頑張ることのハードルが気付かないうちに高くなってしまっている大学生に、少しでも身近に感じてほしく、きっかけは「少しの勇気と妄想」だったエピソードを集めたフリーマガジンを作成し、悩んでいる大学生に届けたい!

プロジェクト本文



はじめに・ご挨拶

始めまして!立命館大学経営学部3年生の森田健太郎です。

小学三年生から高校まで人生の半分野球に費やし、自分には何もない状態で大学生活が始まりました。

自分は「野球の熱量をどこかに注ぎたい!」と強く思うものの

どこに費やしていいのかわからず気が付けば一年生が終わっていました。


「このままではまずい!」そんな風に漠然とした危機感を感じ、

とにかく役に立ちそうなことをひたすら手を出してみることを始めました。


すると、周りからもちやほやされ、気分がいい反面、

周りとの距離も感じるようになりました。


「元から才能があるから頑張れるんだよね!すごい!」


スタートは全く同じだった友達もいつしか

「俺とお前は違うから俺はいいや」と言わんばかりに、

前に進もうとすることすら諦めてしまうようになってしまいました。

僕はこの現象がどうしても違和感で我慢できなくなり、

一歩踏み出せる大学生が増えてほしいと思うようになりました。



このプロジェクトで実現したいこと

この企画が実現したい未来は、

「目標に向かって全力で駆け抜ける大学生」で溢れる世の中です。

その世の中の為に大きな壁となっているのが、

夢を追うことは最初から大きな理由が無ければならない。

という思い込みが一つの理由だと思っています。


どんな成功者だって、最初の一歩目は「モテたい」とか「目立ちたい」などの

妄想が駆り立てた、何気ない一歩だったと思うのです。


そこで、みなさんの少しの勇気と妄想によって踏み出した一歩を集めた冊子を作り

「周りの目標が高すぎて、自分とのギャップに悩む大学生」に届けたいと妄想しています。



プロジェクトをやろうと思った理由

僕がこの企画をやろうと思ったきっかけは、自分自身が大学1年生の時に

「夢なんてない」

「なにやったらいいんだろう」と

同じことで悩んだのが始まりでした。


とりあえず就活をやっとけば将来が見えてきそうだし周りからは

凄いと褒められそうという不純な妄想からスタートしました。

すると運よく段々見える世界が変わってきて

自分がやりたいこと、好きなことが見つかるようになりました。


そんな中周りの友達は、

自分も何かに熱中したいけど世の中のキラキラしてる人みたいに

自分には強い思いだったり社会貢献などという大きな夢はないから

諦めていく人たちばかりでした。


頑張っている人たちにとっては、

踏み出した一歩目の妄想なんて話したくない内容だと思います。

ただ、そのかっこ悪い部分が見えない世の中であるがゆえに

大きな溝が生まれてしまっている気がしました。


このかっこ悪い部分さえ見えるような世の中になれば

一歩目を踏み出せる人が増えると思ったからです。

マガジンの概要

内容は、社会人、学生問わず一歩踏み出せたきっかけが実は、

妄想だったエピソードをインタビュー形式で最大10人ほどを掲載していく予定です。

ページ数としては表紙も含め30ページほどを予定しています。


現在、デザイン案は未定ですが、家に置いてあってもオシャレに見えるような

デザインをイメージしています。


インタビュー記事以外にも、

就活コラムや、アンケートをまとめたランキングなど

学生にとって有益な情報を企画として予定しています。


進捗に関しては随時、こちらのページで報告させていただきます!

お楽しみにしてください!


これまでの活動

頑張れる学生を増やしたいという思いから、

2年生の6月から「三日坊主でもいいから始めてみよう」を合言葉にインタビュー記事を

メインに置いたメディアを運営しています。



また、就活に焦点を当てた企画も運営しています。

学歴や、取り繕った自分に捉われず「人間性」で評価してもらいたいという就活生の叫びから

人事と学生がお互いの立場を明かさずに1泊2日過ごす就活イベント「仮面人事」を企画しています。



資金の使い道

集めた資金は

フリーマガジンの製作費、取材費に使わせていただきます。

取材費は直接伺わせていただく形をとりたいと思っていますので、

主に交通費になります。



リターンについて

リターンについては、5種類を考えています。

  

・皆さんのツイートを雑誌にまとめ記載

・ツイートを雑誌に記載+雑誌の提供

・森田の頑張る大学生を応援するwebメディア「3daysboys」にあなたの記事を掲載

・雑誌内に1ページ広告+メディアへの記事を掲載

・今回作成する雑誌にインタビュー記事を掲載


実施スケジュール

10月~12月 企画始動 インタビュー デザイン考案

12月末       完成&発行までを行います。

1月頭         出版します。



最後に

皆さんの妄想で、世の中を明るく、そして希望にあふれる世の中にしましょう!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
  • 2019/10/16 10:11

    デザイナーがついにメンバー入りしてくれました!クラウドファンディングも残り10日を切ったところで、デザイナーがついにメンバーとして参加してくれることになりました!多摩美術大学に通う、長坂 康平(ながさか こうへい)くんです!彼は、高校の同級生で3年生の時に、クラスメイトとして仲良くしてくれた友...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください