2016年6月にママ、パパに日頃の忙しさを癒してもらうことを目的に群馬県前橋市にオープンしたハレの日カフェ fleurs de cerisierより多くのお客様がご利用いただけるよう群馬県渋川市にさらに大きくなってオープン予定!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶
ハレの日カフェ fleurs de cerisier(フルール・ド・スリジェ)オーナーの中川公滋です。

群馬県前橋市出身の中川公滋(ナカガワ コウジ)と申します。

数多くのプロジェクトの中から私のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私は約17年、保険代理店という仕事をやりながらたくさんの子育て世代のご家族と深く関わってきました。私自身も子育ての経験があり、小さいお子様を持つお母さん、お父さんの苦労は身を持って経験してきました。また高校から大学まで地元の喫茶店でトレーナーとして働いていた経験もあり、いつかカフェを出店してみたいという思いも常に持ち合わせておりました。

そしてその両方の想いから生まれたのが子育て世代に優しいカフェです。

ぜひプロジェクト成功のため皆さまのお力を貸してください。

よろしくお願いいたします。


商品・お店が作られた背景

本業である保険代理店業務の中で子育て世代のご家族に接する機会が非常に多くありその中で必ずと言ってもいいほど皆様が抱えている悩みが「外食に行きたくても行ける場所が限られる」「ゆっくり食事がしたいけど出来ない」「外食に行くと小さい子供がいるので周りの目が気になる」そのような言葉が非常に多く聞かれました。私自身も子育てを経験してきたことから子育ての大変さは身を持って感じてきました。特にママは家事、育児、仕事と毎日休みもなく働き続け自分の食事すらゆっくり出来ないという方がたくさんいます。そんな頑張っているママ、パパ達を応援したいと思いオープンしたのがハレの日カフェ fleurs de cerisier(フルール・ド・スリジェ)です。

《移転前の前橋の店舗》


私たちの商品・お店のこだわり

ハレの日カフェはママやパパがゆっくり食事を楽しんでいただくことを目的としたカフェです。そのためには子供たちが長時間飽きずに遊べる環境が必要だと考え、ただ小さなスペースに遊具を置くだけのスペースではなく遊べる部屋、つまり『大型のキッズルーム』を作りその中にイートインスペースを設けるというスタイルを作りました。

そうすることにより子供たちは飽きずに長時間遊べママ、パパはその間にゆっくり食事や会話を楽しんでいただけます。

またカフェスタッフには保育士もいるため子供たちへの気配りにも配慮しております。

食事は子供メニューはもちろん、アレルギーをお持ちのお子様にも安心して口にしていただけるようアレルゲンフリーのメニューもご用意しています。

《渋川市に移転後の新店舗キッズルーム棟》

《アレルゲンフリープレート》


さらに誕生日などの記念日にはお好きなイラストをお皿に描いてお祝いするサプライズプレートもご用意しております!


リターンのご紹介

リターンはご支援をしていただいたご本人様に限らせていただきます。

ただし記念日サプライズプレートはお祝いする方を問いません。

ご支援をしていただいた方は専用パスポートを発行させていただきます。

サプライズプレートのイラストはご指定いただけます。


プロジェクトで実現したいこと

毎日、仕事や家事や育児で頑張っているママやパパがハレの日カフェに来ることで日常の慌ただしい生活から解放され心身ともに癒され、ママ友、パパ友同士で情報交換や交流が出来る場所を提供したい。群馬発祥で日本を代表する子育て応援カフェとなること。


資金の使い道・スケジュール

大人も子供も幸せを感じてもらえるような癒し空間を目指すことを目的として使用。

よりお客様に満足していただけるよう当初、予定していた店舗面積の拡張、及び設備・内装。

お子様から離れてゆっくり大人の時間を過ごせる別棟をオープン予定です。

その際にかかる内装工事費用および設備費用の一部に補填させていただきます。

内装工事費用300万

設備費用100万

《出店予定の建物》



最後に

このご支援をきっかけに群馬発祥のハレの日カフェ fleurs de cerisierを子育て応援カフェとしてより多くの地域に広めて行きたいです。

群馬県渋川市有馬145-6 ARIMA BACE101

営業時間11:00~21:00




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください