はじめに

ご覧いただきありがとうございます。

株式会社アグリ益子の代表の山田と申します。

弊社は、指定就労継続支援(A型)事業所を平成24年に設立し、障害者の方の就労継続を実現し自立した生活が送れるよう支援をしています。

指定就労継続支援(A型) とは、企業等に就労することが困難な方に雇用契約に基づき就労の機会や生産活動の機会を提供、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な支援を行います。 

前回のクラウドファンディングを通じて、私共のような小さな企業を応援してくださる方々のあたたかさを肌で感じることができました。

お蔭様で材質等の変更はありましたが、作業場に屋根をつけることができました。

天候に左右されず作業の効率も上がり、これも偏にご協力いただきました皆様のおかげです。

ご支援頂きました皆様には大変感謝しております。


解決したい社会課題


弊社では、利用者ひとりひとりの創造性やモチベーションを高めたり、組織活性化を促進したりするような就労環境を目指しています。
適切な休憩スペースがあることで、新たな価値が生まれやすく、仕事のスピードが上がるといった効果が期待できるといわれています。さらに、コミュニケーションの活性化も期待できます。

ですが、現在スタッフ含め30名ほどの方が休憩するのに、小さなプレハブで休憩をしていただいています。

現在休憩所として使っているプレハブ

内部の様子(入れる人数は10名ほど)10名ほどしか入れない上に、コロナ禍の中三密を避けるため各自車などで休憩をとっているような形となっています。


このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトは、現在利用されている方が過ごしやすい環境つくりをし、今後も受け入れられるように環境整備をすることが最大の目的です。

現状ですと利用者が少し疲れて休みたいときや、集中力が切れたときにリラックスするのは難しいです。
このような状態で作業を進めると、ミスが増えてしまう可能性もあります。

人数も増加し、このような労働環境を変えるべく、トイレや簡易的なキッチンを併設した休憩室を増設したいと考えております。ですが、国からの助成金ではとても足りません。

そこで皆様のお力をお借りできたらと、このプロジェクトを立ち上げました。

現在、アグリ益子では21人の障害者の方を雇用し、農作物の栽培や、廃棄物の分別といったリサイクル業を行っていただいております。

農作物の栽培では、実際に育てた作物は道の駅で販売もしております。
今年は弊社ファームで栽培中のブルーベリーを、真夏の太陽のもと甘く熟した時期に一粒一粒手作業で摘み取り、道の駅ましこ加工所のご協力により搾汁をし、ブルーベリー100%ジュースが出来上がりました。

また、ラベルには益子在住の陶壁家・彫刻家で日本画も手掛ける著名な藤原郁三画伯が、私共の活動に賛同してくださり、果実のみずみずしい姿を描いてくださいました。

本年度は限定100本を発売しておりますが、藤原郁三画伯の絵を基に趣向を変え、レイアウトを変更したり和紙を使ったりと年毎に発売していきたいと考えております。


また、無農薬や低農薬で生姜やらっきょう、トウモロコシ、落花生、じゃがいも、さつまいも、大根などを育てており、これらも地元の漬物屋さんや道の駅での販売を行っております。

たまねぎ畑に肥料をまく様子

利用者の方にとって大切なのは、農作物を育てて収穫をし、商品化される達成感や喜びを通して自己肯定感を高めること。自己肯定感を高めることで自信にも繋がり能力開発においても役立ちます。

今回リターンとして先程の藤原画伯の絵画、アグリ益子のブルーベリージュースや漬物とともに、事業所で働くみんなの笑顔と元気も届けたいと思っております。


リサイクル業では、資源物の分別、アルミ缶やペットボトルなどの中をすすぎ、アルミ缶の仕分け、ペットボトルのラベルをはがして分別などの作業をしてもらっています。

ハウスの中での仕分け作業

それらの作業場はキノコの栽培をするために作られたハウスの中での分別作業や、前回クラウドファンディングで実現したトタン屋根の下での作業となり、天候には左右されずに作業できるようになりました。

買取の基準も複雑化し、買取金額も下がったことで厳しい状況ではありますが、今後もリサイクル業及び農作物の栽培によって、個人の能力やレベルに応じて仕事を振り分け、職業能力の開発や訓練を行っていきます。


資金の使い道

休憩所の建設に730万円ものお金がかかります。

金額も大きく、国からの助成金では賄えません。ご支援して頂いた資金は、休憩所の建設費の基礎工事とクラウドファンディングの手数料に使わせていただきたいと思います。

工事費総額:約730万円
 【工事の内訳】基礎工事:約76万円
        木造加工取付:約320万円
        屋根工事:約73万円
        外壁工事:約89万円
        外窓工事:約57万円(6箇所分)
        内装工事:約54万円
        電気工事:約45万円
        運搬費:約15万円
諸経費:約109万(工事費の15%)
消費税:約83万


クラウドファンディング手数料:約15.4万円(100万集まった場合の14%+税)

利用者が適切な環境で働けるように、弊社が目指すべき就労環境になるためにはどうしても環境整備が必要となります。

どうか皆様のお力をお借り出来ないでしょうか。


実施スケジュール


1月31日 プロジェクト終了
2月中旬  リターン発送
2月下旬  休憩所着工
5月初旬    休憩所完成


リターンについて


>50,000円 【20点限定】
       益子在住の陶壁・彫刻家で日本画も手掛ける藤原郁三氏の絵画+お礼のお手紙
       (こちらの額縁は茶色ですが実際お届けする額は黒になります)

大きさは縦295×横222ほど

>30,000円 【20本限定】
        アグリ益子の100%ブルーベリージュース(1本)+お礼のお手紙

100%ブルーベリージュース500ml

>10,000円 利用者が育てた野菜で作った漬物セット(2,000円相当)+お礼のお手紙

>5,000円 利用者が育てた野菜で作った漬物セット(1,000円相当)+お礼のお手紙

>3,000円 お礼のお手紙

これらのリターンをご用意しております。

実際に利用者が育てた野菜や果物で作った商品や、藤原氏による絵画をお届けいたします際に、
アグリ益子のみんなの元気と笑顔も一緒にお届けできたらいいなと思っております。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


最後に

今回のプロジェクトを通して、地域の様々な障害を持った方の社会参加の可能性が広がります。さらに障害のある方の自立につながる能力開発も行い、受け入れ人数の増加も狙いとしています。

働きたくても働けない方々が働くことを諦めなくてもいいように、ハンディを抱えていてもそうでなくても、自立して働くことができる社会をつくるために、これからもアグリ益子は精進してまいります!

どうぞよろしくお願いいたします。


  • 2021/01/14 14:33

    初めての支援者様です!嬉しいです。ありがとうございます。栃木県も緊急事態宣言が発令してしまいましたが、皆様体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

  • 2021/01/05 14:56

    プロジェクトを立ち上げて1週間がたちました!お気に入りに登録して頂いた3名の方ありがとうございます。遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください