子育てと両立できる!ママさん美容師の現場復帰を応援するプロジェクトです!

プロジェクト本文

子育てと両立できる!
ママさん美容師の現場復帰を応援するプロジェクトです! 

  


〜美容業界の現状とプロカラの思い そしてプロカラの取り組み〜



 


『せっかくの優秀な美容師が、子育てを機に美容師の仕事を辞めなければいけない事実』

 これは弊社代表がこれまでの20年間のキャリアで嫌というほど目にしてきた出来事です。
 どんなに優秀な美容師でも、結婚して子育てするようになると、どうしてもそれまでと同じように働くことが出来ずに辞めていきました。
 憧れを抱いて踏み込んだ美容の世界で、一生懸命努力して身に着けた技術を子育てを理由に手放し、その道を諦めなければいけない状況を、何とかできないかと代表は常に考えていました。

 『子育てを理由に好きな仕事を諦めてほしくない』

   詳しく調べてみるとこの10年で美容師免許を取得する人が約20万人いる中、保健所に登録され美容業に従事している人材は7万8千人しか増加していません。約半数の12万2千人が他業種へ転職、つまり美容業に従事していないことになります。その理由の大半はやはり代表がこれまで目にしてきた事と同じく、子育ての時間が確保できないといったものです。
 技術があり大好きな美容の仕事を続けたくとも、どうしても短時間しか働けない人がいる。
  道半ばに美容の夢を閉ざされた、その沢山の子育て中の美容師を救いたいという気持ちから今回のプロジェクトが生まれ、皆様からご支援を頂きたく、クラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。

 『子育て中の美容師へ現場復帰の場をつくる』

 「ヘアカラー専門店プロカラ」は働くママさん美容師に合わせ、1日の受付人数を30名と限定し、短時間営業をコンセプトとしています。
 これにより子育て中のママさん美容師でも、営業後の時間を家事や子育てに充てることができます。
 業務は主にカラーリングのみのため、子育てでブランクのある美容師でもすぐに戦力として活躍する事ができ、それまで眠らせていた国家資格である美容師免許を活かした仕事ができます。昨年山形県鶴岡市、酒田市にオープンした2店舗では約10名の子育て中の美容師が現場復帰を果たしました。

 

 

『昨年オープンした店舗で働くママさんを紹介します』

◆あかねさん

《プロカラでの仕事で大切にしていること》

「笑顔」「元気」「やる気」!!!
お客様の今染めたいという気持ちに応え、お客様全員が気持ちよくお帰りになるよう努めています!

《今後の目標》

私たち、ママさん美容師が安心して働ける環境に感謝の気持ちを忘れずに、これからもお客様の笑顔と家族の笑顔を作っていきたいと思います。

◆りょうこさん

《プロカラでの仕事で大切にしていること》

いつも笑顔で!
お客様の気持ちに寄り添い、話しやすく、来店しやすい雰囲気を作れるように心がけています!

《今後の目標》

ご来店された方全員が「来てよかった!」「ゆっくりした~!」と、
気持ちよくお帰りになって頂くことが目標です!
お客様も、家族も、自分も、いつも笑顔で過ごせるように頑張ります!

 

 

 

ママさん美容師のためのお店「プロカラ」の特長をおさらいします!

 ◆1日の受付人数を30名に限定

◆短時間営業

◆メニューはカラーリングのみのため、子育てでブランクがあっても安心

◆お子さんの体調不良による急なお休みも、同じ子育てママさん同士でカバー

 

 

 皆様からのご支援によるプロカラの出店が、その地域のママさん美容師の現場復帰に直結します!
 
 
 お店は2019年9月1日オープンにむけて工事中です

 

これまでの活動

2013年7月 移動美容室ピース 開業

市内から離れた山間部などの地域に、シャンプー台など一般の美容室の機能を備えたトラックで向かい、主に高齢の方のカットやヘアカラーを行います。

美容室へ通うことが難しい方々にもいつまでも綺麗を楽しんでほしいという願いを込めて事業を始めました。

 

2017年5月 訪問ヘアカット「ヤドカリヘアカット」開業

美容室へ通うことが難しい高齢の方々のために、個人宅や福祉施設へ美容師がハサミをもって出張カットします。最期まできれいでいさせてあげたいというご家族様の気持ちに寄り添いながら活動しています。


支援金の使いみち

・プロカラ 求人宣伝費用
・折込チラシ作成
・フリーペーパーへの求人掲載
・SNSでの求人情報発信など

 

実行スケジュール

・7月1日~工事着工
・8月20日 店舗完成
・9月1日 店舗オープン

 

 

お問い合わせ先

Peace株式会社
プロモーションリーダー
大築(おおつき)
TEL: 0235-23-3224

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください