今話題の石灰石という石を原料とし、木を1本も切らずに作った新商品です。石素材のため耐水性も抜群、お風呂でも勉強!?アウトドアシーンでのメモやキッチンでのレシピノートなどにもぴったり。シンプルなデザインなので小学生、大学生、大人でも使えます!ちょっとしたギフトにしても話題になります!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。新晃社の森下晃一です。
地球温暖化問題、水資源危機、食料問題、エネルギー問題など、私たちをとりまく環境問題は大きくなるばかりです。他人事ではなく個人が自覚をもって環境問題に真剣に取り組まなくてはならない時に我が社では何ができるのだろうと考えついたところが今回のパルプを素材とした紙に代わり、石灰石という地球上にほぼ無限に存在する石を原料とした新素材ストーンペーパー(LIMEX)を使った商品です。新晃社が取り組む環境問題へのアプローチに皆様の共感を頂けましたら幸いです。

トーンペーパー(LIMEX)とは -> 徹底調査】これを読めば分かる!ストーンペーパー完全版


このプロジェクトで実現したいこと

ストーンぺーパーという新しい素材を使うことで紙素材で消費される製品を石素材に換えても実用的なことを確認し、地球温暖化を含む環境問題の改善に貢献したい。


このプロジェクトをやろうと思った理由

紙の原料となるパルプは森林伐採から生み出されます。過剰な伐採による森林の減少は、地球温暖化の原因の一つといわれる二酸化炭素吸収量の減少や生態系の変化を誘引しているとのことです。今回は「ストーンペーパー(LIMEX)を使うことで紙素材を石素材に換えます」このプロジェクトを通して、従来の生態系を維持できる緑が豊かな地球を取り戻したいと思ったからです。


これまでの活動

数年前から環境問題に端を発し、早くから石灰石を素材とした印刷用紙ストーンペーパー(LIMEX)」に目をつけ、私たちは、このストーンペーパー(LIMEX)について実用性を確認するためにテストを繰り返してきましたが、ストーンペーパー(LIMEX)は石灰石特有の石粉の問題で印刷機や加工機にダメージを受けるなど商品化へ高い壁を感じていました。最近になってストーンペーパー(LIMEX)の素材改良が行われ、UV印刷機の導入など自社設備の増強もありようやく商品化へたどり着きました。 

これまでのストーンペーパー(LIMEX)での制作事例はコチラ


リターンのご紹介

石灰石が素材のストーンペーパー(LIMEX)を使ってメモ帳と単語帳をご用意いたしました。
ぜひ、手にとってご確認をください。

1. メモ帳

2. 単語帳


製品情報・仕様

1. メモ帳 (125mm✕75mm)
 表紙素材:ライメックス無延伸(ハード)200μ
 本文素材:ライメックス延伸(ソフト)200μ
 製本:リング製本
 メモ枚数:40枚
 ※表紙、本文ともに無地

2. 単語帳 (78mm✕52mm)
 本体素材:ライメックス延伸(ソフト)200μ
 製本:1穴リング止
 本文枚数:60枚
 ※中身は無地です。


会社・チームの紹介

新晃社は、創業30数年になる100名規模の東京北区に本社がある特殊印刷や特殊加工が得意な総合印刷会社です。今回、私たちが挑戦した石灰石素材のストーンペーパ(LIMEX)で、作ったメモ帳と単語帳は「製本および加工がとても難易度が高い」商品になります。試行錯誤を重ねてようやくカタチにすることができました。問題が困難であればあれほど解決への興味を掻き立てられるポジティブな社長を中心とした企画販促チームの渾身の作品をご評価ください!

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください