プロジェクト本文

■ご挨拶

皆様初めまして、「かしわざき風の陣」実行委員の須田と申します。
プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

「かしわざき風の陣」とは新潟県柏崎市で地域に活力を呼び起こす市民によるイベントとして、「海・山・風、伝統の風と新しい風の融合」をテーマに産声をあげたイベントで今年で24年目を迎えます。

当初原発で潤っていた柏崎市、その他企業様が主な後援となり開催していた当イベントですが、年々助成金・協賛金が減り、現在では赤字が続いています。

現在の赤字を補填しているのは、過去の協賛金が多くあった頃の貯金です。
それも今年で底をつき、イベントの存続自体が難しい現状です。

柏崎は娯楽など何もない、過疎化真っ只中の田舎の町です。

それでも「風の陣」には市内・市外からたくさんの来場者があります。

カイトウィングやスポーツカイトなど気軽にマリンスポーツを体験できるコーナーにはたくさんの親子連れが海を楽しみにやってきます。

様々なアーティストを招くステージでは10代から20代の若者が多く訪れ、潮風を感じながら音楽を楽しんでいます。

イベントを存続させるには本当にたくさんの人の協力やお金が必要です。

私たち実行委員会でも地元企業様から協賛金を募っていますが、目標金額には程遠い状態です。そこでクラウドファンディングを使って全国の方々から支援者を募ろうと考え今回のプロジェクトを発案しました。

今回、発起したクラウドファンディングは支援者様を募るだけではなく、「かしわざき風の陣」というイベントを通じて全国の皆様と一緒にイベントを作り上げていくためです。

皆様からのご支援は必ずイベントに還元させます!
そして是非柏崎に遊びに来てみてください!
どうかご協力を宜しくお願い致します。

 

■かしわざき風の陣とは

柏崎をマリンスポーツの発信基地にしたい、と願う有志が集まり、柏崎の海に似合うマリンスポーツとして「ウインドサーフィン(オリンピック競技名=ボードセイリング)」に着目、1990年秋、プロのセーラーを交えた競技会「ジャパンサーキット」を開催しました。

ジャパンサーキットは3年間実施されました。その実績が認められ、1993年(平成5年)、ミストラル級(IMCO)世界大会の誘致に成功。この時、浜辺を賑やかにしようと、フリーマーケット、アマチュアバンドの競演会、盆ダンスなどが「シーサイドウインドフェスティバル」として併催されました。

1990年(平成2年) 第1回ジャパンサーキット
1991年(平成3年) 第2回ジャパンサーキット
1992年(平成4年) 第3回ジャパンサーキット
1993年(平成5年) ミストラルクラス級世界大会

「シーサイドウインドフェスティバル」は好評を博し、また、地域活性化イベントとして実施されてきた、「もえる祭り」(平成3年)「響き合うまつり」(平成4年)で、市民参加型のイベントが根付きつつありました。

そうした背景を踏まえ、鵜川地区に伝わる古典芸能・綾子舞を“伝統の風”、ウインドサーフィンを“新しい風”と位置づけ、伝統の風と新しい風の融合をテーマにした地域活性化イベント「かしわざき風の陣」が誕生したのです。

http://kazenojin.info/

 

 

 

■開催概要

日程:2017年5月27日(土)、28日(日)
場所:新潟県柏崎市みなとまち海浜公園(新潟県柏崎市西本町3丁目20)

・フリーマーケット
・ビーチ、ソフトバレー大会
・カイトウイング、オンダボード体験会
・スポーツカイト
・親子凧作り体験
・ステージイベント(市民芸能祭、ゲストを呼んでのスペシャルライブ)
・飲食出店ブース

 

■資金の用途

ステージの演出、照明や出店テントの費用などの設備関係に使用します。

 

■最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。
かしわざき風の陣は実行委員のみでなく、来場者によって初めて成立するイベントです。
我々と一緒にかしわざき風の陣を、そして柏崎を盛り上げましょう!
皆様のご支援、ご協力、そして可能であれば柏崎へのお越しをお待ちしております!

  • 活動報告

    かしわざき風の陣オリジナルタオルについて

    2017/01/26

    風の陣オリジナルタオルのデザインが完成しました! ステージに出演する「ひなた」さんが主催する「長岡音むすびフェス」とのコラボタオルになります。

  • 活動報告

    リターンについて

    2017/01/26

    リターンについてご質問があったので、追記でお知らせします。 【ホームページお名前掲載について】 ・ホームページに記載するお名前は本名でもニックネ…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください