Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

keuzesプロジェクト【第1弾】自分らしく生きられる1つの選択肢を作りたい。

現在の支援総額
50,000円
パトロン数
10人
募集終了まで残り
終了

現在4%/ 目標金額1,200,000円

このプロジェクトは、2019-08-16に募集を開始し、10人の支援により50,000円の資金を集め、2019-10-25に募集を終了しました

今ではよく耳にする方も多い『LGBT』という言葉。我々もその悩みを抱えながら生きている一員です。我々だからこそできるプロジェクト、女性の体にあう男性らしいスーツを作りたい。

このプロジェクトを見つけて頂いて、見て頂いて有難う御座います。



LGBTだけではなく、セクシュアリティの認識が多様になっている現代社会では

LGBTQやLGBTQIAという言葉もあります。



Q(クエスチョニング)…自分の性別がわからない・意図的に決めていない・決まっていない人

I(インターセックス)…生まれつき男女両方の身体的特徴を持つ人

A(アセクシュアル)…誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない人



カナダではLGBTTIQQ2SAというとても長い名称が使われているようです。



まだまだ細かく分類していけば性の名前は色々あります。

まだ名前のないセクシュアリティもあります。



keuzesとは“選択肢”という意味です



私自身LGBTに該当しており、今の自分で生きていくために

現在の日本が生きやすい世の中かと聞かれたら正直そうは思いません。


過去の自分は男性・女性という選択肢しかない中で

なんとなく自分が周りとは違うと気づいた頃からうまく誤魔化せるところは誤魔化しながら生きていた

というより、うまく逃げていたと今では感じています。



学生時代の制服や、トイレで「女子トイレですけど」と怒られることや、初対面の人からどっちなの?と聞かれることや、今でもまだまだ普段生活していく中で様々な面でストレスを感じることはあります。



同じ思いをされてる方いらっしゃるかと思います。


一方的に理解を求めているわけではなく、

こちらも誤解させてしまったり混乱させてしまっている事も事実です。

とても難しい問題ではありますが、


ですが何故、男・女という選択肢しかないのだろう

私みたいな人はどうしたらいいんだろう

日々そんなことを思いながらうまく誤魔化しながら生きていましたが、

ある時、自分だけじゃなくて絶対他にも困ってる人はいる

自分でLGBTの人のためのなにか選択肢が作れるのならと考えるようになりました。



keuzesプロジェクト代表 田中と申します。

1994年生まれ enter合同会社 代表



私自身はftxと認識しており

「FtX」の意味は性同一性障害の類型の一つで、生物学的な性は女性だが、

自身を特定の性別だと自認していない、つまり「中性」あるいは「無性」



中本 enter合同会社 共同代表者

中国と日本のクオーター



彼はftmで

FtMとは、性同一性障害で且つ、生まれ持った体が女性で性自認の姓が男性である人のことである。



M ✍️デザイナー



ダナンでの語学留学を経て現在は日本では旅ブロガーとして活躍している。

ロゴデザインやイラストを担当。



彼女はバイセクシャルです。



このプロジェクトを立ち上げるきっかけになったのは、自分自身での体験談ですが

初めて友人から結婚式のお誘いをうけた際にもちろんとても嬉しいと思う反面

何を着て参加したら、、という気持ち反面でした。



私はドレスを着るという考えは全くなく、スーツで参加することを決めていましたが

そもそもどこで買ったらいいのかわからない、、



某有名店では直接お店に行けば性別は関係なくその人に合うものを紹介してくれると書いてありました。

そこでお店に行けば解決だったのかもしれませんが

私は直接お店に行って男性用のスーツを買う勇気がありませんでした。

さらにネットで買おうとしても出てこず、、



スーツ屋ではない店でスーツらしい物を買いましたがサイズが合うものは無く、

1番小さいサイズでも肩幅がそもそも合いませんでした。


オーダースーツを買えば自分のサイズが合うものはあるかもしれません、

ですが当時お金もそこまでかけられず、自分がLGBTで1番壁にぶつかったと思う出来事だったと感じます。



私だけではなく、私の周りのftx.ftmの方達も同じ思いをしたという方がたくさんいました。



必要なのは、

みんながスーツを買う時と同じように、何の嫌な気持ちも、恥ずかしさも、悩みもなく、

スッと手を出せるような環境です。



なのでこのプロジェクトでは

まずネットショップを開設し、自身で会社を立ち上げ中国関係の仕事をしていたのでその時に培った知識、ツールを生かし中国の縫製工場で製造することで多くの方にリーズナブルな価格での提供、

女性の体にあう男性らしいスーツを作り、カミングアウト出来ていない方や直接お店に行く事に抵抗がある方、様々な悩みを抱えている方が気軽に利用できるものにするということです。


男性用スーツ、女性用スーツのネット販売はあるのに何故LGBT向けの販売はないのでしょうか。



我々が今回このプロジェクトを開始させた事で男性用女性用と同じように色んなサイトや色んなお店、

色んな選択肢の中から自分の合うものが選べるそんな世の中になりますようにと願いを込めています。



人生の中での大イベントでもある

就職活動、仕事、結婚式、法事など

ありのままの自分の姿でその日を迎えたい。

その権利は私たちにはないのでしょうか。



我々はLGBTの方達がそうでない方と同じように生きていくための方法を

これから先考えていくことを決めました。



まずは第1弾として、自分自身1番身近に感じた問題から困っている人を助けたい、

悩んでいるのは1人ではないと発信する為このプロジェクトを立ち上げました。




【資金の使い道】

・ネットショップ運営費用 外注費用

・商品の開発、製作費用

・リターン費用 CAMPFIRE手数料等


【スケジュール】

2019年10月 CAMPFIRE終了

2019年11.12月 縫製工場確定

2020年1月 ネットショップ開設

2020年1-3月上旬 商品開発.試作実験等

2020年3月下旬 販売開始

2020年4月-5月リターン発送



LGBTである方もそうでない方も、

今回のプロジェクトでもしご支援、応援頂けたとしたなら我々がお返し出来る事は何だろうと考えた結果、LGBTに関するお返しができたらなと思いましてオリジナルTシャツ、バック、タオルを作らせて頂きました。



今の我々にはこれが精一杯のお返しにはなってしまいますが、精一杯心を込めて作らせていただきましたのでもし宜しければ普段使い出来そうなデザインの物を考えましたので使い潰して頂けたら我々とても嬉しいです。

もちろん全てこのリターン限定の物になります。




・ウォッシュタオル

お好きな色を1つ選んで下さい。

一歩踏み出そうと意味が込められたkeuzesタオルです!!



・トートバッグ


this is me これが私!!

・Tシャツ


全て2色展開です。

お好きな色を1つお選びください。




・オーダースーツ30%OFF券




・オーダースーツ1着プレゼント






今回このプロジェクトでLGBTではない方に

どう伝えれば応援頂けるのか、我々の思いが伝えられるのかとても考えましたが、


まずはこんな人もいるんだということを多くの人に知ってもらえたらなと思っています。




このプロジェクトで必ず悩みから救える方がいます!!!!

みなさんが思う以上に多くの方が困っています!!

みなさん!!なので!!是非助けてください!!このプロジェクトやらせてください!!!

ご支援お願い致します!!!!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください