はじめまして
iseobatacho shokokai seinenbu です
  • 三重県 / 
初めてのプロジェクト

ぼくたち「伊勢小俣町商工会青年部」は、三重県伊勢神宮のお膝元である伊勢市で、商工会を形成する1部会組織として、経営者としての資質を向上させながら、地域の振興・発展に取り組む団体です。
現在の部員数は25名で、青年部組織としては少ない人数ではありますが、その分、部員同士の結束は固く、地域を盛り上げようという熱い想いの下、活動に取り組んでいます。

ページをご覧いただきありがとうございます。
今回のプロジェクト発起人である「伊勢小俣町商工会青年部」部長 上田澄人です。私たち「伊勢小俣町商工会青年部」は、伊勢市の小俣町という地域の若手経営者、後継者、事業家志望者の集う経済団体の部会組織です。青年部の活動を通じて、仲間と地域を元気にしていきたいという思いで取り組んでいます。
地域の各種イベントへの出店、異業種の連携、セミナーの開催などを行なっています。また、子どもたちの応援といった視点から、スポーツなどへの支援も行なっています。


小俣町には「健心塾伊勢」という小さなキックボクシングジムがあります。そして、このジムは青年部員の稲垣喜大が運営しています。稲垣くんは、昼間は「健心接骨院」の柔道整復師の院長として、夜はキックボクシングジム「健心塾伊勢」の指導者として、また地域のイベントではキックボクシング等の試合を企画し、自らグローブをはめてリングの上で選手として出場しています。

ジムでは、7歳から58歳まで男女合わせて計30人がプロ・アマの垣根を超えてキックボクシングを学んでいます。接骨院の道具や機械を片付けてスペースをつくって、小さな空間で地域の子供と大人が共に汗を流してキックボクシングを通じて技を磨き、体と心を鍛えながら温かな交流を育んでいます。

2018年7月1日(日)於:大阪市・旭区民センター大ホール     Ayaka VS キム・スヨン  

その塾生のなかの1人、女子プロキックボクシングとして活躍する「Ayaka」(本名:原谷彩香 平成13年5月29日生)は、現在高校3年生。学校が終わると毎日、限られた練習時間の中でトレーニングに励みながら着々と実力をつけ、2018年4月にはプロデビューし、努力の甲斐あって現在は、女子キックボクシング ミネルヴァ級日本ランキング2位まで登りつめました。他の塾生や地域の子どもたちの目標であり、私たちの地域に元気を与えてくれます。

ただ、ジム運営は多くの困難が伴います。華やかなリングでの戦いの裏では、選手の育成費用、道具代、出稽古や首都圏や都市部で開催される試合のための遠征費用の捻出など、ジムの運営者の血の滲むような取り組みがあるのが事実です。また、「田舎の小さなジムではチャンピオンを育てられないのでは?」といったことも言われます。


しかし、健心塾の塾生をはじめ地域の子どもたちに夢と希望を与えるためにも、小さなまちのちいさなジムでも「世界を目指すことができる」、「チャンピオンになれる」、「夢を叶えることができる」環境をみんなでつくっていきたい。そのことが子供たちの健やかな成長を育み、地域の未来を作り上げることにつながるという志をジムの代表の稲垣くんと他の青年部員は共有しています。


まず、そのスタートとして、Ayaka選手の日本チャンピオン、そして世界チャンピオンを地域で応援しよう!地方から小さなジムから世界王者を誕生させるための応援プロジェクトとして、
まずは、2019.11.24  DEEP☆KICK41(大阪市 東成区民センター)で開催されるミネルヴァ日本ピン級王者決定戦で、「Ayaka」が日本王者になることを目指します!

そして、世界へ挑戦するためのステップアップとして、キックボクシングの本場タイの武者修行の遠征を応援したい。その遠征費用等を捻出するため僕たち伊勢小俣町商工会青年部が立ち上がることとなりました。

ぜひ、皆さまの温かいご支援をお願いいたします!


この度は地元伊勢小俣町商工会青年部のサポートのもと、このような機会をつくって頂き感謝しております。健心塾ではAyakaをはじめ、プロでベルトを巻きたいという夢を持った女子選手たちが日々練習に励んでおります。子供たちの夢を応援し、最大限のサポートをすることが我々大人の使命であり役割であると考えております。三重県の片田舎から世界を目指すことは環境的にも経済的にも大変な苦労があります。レベルが上がれば上がるほど県内には練習相手もおらず、県外への遠征が増えていきます。それでも、地域の方のサポート そして本人の努力でここまできました。ここから先は、世界のベルトを獲るために世界レベルの経験も必要になります。不器用な少女「Ayaka]がひたむきに追いかける『夢』 その実現の為、皆様のお力をお貸しいただけると幸いです。


皆さんこんにちは!健心塾のAyakaです。小学校からキックボクシングを始めて、ずっとベルトを巻くことだけ考えて練習してきました。ケガしたり、試合に勝てなかったり、減量であったり、大変なこともありますが、キックボクシングが大好きです!もっともっとこの競技がいろんな人に見てもらえるように自分も頑張ってキックの魅力を伝えていきたいです。私には二人の妹がいて、子供のころから三人で一緒にキックをやってきました。いつか三人一緒にベルトを巻くのが夢です。
昨年の4月にプロデビューしてから悔しい敗戦もありましたが、今は試合している瞬間が本当に楽しいです。11月には日本タイトルマッチが決まりました!ここまでこれたのは家族の支え、教えてくれる先生、一緒に練習している道場の仲間たちのおかげです。必ず勝って応援してくれる皆様に恩返しをしますので、ベルトを巻く瞬間を見届けてください!
日本タイトルはまだ夢の通過点だと思っています。世界で1番になることが私の夢なので一緒に追いかけてくれるとうれしいです。


健心塾の稲垣くんとその塾生は、伊勢小俣町商工会のイベントで、キックボクシングの試合を毎回披露してくれて、町を盛り上げてくれています。子どもの成長のために、ジムに通わせたいという親御さんも年々増えています。このような地道な取り組みに共感した青年部員や、商工会の会員の有志がこれまでジムを応援してきました。

そんな中、三重県商工会青年部連合会という上部組織の主張発表大会に稲垣くんが出場し、子どもたちの夢を叶えるための取り組みやこれからの夢、地域の活力のために取り組んでいきたいという熱い想いを発表したところ、見事最優秀賞を受賞し、私たち青年部の部員をはじめ多くの方々に感動を与えてくれました。

これを契機に私たち青年部として、もっとできることがないかを稲垣くんと子供達の未来、仲間との絆、地域づくりについてあらためて議論し、先述の通り志を共有したことが今回のプロジェクト実施のきっかけとなりました。


Ayakaが、ここまでの階段を一歩ずつ上がってくるまで、僕たちは、みんなそれぞれ個別に何かしらの応援をしていました。具体的には、スポンサーとしてコスチュームの負担や、差し入れを持参したり、試合のチケットを売りさばいたり、もちろん試合会場へも足を運び、直接観戦による応援もしてきました。



◆神の宿る聖地伊勢から世界王者を誕生させるため、2020年3月高校卒業後、「Ayaka」をタイへの武者修行へ行かせてあげたい!

そんな「Ayaka」の更なるレベルアップを図るための費用として......

目標金額を500,000円とさせていただきました。

その内訳は

・タイへの武者修行費用・・・・・・・300,000円

・そのほかにも練習試合等の遠征費、練習道具、などなどたくさんの費用がかかります。
 『世界をとらせたい!』
 その思いからタイの武者修行に終わらず、今後の彼女への応援費用として、目標金額を高めに設定させていただきました!!
 みなさまのご支援、よろしくお願いいたします! 

そして、世界へ出るための日本タイトルマッチが.........

 2019.11.24 DEEP☆KICK41 ミネルヴァピン級日本王者決定戦

 Ayaka(健心塾伊勢) VS 祥子(JSKキックボクシングジム)

       in 大阪市東成区民センター

 決定しています!!
 ぜひ、たくさんの方に応援に来て頂きたいと思います!

皆様から多くの支援をいただきまして、目標金額50万円を達成させていただきましたので、ご報告させていただきますと同時に心より御礼申し上げます。

ご支援に報いるため、伊勢小俣町商工会青年部としまして、しっかりとAyaka選手のサポートをしていきます。お示しさせていただいておりますタイの武者修行を実現させ、Ayaka選手のレベルアップにつなげていきます。

また、新たなネクストゴールを設定させていただいて、Ayaka選手の応援をしていきたいと考えています。目標額は100万円とさせていただきます。

使い道は、Ayaka選手のタイへの武者修行の滞在期間を、当初予定より延長したいと考えています。継続的な遠征費用についても、ジムが負担する経費なので、支援につなげていきたいと考えております。

加えて、健心塾伊勢のジムの他の選手の育成を支援し、Ayaka選手と他の選手が切磋琢磨して、ともにレベルアップできるようジムを支援していきます。

皆様からの支援金については、Ayaka選手が所属する健心塾伊勢と相談の上、伊勢小俣町商工会青年部の厳正なる管理の下、Ayaka選手の世界への道をサポートしていきたいと考えております。

引き続き、皆様のご支援をお願いします。

今回ご支援頂いた方々には、金額に応じて…お礼をさせていただきます!
詳細はリターンについて画像をつけてある部分を参照ください。

【「Ayaka」直筆メッセージハガキ】
●筆不精で不器用な「Ayaka」が、感謝の想いいっぱいで書き綴るメッセージハガキを、お送りさせていただきます。

【オリジナルデザインのタオル1枚】
●「Ayaka」のイラスト入り、オリジナルタオルで、サイズは、34㎝×75㎝です。


【オリジナルデザインのTシャツ1枚】
●「Ayaka」のイラスト入りで、ご希望のサイズを備考欄にご記載ください。

【日本タイトルマッチ 観戦チケット】
●2019年11月24日(日)DEEP☆KICK41(大阪市 東成区民センター)で開催される
 ミネルヴァ日本ピン級王者決定戦   VS 祥子(JSKキックボクシングジム) のチケット1枚をご提供させていただきます。皆様の温かい応援が「Ayaka」のモチベーションアップにつながります。
チケットは、11月1日以降、郵送にて発送させて頂きます。
 なお、会場までの交通費・滞在費等は含まれていませんので、ご了承下さい。


【試合終了後、Ayakaとともにツーショット写真撮影】
●2019年11月24日(日)日本タイトルマッチの試合終了後リング上で、Ayakaとともにツーショット写真撮影をさせていただきます。


・10月30日:  ファンディング終了

・11月 1日:  ご支援頂いた方々へのリターン商品の準備に入ります

・11月10日前後:リターン商品の発送を致します


今回応援する「Ayaka」は、ごく普通の女子高校生です。しかし、昼間は勉強(?)そして夜はトレーニング。空き時間はアルバイトをしながら、ここまで頑張ってきました。夢に向って邁進する彼女の一途な姿。その夢を支えるのが僕たち地域の大人の役割であり、他の選手のモチベーションアップにも繋がります。
今回のプロジェクトを通じ、地元に「Ayaka」の存在を知ってもらい、心を一つに応援してもらうことで、地域、そして仲間が元気になるステップだと考えています。是非サポート頂けると幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

伊勢小俣町商工会青年部 部長 上田澄人


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください