はじめに・ご挨拶

神戸市西区の認定NPO法人ぱれっと・デイサービス事業所の川田と申します。
この度は、私たちのプロジェクトをご覧頂きありがとうございます。

私たちは、高齢・障がいに関わらず、誰もが住み慣れた場所で豊かな生活をいつまでも送れる社会を目指して、福祉に関する事業を包括的に行っている、神戸市の認定NPO法人です。
(昨年は、就労B型事業所の竹プロジェクトへのご支援ありがとうございました!)

今年は春先から新型コロナの対策で、移動支援やデイサービスのご利用自粛、イベントの中止など難しい状況が続いていますが、利用者さんやご家族さんにも助けられ、なんとか運営を続けております。

もちろん、このコロナ禍においても、利用者の皆様の生活が止まるわけではありません。
むしろこんなときだからこそ、ぱれっとにできることがあるはず。
そんな思いで今回の「共生型図書館デイサービス」プロジェクトを立ち上げました。



「共生型図書館デイサービス」

テーマは「もっとつながる地域の居場所」。
地域の方にも気軽にご利用いただける「図書館」を目指しています。

「本」を媒介にして、デイサービスの利用者さん同士や職員のみならず、地域の方もつながる。そんな空間をつくりたいと思っています。

▲図鑑、絵本、小説、美術書…様々な本を集めます。


▲利用者さんや職員で、毎月「司書」担当を決めて、「今月の棚」を作ります。「お気に入りの本を集めた棚」を通して、その人のキャラクターや考えてを知ることができます。

▲新型コロナ対策として、天気の良い日は事業所前の駐車場で「青空図書館」も開催予定!このための「移動式本棚」も作ります。


▲「豆本(ミニチュアブック)」づくりワークショップを開催予定!

▲設計・開発は、国立明石工業高等専門学校の石井君をはじめ、大塚研究室所属の学生さんにご協力いただいています。2020年12月現在、ひとまず試作の本棚を設置中。


▲職員がお気に入りの一冊を紹介する「ぱれっとラジオ」も、先行して配信中。バックグラウンド再生ができるの、ぜひぜひお聴きください。
(もちろん無料! 再生はこちら▶ https://note.com/npopallet )


新型コロナ感染症収束後には、カフェも設置予定。皆様お気軽にお越しください。



プロジェクトを立ち上げた背景

ぱれっとのデイサービスは、介護保険のデイサービス(通所介護)事業所として、2006年4月にスタートしました。

デイサービス(通所介護)とは、身体機能の低下を防ぐために活動したり、社会的な孤独や認知症を予防のために相互交流を行うサービスです。

「介護保険のデイサービス」と聞くと、「お年寄りがたくさん集まっている場所」というイメージを持たれるかもしれません。
でも、ぱれっとのデイサービスを利用されているのは、50・60代の方がほとんど(最高齢の方で72歳)で、とても「若い」デイサービスなんです。


実は、40歳~64歳の方であっても、脳血管疾患や関節リウマチといった16種類の特定疾病を患い介護が必要な状態になると、基本的に介護保険によるサービスを受けることになるのです。
(65歳以上で介護保険のサービスを利用されている方が「1号保険者」と呼ばれるのに対し、40~64歳の比較的若い方は「2号保険者」と呼ばれています)。


最近でこそ、そういった二号保険者の方を主な対象とした、身体機能の回復に重点を置くデイサービス(いわゆるパワーリハビリテーション=「パワリハ」)が多いのですが、

ぱれっとでは、そもそも「身体機能を回復したい」と思えるよう、生きる目的づくりや生きがいづくりを考える精神的な居場所になりたいという思いから、人と人の交流を大切にしたサービスを行っています。

ちなみに、高齢者向けの介護保険によるデイサービスと、障害をお持ちの方向けのデイサービス/生活介護は、制度上本来別なのですが、ぱれっとでは2020年神戸市から認定をいただき(神戸で3番目!)、年齢や障害に関係なく同じように受け入れられる「共生型デイサービス」となりました。


これを機に、法人理念である「インクルーシブ」(誰も取り残さない)な社会の実現に向けた取り組みを加速したいと考え、今回の図書館カフェプロジェクトは始まりました。

▲私たちぱれっとのデイサービスにできることを、何度も何度も職員で話し合ってきました。



資金の使い道・実施スケジュール

共生型デイサービスは地域にとって不可欠な施設であるとの認識から、一刻も早くオープンするために今回の募集と並行してリノベーション作業を行っています。
しかし、正直財政に余裕がないのが現状…。皆様からのご支援は、図書館カフェ整備のための本棚材料費、備品購入費、壁紙張替え費用に充てさせていただきます。

(スケジュール)
2021年1月~2月 本棚づくり。
2021年2月 壁紙張替え実施。
2021年3月 共生型図書館カフェデイサービスオープン。



最後に

「新しい生活様式」ニューノーマル。

私たちのデイサービスも「新しい普通」をつくっていきたいと考えています。
今回のプロジェクトがそのきっかけになれば、と信じてやみません。


応援のほどよろしくお願いいたします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※本ページに使用している図書館カフェの完成図は、あくまで現時点でのイメージです。壁紙の色や本棚の形状など、変更になる可能性がありますこと、ご了承ください。

======================

個人が非営利の特定の法人に対し、事業に関連する寄附をした場合には、 所得税(国税)の計算において、寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けられることがあります。税制上の優遇措置がこのプロジェクトにあるかどうか、また優遇措置の試算の詳細は認定NPO法人ぱれっと(担当:カワダ)までお問い合わせください。

※「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当法人が発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。

※領収証はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当法人が発行・郵送いたします。

  • 2021/02/15 16:24

    こんにちは、認定NPO法人のぱれっとです。今進めている「図書館カフェ」のプロジェクトについて、神戸新聞に掲載されました。2/14付けの神戸新聞神戸版に掲載されていますが、web版にも記事がありました。(会員限定ですが…)https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/2...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください