はじめに・ご挨拶

地域には魅力がある空き家となった古民家がたくさんあります。私たちは一般社団法人全国古民家再生協会を中心に地域住民や専門家と「結」という日本古来からの精神で価値あるものを未来へ受け継ごうと立ち上がりました。宮崎県新富町の結プロジェクト第1段に引き続き、第2段をスタートさせ全国にその輪を広げていきます。

このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトは、世界遺産として登録された資源がありながら、冬の時期宿泊が困難な合掌造りの古民家に多くの方が快適に宿泊ができるように「合掌造りの古民家 断熱工事」を実現したい!

私たちの地域のご紹介

五箇山は40の小さい集落の総称。そのうち世界文化遺産に登録されているのは「相倉」と「菅沼」の2集落。五箇山は世界遺産の他にも「国指定重要文化財」の建物や、特色ある地域もあり見どころ満載です。



プロジェクトを立ち上げた背景

五箇山は、有名な白川郷同様に合掌造りの古民家が残り、四季折々美しい姿を残しています。しかしながら、これまで五箇山は観光地として活用せず、住民が住み暮らすまちとして残されてきました。

しかし、これから未来を見据えた中、魅力ある資源が残る五箇山の魅力を活かし未来に繋がる取り組みを構築する必要がありました。

冬は雪深い地域であり、現代人にとっては合掌造りでの宿泊は寒いというネックもあります。

このプロジェクトを通じ、五箇山の合掌造り古民家を寒さに負けない快適な空間へ再生させ、世界遺産である五箇山を未来に繋ぐ観光地として「五箇山合掌造りの里」を地域の皆さまと創りたいという背景より立ち上がりました。


これまでの活動

これまで一般社団法人富山県中央古民家再生協会として富山県内の古民家等に係る相談を受け、調査等を実施してきました。本年7月には一般財団法人五箇山合掌の里と一般社団法人全国古民家再生協会の3社にて五箇山 合掌の里に於ける古民家活用に関する連携・協力協定を調印し地域団体と共に地域を元気にするべく活動を実施しています。

実際に2018年冬。合掌の里で古民家フォトウェディングを実施。冬の五箇山の魅力がまた新たに発見されました。

観光地として来訪するだけでなく、世界遺産 五箇山で一生に残るフォトウェディングを通じ、五箇山 合掌の里が広く認知され新たな聖地として根付かせたいと思います。

このプロジェクトを通じ、冬泊まることができない合掌の里の古民家を快適に断熱工事を実施し、美しい冬にも多くの方にお越しいただきたいと協議を重ねています。

資金の使い道・実施スケジュール

・合掌の里 断熱工事

リターンのご紹介

・世界遺産で撮る五箇山フォトウェディング(40万円)
 ※写真10カット、宿泊5名分含む。衣装代は別
・一日中雪あそびと餅つき体験(5万円)
 ※1口5名分
・キャニオニングと岩魚つかみ取り
 ※1口1名分
・カヌーに乗って、山菜採りそしてその場で天ぷら(3万円)
 ※1口1名分
・トレッキングと天然きのこ狩り(3万円)
 ※1口1名分
・星空観賞と五箇山歴史探訪(3万円)
 ※1口1名分
・一日スキー教室、疲れた体に温泉付き(3万円)
・五箇山冬の景色ポストカード+観光マップ(1万円)
・五箇山フォトウェディングダイジェストムービー閲覧権(1千円)

最後に

地域を元気にしたい。そんな各地で湧き上がる思いを実現すべく「結プロジェクト」が立ち上がりました。短期的なプロジェクトでなく、持続可能なプロジェクトでなければ地域が長く繁栄しません。私たちは、古民家再生協会という全国ネットワークを有する中で様々な事例や課題に向き合い活動するなか、地域の人たちと地域外の人たちが、地域を愛し地域を守り、未来へ受け継ぐ活動を推進しなければなりません。
だからこそ、パトロンになっていただいた皆さまに富山県五箇山集落へお越しいただきたく、魅力満載のリターンを選定させていただきました。
第1段の宮崎県新富町と第2段の当プロジェクトを皮切りに全国各地にスポットが当たり、皆さまとともに地域を元気に!日本のらしさを伝えていきたい。そう願っています!

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください