街に新しいイメージを付けたい!そんな思いから始まったプロジェクト。街にある大きな空き家を改良して、人が集まる拠点(冒険者ギルド)を作っています。今回は、その拠点の改良修繕への協力&冒険仲間となってくれる人を集います。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

このプロジェクトをご覧頂きましてありがとうございます。
企画を実行する私達の事を知って頂きたいので、自己紹介をしていきたいと思います。

【建物管理人件スタッフ】 
 小出 稔之(アダ名:のだまくん)

[所属]
 有限会社テスコ・プランネット 営業部長

仕事内容]
・街の老舗測量設計不動産事務所に所属
・野田市のお店イベント紹介サイト「のだまくん」管理人

   ↑           ↑
紹介サイト「のだまくん」キャラクター:のだま’s

【ムードメーカー件スタッフ】 
 戸辺 勇太(タンタン)

[所属]
 日本料理「しみずや」店主

[仕事内容]
・街の老舗料理屋さんの店主
手巻き寿司教室の人気講師


ギルドハウス野田

 [紹介]
  千葉県野田市にある空き事務所+空き家を改装した場所です。地図は→こちらクリックして下さい。

 [特徴]
 千葉県野田市の中心市街地にある昭和初期に建築されたレトロ感が残っている建物です。世界企業である
キッコーマン本社の目の前にあるのが特徴で、駅から10分程の場所に在り、現在は建物正面にある空間をフリースペースとして貸し出しています。
 広い敷地が建物奥にあるのが特徴で、露店風呂・二つの池・古い土蔵・和風な家屋が後ろに存在しています。一見しただけでは建物が全て見えないように建てられている為、中に入ると探検をしている様な気分になる場所です。

 [今後の予定]
  現在、敷地内にある建物の内で60%程が使用可能となっています。ですが、残りの40%が手付かずの状態で残っており使用されていません。この残りの40%部分に、昭和初期に建築された土蔵・和風の池・住居の中にある和風の部屋、などが残っています。
 この残りの部分の清掃と修繕を行い、ロケーションとして活用していく予定です。

 

☆このプロジェクトを通して将来実現したいこと☆

将来のゴールは「街に新しいイメージを付加する」事です。

今回のプロジェクトではその第一歩めとして、街に作ったギルドハウス野田の敷地内にある施設を
清掃・修繕します。

それを実行する事で、昔ながらの土蔵や庭園を含んだ一体型の施設を作ります。

あえて目的が定まっていない施設を作りだす事で、そのロケーションを利用したい人と、プランを集めて
自分達・企画者・街の人が楽しくて仕方がない!と思える活用方法を作り出します。

参加型の施設運営をする事で、

「来てください!」とアピールするだけではなく、

「行ってみたい!」と思ってもらえる印象を作って行きます。

この方法を繰り返し、将来の目的である「街に”行ってみたいと思う”新しいイメージ」を付加します。


【私たちの地域のご紹介】

私達がプロジェクトを行う街は、千葉県野田市、「チーバ君」の鼻先に位置している中規模都市です。
水と緑をウリにしていますが、農耕だけではなく商業が盛んな街として発展を遂げてきたのが野田市です。

世界企業のKIKKOMAN本社がある街で、古い歴史のある商店が多い事が特徴です。ふらっと立ち寄るお店の創業年代が江戸時代…なんて事がよくあります(゚o゚;;
昔ながらの商店街が生き残っており、手焼き煎餅屋や和菓子屋さんなどが多数残っています。

また、世界的に有名な忍者の先生や、後藤純男・高島野十郎といった有名画家が弟子をとっている武芸の街という顔もあったり(風の噂では、忍術を習う弟子の数が野田市の総人口より多いとか…)。
そして武芸だけでもなく、関東最大規模の中古車市場が存在している街でもあります。

古き良きは残りつつも新しさを取り入れるため様々な側面を持っている街、それが野田市です!


プロジェクトを立ち上げた背景

野田市と聞いて、みなさんは何を想像しますか?
枝豆・醤油?…最近では虐待などの事件があり暗いイメージが付いてしまいました。

2度とあんな事件は起きて欲しくないし、そんな暗い街を自分達の後の世代に残したくない!
明るく楽しいイメージを残したい!

その思いを実現していく為の第一弾として、イベントの様な一過性のものではなく、

野田市に行けば面白い体験をする事が出来る

という循環する仕組みを作りだす事にしました。

いくつか街で活動(後述)を行う中で、2つの欠片を手に入れました(°_°)

①街の中心市街地にあるレトロな邸宅(土蔵あり)

②レトロなお宝品達

私達は、
「この欠片を組み合わせて何か出来ないか?」
と考えました。

そして、企画した事…それは「人が集まりやすい拠点を作る事」でした。

なぜそのような企画を立ち上げたのかですが、二つの理由があります。

【①人が集まると様々な事が出来る】
街の明るく新しいイメージを作り出すには、多くの人が集まってくる必要があると思いました。
なぜかと言うと、人が面白いと思う事(イベントや、お店、商品、)は、人が生み出したものが多くあると思うからです。

くの人が集まる特別な場所を作りだせたら、集まった人達でもっと面白い企画が生み出されていく可能性があります。

【②仲間作りが目的の場所が無い】
ふと考えた事がありました。
ファンタジーの世界では、人は活き活きと楽しそうに過ごしているよなぁ、と。
武器や防具、魔法を覚えて強くなり、冒険者ギルドで仲間を見つけて冒険に行く
冒険でお宝を見つけたり、協力して強大な障害を乗り越えたり…とても楽しそう_φ( ̄ー ̄ )

でも、この世の中も同じ事のように思えます。

武器(資格)、防具(知識)、魔法(人脈)を揃えて冒険(仕事)に行く。
何だかいい感じです( ・∇・)

でも、何か足りない。比較表にして比べてみました。

なんと言う事でしょう…

冒険仲間を集める事が主目的となった場所が足りてない。
少なくとも今住んでいる街には無い。゚(゚´Д`゚)゚。
集まりやすい場所というのが、居酒屋やファミリーレストランしか無い(その場所は有りですが…)。

これらを解決する為に、「人が集まりやすい拠点=冒険者ギルド」を作るという企画を立て、中心市街地の空き事務所を冒険者ギルドに改装しています。

現在、ギルドの拠点機能として来客者用のフリースペース「ギルドハウス野田」を開放しました。

今後は、敷地内にある施設や設備を利用した下記の事業を展開していきます。

・土蔵というロケーションを利用した空間提供事業
・住居部分の和室を利用した撮影スタジオ事業

拠点をより魅力的な場所にしていく事で、街に対する最初の新イメージ付加戦略としていきます。


これまでの活動

・中古洋品店の大掃除手伝い

・中心市街地の空き事務所を、街の有志9名を集いDIYで改装。
補助金等を一切使わずに、自分達の力で掃除から内装までを行い、多目的スペースを作り出しました。
現在、そのスペースは「ギルドハウス野田」という名前で運営されています。

・野田市おもてなしマッププロジェクトにプロジェクトリーダーとして参加、ギルドハウス野田フリースペースを定例会議場所として提供。


資金の使い道・実施スケジュール


リターンのご紹介

ご支援いただけた場合のリターンは下記の通りです。

【当施設をご利用可能な方向けのリターン】



【当施設のご利用が難しい方向けのリターン】


最後に

プロジェクトのきっかけにも書きましたが、私達は「新しいイメージを作りたい」という思いを持っています。先人達の残してくれたものはとても偉大だけど、いつまでも頼れない。

楽しく、面白く、新しい、そんな企画をどんどん実行していきたいのです。

そして、今までの活動の中で、一つ分かった事は…

「人が集まった時のパワーの凄さ」

でした。

私達も個人では、動き方に限界がありました。
でも、仲間が集まったら…絶対に借りれない様な建物を借りる事が出来ました。

場所だけじゃなくて、知識や経験もシェアする事で、一人では出来ない事ができる可能性が生まれて…
今回、こうして企画を出すことに繋がりましたm(__)m

私達だけじゃなくて、皆さんの知識・経験・力が集まったら…

すごく魅力的なものが形になるのでは…!?と考えています。

是非、ご協力を頂きたいのです!
よろしくお願い致します!

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください