▼はじめにご挨拶

みなさんいかがお過ごしですか?

今回も素晴らしい企画を思い付きました。

それでは今回もよろしくお願いします。

▼このプロジェクトで実現したいこと

日本は海洋民族の誇り高い文化を有していた為近代の文明開花にめ対応出来たと言っても過言では有りません。

しかし、そんな事は忘れさられこの大洋の恩恵すら忘れる恐れがあります。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

再び海洋民族同士の交流を実現する港町、造船の新規開発プランを練ろうとおもいます。

▼これまでの活動

近代の海洋開発をトライアンドエラーの観点で見直し、新しくアップグレードしてきました。

▼資金の使い道

海洋目線で日本の原点を見据え新たなテクノロジーに基づく滞在型船舶を設計します。

新たな漁に対応した舟の設計

▼リターンについて

日本を海目線でクルージングに出かけましょう。

▼最後に

舟というのは貿易にも荷物を運ぶ手段として欠かせません。

成長路線として注目できる実態経済の成長を目指します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください