はじめに・ご挨拶

XPhoneプロトタイプは、昨年10月、歴史上初めてのブロックチェーン通話を行なって以来、多くの改善が行われてきました。プロトタイプを展示し、様々なイベントでデモを行い、そのフィードバックを受け、デザインを変更し、新しい機能を追加し、そしてユーザー自身が構築する柔軟性さえ加えました。

重要な変更の一つは、その名前にあります。「XPhone」はコード名ですが、製品名をBlok On Blok、通称BOBとしました。この名前はこの製品がどうあって欲しいかという私たちの思いをよりよく伝えていると感じています。

私たちが望むのは、より安全で、より透明性の高い、 シームレスなデジタル経験に人々が参加できるような製品なのです。

Function Xのブロックチェーンスマホ、Blok On Blok を自信を持って、日本にご紹介したいと思います。


データ・プライバシーをあなたの手に

BOBを作成したのは、私たち自身のアイデンティティとデータを私たち自身が所有するべきだと考えたからです。最近のNetflixのドキュメンタリー映画 "The Great Hack" が描いているように、個人のプライバシーの喪失も、企業からのデータ漏洩も毎日起こっています。どれほど安全であると評判の高いシステムであっても、中央集権化されたシステムにあなたは全くコントロールを持ちません。ユーザーである、あなただけがあなたのデータにアクセスし、許可を与える権限を持たない限り、絶対に安全ではあることはないということです。

BOBを使用すると、あなたの通話もメッセージもデータも、誰もブロックしたり、監視したり、盗んだりすることはできません。

つまり、あなたのデータがどのように使われるかをあなた自身が決定し、最終的に誰が、何に、いつ、どこであなたのデータにアクセスしたかを把握することができるのです。

これは、f (x)(ファンクション・エックス)と呼ばれる独自のOSによって可能になっており、すべてのBOBにインストールされています。このOS内のテクノロジーにより、このブロックチェーンスマホで行われるすべてのアクションが分散化され、BOBが世界で初めてブロックチェーンを搭載したスマホとなるわけです。


デュアルモード機能

BOBの最も明確で画期的な特徴の1つは、2つの異なるオペレーティングシステム(OS)を同時にシームレスに実行できることです。 Android 9.0は、BOBの基本OSを形成し、通常のAndroidスマートフォンのように機能させることができます。

BOBを実行するFunction X または f (x) OSと呼ばれる2番目のOSは、これまでにない新しいスマートフォン経験をユーザーに提供します。 Function X ブロックチェーンとエコシステムを活用して、 f (x) OS 内で行われたアクションは分散化されます。 テキスト、通話、インターネット・ブラウジング、およびファイルの共有はすべてブロックチェーン上で処理され、ユーザーが自分のデータを完全にコントロールし、BOBによってユーザーは自分のデータ・プライバシーを取り戻すことができます。

ユーザーは、スワイプするだけで、BOBの2つのオペレーティング・システムをシームレスに切り替えることができます。 この柔軟な機能により、ユーザーは通常のAndroidベースのアプリやサービスにアクセスする場合にAndroid 9.0 OSに簡単に切り替えることができるため、ユーザーは自分のペースでブロックチェーン搭載のスマートフォンを使うことができます。


ブロックチェーン・モードで電話をかける

ブロックチェーンモード中に通話をすると、その通話は中央集権型サービスプロバイダー(電話会社や集中型サーバーなど)ではなく、ノードを経由してルーティングされます。その時、各BOBはノードのように機能し、Function Xブロックチェーンをサポートします。

ブロックチェーン通話の利点は、通話を監視、ブロック、または盗聴できる企業または個人が存在しないことです。そして、それはテキストメッセージの送信、ブロックチェーンインターネットの閲覧、または分散アプリ(DApp)サービスの使用にも適用されます。


カスタマイズ可能なモジュールデザイン

すべてのBOBは、以下のようなコアコンポーネントを含むMODアセンブリキットになって提供されます;マザーボード、ディスプレイ画面、カメラ、オーディオスピーカー、ボタン、および外観を美しくパーソナライズするアクセサリー類。このキットは、詳細な説明ガイドだけで簡単に組み立てられるように設計されています。より実践的なクリエーターの場合、追加の電話部品を3D印刷してBOBに追加するオプションもあります。


BOBのデザインの旅


上記のビデオでは、副社長兼広報部長のPeko WanがBOBのデザインの歴史を紹介しています。チームは約1年を費やして、ソフトウェアを開発し、BOBのパーソナリティに合うような様々なプロトタイプを試してきました。


プロダクト誕生までのお話

XPhone(コードネーム)は、昨年10月にBali XBlockchain Summitで初めて登場し、それは非常に大きな一歩でした。XPhoneによって、世界で初めてブロックチェーン通話が行われたのです。XPhoneを持つ二人が、管理されたサービスプロバイダを介さずに、互いに会話をしたのです。これは歴史に新たなページを刻んだと言えます。

XPhoneは世界の様々な場所で紹介されてきました。インドネシアでのXBlockchain Summitに続き、昨年11月にニューヨークで開催されたConsensus Invest、そして、今年1月にラスベガスで開催されたConsumer Electronics Show(CES)にも、最初のXPhoneプロトタイプが展示されました。

XPhoneは、どのイベントにおいても、ブロックチェーン愛好家と懐疑的な人たち両者の想像力を超えて居ることがわかりました。最高責任者(CEO)であるZac Cheah氏がConsensus Investでのスピーチの際に、XPhone上で分散型アプリケーションを介してタクシーを予約した時は、驚くべき反響がありました。XPhoneは、ブロックチェーン技術の数少ない具体的な使用例の一つであることを示したのです。


コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2020のイノベーション賞


FunctionXを搭載したBlok On Blokは、Consumer Electronics Show(CES)2020イノベーション賞の受賞者に選ばれました。

この賞は、革新的な消費者向け技術製品に焦点をおき、注目に値するエンジニアリングとデザインを認めたものです。 イノベーション賞は、拡張現実やスマートシティなどの最新技術から、サイバーセキュリティや持続可能性を目的にするグループに至るまで、複数のカテゴリにまたがっています。

「CES 2020イノベーション賞で認められたことは、非常に名誉なことです」とFunction X の最高経営責任者であるZac Cheah 氏は述べています。



コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)について

コンシューマー・テクノロジー・アソシエーションによって設立されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)は、コンシューマー・テクノロジーの最新のイノベーションを毎年紹介するショーケースです。 年次プログラムの一部はCESイノベーションアワードであり、これはコンシューマテクノロジーにおけるその年の最も注目に値する、創造的でゲームを変えるイノベーションを表彰します。

CES 2019は、世界中から175,000人を超える参加者、出展者、およびメディアをホストしました。 Blok On Blokは、世界初の完全なブロックチェーンを搭載した携帯電話であり、CES 2019でのFoundationのプレゼンテーションの一部でした。


リターンのご紹介

BoBの定価は、本体価格66,000円に送料3,300円を加えて69,300円です。

Early Bird Special 1:63,800円
最初の10個限定のリターンです。内容は、
● 5,500円ディスカウント
● BOB(1個)
● XPASS card (10枚)
● Function X スワッグ・バッグ(1個)

XPASS card (10枚)


Early Bird Special 2:66,000円
次の20個限定のリターンです。内容は、
● 3,300円ディスカウント
● BOB(一個)
● XPASS Card(10枚)
● Function X スワッグ・バッグ

XPASS Card(10枚)


Early Bird Special 3:69,300円
次の70個限定のリターンです。内容は、
● BOB(一個)
● XPASS Card(5枚)
● Function X スワッグ・バッグ

XPASS Card(5枚)


スタンダード・プラン:69,300円
最初の100個が売り切れるとスタンダード・プランになりますが、クラウド・ファンディング限定で、

XPASS Card が1枚ついてきます。内容は、

● BOB(一個)
● XPASS Card(1枚)

XPASS Card(1枚)


製品情報・仕様
  • 内容は、BOBの魅力は、ブロックチェーンを搭載したシステムとカスタマイズ可能なデザインにありますが、その他の仕様では、最新のスマートフォンと同等であることを保証しています。 最も重要なことは、FunctionXとBOBによって可能になったより高いレベルのセキュリティとデータ・コントロールにより、ユーザー・エクスペリエンスがとにかく損なわれないことを保証したことです。

  • BOBには、64ビットアドレス指定のQualcomm®Snapdragon™GPU 512が付属しています。 そのストレージは6GB RAMと128GB ROMで構成されており、512GBまで拡張できます。

  • 各BOBユニットには、4.97インチのAMOLEDタッチスクリーンも搭載されます。 HD解像度(1920 x 1080 px)で、アスペクト比は16:9です。 BOBのバッテリーの容量は3300 mAhで、ユニットはワイヤレス充電をサポートしています。

  • BOBには、F / 2.0アパーチャを備えた48メガピクセルのリアカメラと、F / 2.2アパーチャを備えた16メガピクセルのフロントカメラが付属しています。 送信する画像が分散されるだけでなく、高品質であることを保証します。

  • BOBのその他の機能については、指紋センサー、3.5MMヘッドフォンジャック、スピーカーがあります。 最大2枚のnano SIMカードを搭載でき、NFCおよびBluetooth機能も備えています。

  • OS: Function OS (Based on Android 9.0)
  • Security: Reserved standard interface supports multiple hardware encryption chips and cryptocurrency wallet extension
  • CPU Core: Qualcomm Snapdragon 660
  • Frequency: 2.2 GHz
  • GPU: Qualcomm ® Snapdragon™ GPU 512 with 64-bit addressing Up to 650 MHz

  • Storage -
  • RAM: 6GB
  • ROM: 128GB
  • Max. Expansion Supported: 512GB

  • Display -
  • Screen Size ( inches): 4.97 AMOLED
  • Screen Resolution: 1920*1080  16:9

  • Camera -
  • Rear Camera Pixel  1.4um: 48M pixel F/2.0 aperture
  • Front Camera Pixel  1um 4 in 1: 16M pixel F/2.2 aperture

  • Network -
  • Cellular: GSM/CDMA/TD-SCDMA/WCDMA/LTE TDD/LTE FDD
  • WLAN: 802.11a/b/g/n/ac(2.4G/5G)
  • SIM Card Type: Nano SIM + Nano SIM +TF
  • SIM Card Quantity: 2
  • NFC: YES
  • Bluetooth Version: 5.0

  • Media -
  • Mic: YES
  • Headphone jack: 3.5MM
  • Speaker: Stereo single speaker
  • Music power amplifier: Smart PA

  • Power -
  • Capacity: 3300mAh,  4.4V
  • Type: Internal
  • Quick-Charge: 9V 2A
  • Recharging current: 2A
  • Wireless Charging: YES

  • Other Features -
  • OTG: YES
  • Extension interface: None
  • I/O Interface: Type C
  • USB: 2.0
  • FM: YES
  • Fingerprint: YES
  • Flashlight: Rear flashlight

メディア掲載

世界に向けての準備: 初のフルブロックチェーンフォン

製品開発アップデート:XPhone デザイン設計の歩み

Blok On Blok (BOB)  Innovation From Within

Blok On Blok has been recognized as CES Innovation Awards Honoree!

A closer look at BOB, the world's first blockchain-powered smartphone


会社・チームの紹介

Pundi Xは、ブロックチェーンベースのFintech企業であり、XPOS と呼ばれるPOSシステムと、Function Xを搭載したBlok On Blok という世界初のブロックチェーンデバイスを2つ開発しました。分散化されたFunction Xエコシステムで人々の日常生活を改善します。使用しています。分散化されたFunction Xエコシステムで人々の日常生活を改善します。

Function Xは、シンガポールに本部を置き、ロンドン、ジャカルタ、サンパウロ、ソウル、東京、深センにオフィスを構え、グローバルに事業を展開しています。 現在、200人以上の常勤スタッフがおり、その半分は研究開発に専念しています。


Zac Cheah : 最高経営責任者 兼 共同設立者

Zacは、HTML5 Interest Groupの元W3C議長です。彼はスウェーデン王立工科大学(コンピュータ修士)およびノルウェー科学技術大学(セキュリティ修士)で奨学金をもらって学びました。 Zacは、ブラウザとモバイルゲーム市場の技術に12年の経験があります。

Pitt Huang:最高技術責任者 兼 共同設立者

ピットは25歳で最初のグルーポンのような会社を売却した起業家です。彼はいくつかのスタートアップを企業し成功させた後、売却しました。ピットは西安理工大学で理学士号を取得しました。彼はガジェット愛好家です。

David Ben Kay:Pundi Xの最高法務責任者 兼 Function X 財団の理事

David は30年以上の法務および技術の経験を持っています。 Pundi Xの前は、Ethereum 財団の理事会メンバー、Microsoft Chinaの法務顧問、Denton Hallのマネージングパートナーでした。 DavidはUCLAからJD(法務博士)を取得しました。

Peko Wan:最高エコシステム責任者

Peko WanはIT業界で15年以上の経験があります。 Pundi Xの最高エコシステム責任者として、PekoはPundi XとFunction Xを活用した分散型エコシステムの成長と強化を担当しています。彼女は戦略的パートナーシップを促進し、Pundi Xソリューションをグローバル市場で立ち上げています。彼女は、ブランディング、マーケティング、コミュニケーション戦略、その他のソートリーダーシップ・イニシアチブでPundi Xを率いています。

Peko は、国立中山大学で外国語と文学の学士号を取得した後、南カリフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得しました。


Q&A
Q1. どこから発送されますか?

生産地であるシンガポールから発送されます。上記価格には全て日本国内一律3,300円が含まれています。

Q2. 第三者に転売することはできますか?

できません。個人輸入扱いとなるため、輸入者個人が、自分で使用する目的で物を輸入すると見なされます。個人使用目的の商品ですので、第三者に販売することは違法となります。

Q3. リスクと課題はありますか?

現在、BOBのプロトタイプは既に機能しており、ユーザーはブロックチェーンモードで電話をかけ、テキストメッセージを送信し、またはファイルのアップロードを安全に行うことができます。

私たちのチームの優先事項は、提供しているBOBが最高水準に準拠していることを確認することであり、BOBのソフトウェアとハードウェアがシームレスに統合されるように努力しています。

また、開発において、バグを修正し、最終的なハードウェア設計を仕上げるために遅延が発生する可能性があります。そのため、配達予定期間に遅れがある場合はご容赦ください。

Q4. 目標金額に満たないとどうなりますか?

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください