作り手と読み手の共通点は、小学校入学前の子どもを育てるママであること。地域の子連れオススメスポットやイベントとまとめたカレンダーなど、自分たちが知りたかった情報を発信するフリーペーパー。乳幼児健診やこども園を通して配布し、児童館に行かなくても、SNSをしなくても手に届く仕組みを作ります。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。
日本の真ん中くらい、岐阜県中津川市、恵那市、瑞浪市に暮らす母親たちが中心となって制作する『ママがつくる、ママが読みたいフリーペーパー(タイトル未定)』編集部の太田礼子です。
私は、2017年春、長女の小学校入学を機に、夫の実家である岐阜県恵那市岩村町に嫁ターンしました。引っ越してきたばかりの頃、子どもと一緒に行ける公園さえわからない。教えてくれる友達もいない状況に、寂しさよりも恐怖を感じました。
これからずっと暮らしていくであろうこの地で、ともに笑いあえる仲間、ともに成長しあえる仲間を作らなければ、活き活きと年を重ねられないのではないか?
そんな想いから、子育ての知恵を学びながら仲間づくりをする子育寺子屋ミチクサ塾や、私の好き身近な困り事をかけ合わせて小さなお仕事を生みだすえなナリワイプロジェクト(Facebookblogを立ち上げました。子育て期は無料のイベントが多い中、有料の講座に参加するママたちは、アンテナ感度良好!自ら行動できる人たちでした。
しかし、それはこの地で暮らすママたちの、ほんのひとにぎり・・・。
ほとんどのママたちには、イベント情報さえ行き渡らないのが現状です。

そこで、「フリーペーパーをつくって、行政機関に配布協力してもらえたら否が応でも手元に届くなぁ」とつぶやいたところ、恵那に来て2年半のうちに知り合った仲間が「一緒にやろう!」と名乗りを上げてくれました。

私たちは、2020年1月にフリーペーパーの創刊を目指しています。

編集スタッフは、嫁ターンのデザイナー、地元のカメラマン、そして、編集は未経験でもチャレンジしたい!と集まったママたち。

フリーペーパー制作を通して地域の子育て層が繋がり、足元に転がる地域のオモシロイに気づき、まず、私たち母親が、暮らす地域を好きになることから始まります。

 



こんなフリーペーパー作ります!

ママのリアルを伝えるフリーペーパー

「遠出しなくても、楽しめるね!」を伝えます。

B5サイズの8ページ冊子。
◎表紙:エリアのオススメスポットを紹介
◎1-2P:未就学児ママが気になる特集記事(創刊号の特集は子連れママの新年会を予定)
◎3-4P:2ヶ月分のイベントカレンダー(たくさんのイベントの中から編集部目線で切り取ります)
◎5-6P:広告・ママが働きやすい求人情報
◎裏表紙:表紙スポットの詳細、普通な人のスゴイとこ紹介、編集後記

▲台割はこんな感じです。


まだまだ構想段階ですが、特集記事で取り上げたい内容をいくつかご紹介。

創刊号は【子連れママたちの新年会プラン】
中津川市・恵那市・瑞浪市で、子連れでもワイワイ楽しめるお店や「こんなやり方もあるね!」をご提案します。
3月号からは、
・入園準備どうする?
・入園式・卒園式・入学式、ママは何を着る?
・小さいうちから始められる習い事
・寒い!暑い!を解消、室内あそび場
・子どものもの、家族のもの、お片付け方法
・働くトーク「こんな働き方をしたい!」&求人情報
・子どもの病気Q&A、病院口コミ情報
などなど、

忖度でなく、ママたちが知って嬉しいリアルにこだわった特集をお届けします!


こんな人たちと作ります!

▲堀 洋美(限界集落に暮らすフォトグラファー:恵那市在住) 
 blogはコチラ


▲原 房枝(2019年春に嫁ターンしたデザイナー:中津川市在住) 
 これを読んだらどんな人かわかっちゃう!『なかつが話』の記事


▲嫁ターンの保育士。2才、0才の子育てに奮闘中。中津川市在住


▲カウンセラーコンビ。中津川&瑞浪在住

and more...

「一緒につくりたい人」、まだまだ募集中です!!




私たち、こんなところで暮らしてます。

岐阜県恵那市は、名古屋から電車で1時間ほど。
「なんにもない」とよく言われます。
「就職先がないから、帰ってこんでええ」と夫が両親から言われたように、
いつか私も、娘たちに同じセリフを伝えるんだろうか。

・・・それはいやだ。

だって、
「なんにもない」って、
ここで育った子どものことも、
ここで暮らす人たちのことも、
もちろん自分のことも否定しているように感じるから。


そんな、なんにもない(かもしれない)地に嫁ターンした私の夢は、
「ママは、ここで楽しく生きてるぞ!」と子どもたちに見せつけることです。


なので、
私は楽しいこと探しのアンテナは常に高く張っています。
だから、面白そうなイベントや人の情報は集まってくるようになりました。


私もイベントを主催するようなって、ある時ママ友から言われました。

「こんなイベントやってたの知らなかった。SNSやってないから見れないよ。」

そうか、これがこのエリアの実状。
本音は「情報くらい、自分で取りに行ってよ!!」ですけれど・・・


情報を取りに行かない人も含めて、
「みんなの手に届く、あえて紙媒体を作りたい!!」
という想いに賛同してくれたママたちと編集部を結成しました。

▲「はじめまして」の人たちが繋がるランチミーティング。

 



フリーペーパー制作が、
人をつなぎ、暮らす地域で居場所と役割を持つ。

初回の編集会議には、地元企業の経営者が応援に駆け付けてくれました。
後から到着したママさんが
「え?私、場違いじゃないですか??」と戸惑います。

小さな子どもと過ごす日常で、経営者と出会う機会は確かに少ない。

きっと、
このフリーペーパーは、いつも会わない人と出会う機会になる
嬉しい副産物です。




ママがフリーペーパー編集部で活躍すると・・・

いろんな人に出会える
 (多様なキャリア・特性を持った編集部メンバー、取材先、広告掲載企業など)

家庭や学校区以外の居場所ができる
 (メンバー同士認め合う場)

自分の役割ができる
 (自分のできることをフリーペーパーに活かす)

地域の情報収集力アップ
 (面白い情報をキャッチするアンテナ感度が上がる)

できることが増える
 (ライティング、カメラアングル、PC作業など、編集作業で鍛えられる)




編集部・読者・地元企業が繋がって

広告費から編集部にも少額であっても制作費を支払い、広告掲載によって地元企業での買物が増加する。
フリーペーパーは、小さな経済循環も生みだす(予定です!)。 

▲フリーペーパーを取りまく関係図



編集部と読者は、【未就学児の子どもを育てるママ】という共通点

◎読者は、自ら情報を探しに行かなくとも、乳幼児健診やこども園を通じて配布し、フリーペーパーが手元にやってくる。
◎読者は、リアルな子育て情報を得られる。
◎読者は、作り手が自分と同じ子育て中であることに刺激され、自らも編集側になろうと思う(と、いいな)。



資金の使い道

支援頂いた資金は、創刊号・次号以降の発行資金及びリターン送料に使用します。

◎印刷費(毎回6,000部印刷予定)

◎取材・編集費(取材・編集時に発生する諸経費)

 2020年1月創刊予定。その後、奇数月に発行。



リターンについて

①【ワンコイン応援プラン】500円
 サンキューメール


②【ガンバレ!応援プラン】 3000円
 創刊号へのお名前掲載(希望者のみ)+創刊号1冊+直筆お礼の手紙
 ※創刊号への名前掲載について(希望する・希望しない)を記入し、希望する方は備考欄に掲載するお名前をご記入ください。


③【ガンバレ!もっと応援プラン】5000円
  創刊号へのお名前掲載(希望者のみ)+創刊号5冊+直筆お礼の手紙
 ※創刊号への名前掲載について(希望する・希望しない)を記入し、希望する方は備考欄に掲載するお名前をご記入ください。 


④【ガンバレ!もっともっと応援プラン】10000円
 創刊号へのお名前掲載(希望者のみ)+創刊号10冊+直筆お礼の手紙
 ※創刊号への名前掲載について(希望する・希望しない)を記入し、希望する方は備考欄に掲載するお名前をご記入ください。


⑤【子育て層向け広告掲載(小)プラン】25000円
 創刊号に広告を掲載します!(B5 1/4ページ)+創刊号10冊+直筆お礼の手紙
 ※10月末までに、写真及びテキストデータをいただき、編集部にて作成いたします。
 ※掲載データ授受については、クラウドファンディング終了後に連絡いたします。 


⑥ 【子育て層向け広告掲載(大)プラン】40000円
 創刊号に広告を掲載します!(B5 1/2ページ)+創刊号10冊+直筆お礼の手紙
 ※10月末までに、写真及びテキストデータをいただき、編集部にて作成いたします。
 ※詳細は改めて連絡させていただきます。


⑦【編集部企画:ママのリフレッシュプラン】3000円
 1日限定!中津川市のおひさま保育園にて0~2歳までのお子さまをお預かりします。
 毎日頑張るママに自分時間をご提供+創刊号1冊+直筆お礼の手紙
 ※備考欄にお子様の生年月日をご記入ください。
 ※お預かりは月~金の9:00~17:00のうち5時間程度。詳細は追って連絡いたします。


⑧【編集部企画:ママのためのお茶会&プチ心理学講座プラン】3000円
 親子問題専門カウンセラー西尾優による、子連れOKのお茶会です。
 日々の悩みを話してスッキリ!参加者の話を聞いて新たな気づきが得られるかも?!+創刊号1冊+直筆お礼の手紙
 ※10/23、11/20、12/18からお好きな日にちをお選び備考欄にご記入ください。(時間 10:00~12:00  会場 恵那市長島町1-11-2 ZETHモデルハウス)
 ※お茶代は不要です。会場までの交通費はご負担ください。
 ※西尾優のblog  


⑨【編集部企画:0~5才のキッズモデルプラン】8000円
 2020年に発行するフリーペーパーで1回表紙及び特集記事のモデルとして登場いただきます。
 プロカメラマンによって撮影された写真データ(10枚程度)を後日お渡しします。+創刊号1冊+登場された号10冊+直筆お礼の手紙
 ※表紙は、基本お子さま単独の写真となります。
 ※特集記事は、お子さまとお母さまの表情も撮影させていただきます。
 ※モデルとしてご登場いただく号は、特集の内容合った年齢のお子さまにお願いさせていただきます。季節のご希望に添えない場合がございます。
 ※撮影場所は、中津川市・恵那市・瑞浪市内です。
 ※備考欄にお子さまの年齢をご記入ください。


⑩ 【編集部企画:子育てカウンセリングプラン】10000円
 心屋認定カウンセラー佐藤昭子による、60分のカウンセリングです。
 子育ての悩み、夫婦の悩み、今困っていることなど、テーマは自由です。
 瑞浪市の自宅サロンにお越しください。+創刊号1冊+直筆お礼の手紙
 ※開催日はご希望に沿います。備考欄に第3希望まで日時をご記入ください。追って連絡いたします。
 ※サロンまでの交通費はご負担ください。
 ※佐藤昭子のblog

 


実施スケジュール

2019年8月~ 編集部発足。紙面打合せ。引き続きメンバー募集中!

2019年12月  創刊号(2020年1月号)完成。配布準備。奇数月発行。



SNSや広報誌に代わる、未就学児ママ向けのフリーペーパー

はじまりは、受動的でも情報が届く仕組みとしてフリーペーパーを作りたい!と思ったこと。

けれど、ふたを開けたら、楽しいのはきっと編集部。
この地域に何があるか、どんな人がいるか、どんな事があるかを知るところからスタートです。

なんにもない(かもしれない)田舎町で、とことん楽しい【ママライフ】を送ってみようじゃないの!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
どうぞ、ご支援よろしくお願いします!!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください