋占い整体組子の制作体験など「街」のように幅広い種類のお店が15店舗ほど福岡町に集合する予定です。



企画のメンバーは株式会社ACCEPT(以下弊社)を筆頭に富山県内の会社で働く有志で構成され、
建築屋、建具屋、椅子屋と異業種ながらどうすればまちを盛り上げるイベントになるか?をそれぞれの視点で意見し合いました。
富山県高岡市を盛り上げるための活動を少しでも多くの人に知ってもらうため、今回クラウドファンディングという形をとりました。


弊社は過去にも富山県砺波市の祭りを盛り上げるため、砺波駅前に高さ6mのチューリップタワーを建て地域復興に尽力しました。設計、施工をすべて自社で請負い立案からおよそ3ヶ月かけ、制作完了しました。

当日はたくさんの方に来場者に見て頂き地域に貢献する喜びを感じ、
継続してまちづくりができる企画を検討し始めました。


プロジェクトをやろうと思った理由

私自身は大阪の大学に通っていたのですが、3年前に就職のため富山県高岡市に住み始めました。

富山県で2番目に大きな都市である高岡市において、
たくさんの観光地に訪れたり高岡ならではの工芸品を見たり、魅力のある街だと感じていたのですが
人同士の繋がれる場所が少ないことにずっと寂しさを感じていました。

また、商店街が昔は人が溢れるくらい栄えていたという話を地元の人に聞き、今現在まち全体の元気がないことを知りました。(写真は御旅屋通りという40年ほど前は若者で賑わっていた高岡駅すぐの商店街。現在はシャッター街となり普段も人通りがありません。)
そこでコミュニケーションが希薄になっている高岡市において人と人が繋がりあえる場をつくりたいと思いました。

まちをつくる最小の単位である「生産者」と「消費者」の1対1のコミュニケーションがまち全体の元気に繋がるのではないか?と考えたのです。

そして、「つくりもんまつり」という地域に根付いた歴史あるお祭り内で開催することで
幅広い世代の人が繋がりあえるのではないかと考えています。また、昔はたくさんの屋台が出ていたそうですがどんどん減っていき祭りの活気が失われてきているため、新しい形で活気づけていけたらと思います。


つくりもんまつりとは野菜や果物を用いて人形などを作り会場各所に飾り、五穀豊穣に感謝するという福岡町の伝統ある奇祭です。2017年3月に第21回ふるさとイベント大賞の大賞(内閣総理大臣賞) を受賞しています。



ポップアップシティの会場である福岡のまちの様子。千本格子の町並みが広がっていますが、こちらも普段は人がほとんど歩いていません。


このプロジェクトで実現したいこと

「街」をつくりだすことで、人と人のつながりを生みたい。

色んな人を巻き込んで、新しいイベントの形をつくりたい!

人同士をつなげる役割をしたい!


イベント内容

靴屋から服屋占い整体組子の制作体験セレクトショップなど
「街」のように幅広い種類のお店が福岡町に集合します!

お店紹介①靴屋さん:ENDOR(エンドア)
高岡市のスニーカーショップ です。New balance、NIKE、adidas originalsをはじめとし、ヨーロッパを中心とした海外限定モデルや国内では入手困難なモデルを取り扱っております。

お店紹介②整体院ほのか
高岡市にある整体院ほのかです。日々の家事やお仕事の疲れを癒してみませんか?整体ってバキバキされて痛そう…体の不調は改善したいけど怖い…そんな貴方にオススメ★痛みが少なくバキバキしないソフト整体であなたのお悩みをスッキリ改善!!体の事ならなんでもご相談ください!


他にもお客さんが持ってきた古本と米を物々交換する「米と古本の交換所」という変わった出店もしてもっと盛り上げていく予定です!企画内容はまた発表いたします。

「ポップアップシティ」では毎回”市長”を選定し、まちづくりに協力してもらう企画を立てています。
市長がまちのアイコンとなり、まちを見守ってくれるという形です。

今回の”市長”となる、株式会社フシキ取締役専務  伏木満広さんです。

普段は建具屋として働いており、当日は組子制作体験でお祭りを盛り上げてくれます。
温厚で人当たりがよく、誰にでも愛されるような愛嬌の持ち主で、まち全体を明るくしてくれるということから選ばせていただきました。
また、市長からの声明文も出してもらう予定です。都度報告いたしますね!


ご協力いただく福岡町の方

高岡市福岡地域のまちづくり会社「株式会社ウエルカム福岡」代表の吉田さん。

つくりもんまつりの実行委員であり、普段は地元住民や観光客のため地域イベントや商品企画をしておられます。私共の企画に賛同頂き、当日の動きや駐車場などのサポート頂いています。


資金の使い道

主な用途は、
・イベントブース制作費用
・看板・広告費用
・備品(消化器や雑品) などです。


リターンについて

1,500円:お礼メール
3,000円:菅コースター
5,000円:弊社オリジナル一輪挿し
5,000円:オリジナルデザイン缶の浮き星(お菓子)
6,000円:ごはんぱん5個セット
10,000円:【福岡町応援セット】菅コースター2個+ごはんぱん5個セット
15,000円:イベントオリジナルTシャツ
50,000円:とべーぐるの商品券10,000円分

★全てにお礼メッセージつきます!

実施スケジュール

2019年9月23日(月祝)10:00~17:30

場所:富山県高岡市福岡町福岡1051 を拠点とした、道路30mほど


最後に

「ポップアップシティ」は今回は実験的に開催しますが、売る人と買う人が出会い交流する場作りは継続して行いたいと思います。

今回作成するブースを貸し出してマーケットを開催したり、これからの可能性がたくさんある企画にしていきます。

人同士が出会い街のことを考える、起爆剤のようなイベントにしたいです。
どうか皆様ご協力お願いします!


★本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください