2019年9月にポーランドで開催されるAPEXの世界大会に参戦します。私たちのチームは国内ランキングで1位‐3位までを独占している強豪チームです。世界大会でも必ず結果を残せる自信があります。そのためには、充分なサポート体制や、渡航費用などが必要です。どうかみなさん、力をお貸しください。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

AKIHABARA ENCOUNT APEX部門 HandmadePotionです。
今年の夏、APEXの世界大会がポーランドにて開催されることが発表され、幣チームが招待されました。
毎日15時間以上の練習を重ね、海外でも通用するだけの実力を身に付けました。今回の大会でもかなり良い成績を残せる自信があります。

ところが問題がひとつ。参加費問題です。

APEX LEGENDSは3人1組で行うゲームです。また開催地が海外であり、渡航費だけでもかなり高額です。
選手全員学生であり、未成年もいます。自分たちだけではどうしても賄えない金額です。
そのため、皆さんのご支援が必要です。

サポーターとして、私たちを支えてください。

ホームページやTwitterも併せてご覧いただければ幸いです。


https://twitter.com/HandmadePotion

https://twitter.com/AKIBA_ENCOUNT?s=17


資金の使い道

目標金額120万円の内訳
交通費 4人で100万(選手3名、保証人1名)
ホテル代 4人4泊10万
飲食代 4人、5日間8万
大会参加費 約2万円

※選手に未成年(17歳の選手が一名、両親同意済)もいるため、同伴者の費用も含みます。
 大会規約上必要になります。



大会について

今最も人気のあるバトルロワイヤルゲーム "APEX LEGENDS" 初の大規模世界大会です。
3人1組で20チームの内、最後まで生き残ったら勝利というゲームです。
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/news

今回の大会は、最大80チームが全世界から出場してきます。

現地時間9/13から3日間に掛けて行います。

賞金総額50万USドル(5000万円相当)、優勝賞金が10万ドル(1000万円相当)です。

賞金情報
以下、ページ内の一番下のAPEX LEGENDS PRESEASON INVITATIONALです。
https://www.ea.com/games/apex-legends/compete/overview?isLocalized=true#prizes



実施スケジュール

クラウドファンディング開始

9月13日~9月15日APEX LEGENDS PRESEASON INVITATIONAL参加

9月18日 選手帰国

9月22日 クラウドファンディング終了

10月以降リターンの発送開始



選手について

現在のゲーム内ランキングが以下になります。

Alelu選手   日本1位 世界13位
Leia選手    日本2位 世界15位
Sapoten選手 日本3位 世界36位

基本毎日9時から24時まで練習しております。ランキングの試合数を見るに練習量は世界1位です。



選手のメッセージ

「Alelu」

私は現在大学4年で本来なら来年就職です。
私は就職を見送ってesportsの世界で活躍したいという強い意識がありますが、両親には反対されており、実現は難しい状況です。
本大会で結果を残し実力を示すことができれば、引退までの猶予を伸ばせると確信しております。
上記のような事情があり、私達はこのチームでこれからも活動を続けるために毎日15時間以上の活動を重ね、世界大会への切符を手にすることが出来ました。
世界中のtopプレイヤーと腕を競い、私達の実力を試したいです。
必ず今後の活動の為の多大な経験値を得て来ますのでご支援の程よろしくお願い致します。

「Leia」

来年の3月までに選手として結果を残さないとゲームをやめると両親に約束し決めたのでこの数少ないチャンスを逃したくはないです。
僕たちがこの大会で結果を出して応援してくださっている方々に「今まで応援してきてよかった、これからもがんばってくれ」と絶対に思わせます。支援のご検討よろしくお願いします。        

「Sapoten」

チームメンバーの都合上このメンバーで出る最後の大会になるかもしれないので絶対に出場して結果を残して、またこのメンバーで次の大会に出場したいです。
そして自分たちが本気で熱くなって、本気で練習してきた成果を世界の舞台で確かめたいです。
ご支援のほどよろしくお願いします。



最後に

我々運営陣も、部門設立から誰よりも一番近くで選手達の活動を見守ってきました。
時には意見が食い違い、互いに想いをぶつけ合ったこともあれば、日が登るまで試合の反省会を行った夜もありました。
選手達と密接な関係でここまで歩んできたからこそ、我々には「こいつらならやってくれる」と確信があります。
彼らの血のにじむ様な努力を実らせ、日本のe-sports界を牽引する存在になれるようご支援の程よろしくお願い致します 。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください