南の島、石垣のアーチェリー人口ゼロの中から初めた川原壯太が、5年後、アーチェリー人口12,000人のトップ、日本一(今年2月の全日本室内アーチェリー大会)になった。短いアーチェリー経験から、人一倍多い練習量で目指す大舞台、2020年夏の東京出場。皆さんの力で喜びを共有したい。

プロジェクト本文

『揺さぶられない魂』への挑戦

石垣島の八重山商工高等学校から日本体育大学に入学し、練習を積み、大きな大会で結果が出始めた、この1年。ついに2月の全日本室内アーチェリー大会で優勝し日本一となる。しかし、この道のりは決して平坦ではなかった。

石垣島からの進学で、多額の学費、生活費、そしてアーチェリー活動費がかかる。親に負担をかけまいと、時には夜中2時までアルバイトをしながら、睡眠時間を削りながら練習に打ち込んだ。(現在も2種類のアルバイトを掛け持ちながら、部内一の練習量)

思えば、2018年の全日本室内アーチェリー大会は予選64名中、62位というとても悔しい結果で予選落ち。しかし、それがあったからこそ、この一年、自分を鍛え直す事が出来た。

そして一年後の今年2月。第28回全日本室内アーチェリー大会で、決勝戦まで勝ち進んだ。

相手のリードでポイントが取られて行く。この試合では、矢を3本ずつ交互に射ち、6ポイント先取で優勝が決まる。しかし、次もまた次も、次々とポイントが取られ最悪の境地に立つ。1対5と成ってしまった。あと1ポイント取られたら負ける。

この瞬間。これから何が起きようとしているのか、観客の応援も、ざわめきも何もかも全ての音が消え、耳から入って来なく成った。すると自分の夢である東京オリンピック出場が、自分の中で増々大きく成り、『極限の集中力』が沸き立ち、それからは、私の手から射たれる矢は、ど真ん中へ突き刺さって行く。

そして5対5の同点。最後はシュートオフと言う、1本の矢の得点で勝負が決まります。集中力を極限まで研ぎすませて臨みました。相手が先に8点を射ち、次に私が射ち9点で勝利。優勝し日本一と成りました。


自己紹介

こんにちは、川原壯太です。現在、アーチェリーで2020年夏の東京を目指す為に在学中の日本体育大学で、日々練習に取り組んでいます!2020年夏の東京を目指してから、大学での練習量は誰にも負けません。

アーチェリーは、70m先の的に72本射ち、その合計点で競い合う競技で、集中力、精神力が特に問われるスポーツです。70m先の的に飛んで行く矢は、とても見応えがあります。ところが、まだまだ競技人口が少なく、このアーチェリーの魅力を多くの人達、多くの子供達に知ってもらいたいと考えています。私が小さな島からここまで来たのは、アーチェリーに出会ったおかげです。

2020年夏の東京に出場し、努力をすれば必ず夢は叶うと言う事を実現し、その経験と知識を活かし、アーチェリーの普及、発展に貢献したいと思っています。

川原壯太プロフィール

1997年12月7日沖縄県石垣市生まれの21歳です。2016年3月に八重山商工高等学校を卒業しました。高校2年よりアーチェリーを初めました。現在、日本体育大学4年在学中、アーチェリー部所属です。

2015年 全国高校総体(インターハイ)アーチェリー 5位

2018年 東京都ターゲットアーチェリー選手権大会 優勝

2019年 関東学生アーチェリーインドア選手権大会 準優勝 

2019年 東京インドアオープン2019 優勝

2019年 第28回全日本室内アーチェリー大会 優勝 日本一

2019年 令和元年度国民体育大会第39回九州ブロック大会 個人一位


         

プロジェクトをやろうとした理由

全日本室内アーチェリー大会で優勝した実力を活かし、今年11月に行われる2020年夏の東京第一次選考会に向けて、数々の試合、遠征に行きたいと考えております。そして、来年3月の第二次選考会、4月の最終選考会と控えています。また、アーチェリーの弓や、その他の弓具はとても高価で、2020年夏の東京に向けて更なる調整をし、最高の状態で臨みたいと考えています。そこで皆様の支援を受け、アーチェリーに集中出来る環境で、石垣島から日本代表の選手となれる様、努力して行きますのでご支援を宜しくお願い致します。

            石垣島の朝日

 このプロジェクトで実現したい事

弓具、試合遠征費等、2020年夏の東京出場実現に向けての費用、100万円を皆様のご支援により調達する事。

資金の使い道

弓具 50万円、  試合(遠征費、エントリー費等) 50万円

最後に、2020年夏の東京に向けて

私にとって、今年の11月の第一次選考会に出場出来る基準点をそれまでにクリアーし、そして第一次選考会を突破し、第二次選考会を突破し、最終選考会で代表上位3名に内定されるまでが、大きな勝負です。そして石垣島から夢の2020年夏の東京に出場し、活躍する事が大きな目標です。是非皆さんの力をお借りし、子供達に夢を与えられる選手となる様、全力でがんばりたいと思います。応援宜しくお願い致します。

                                      川原 壯太

(注)本文中、東京オリンピックを『2020年夏の東京』と表現しています。

                                                  

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください