本をきっかけに旅に出て、私たちの人生は変わった!そんなカップルが人生初の電子書籍を作って旅に出る人を一人でも多く作りたい!仲間募集!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶🗺

初めまして!カップルで2年半旅している「世界幸せ探検隊(略称:せかたん )」だいご(33)&もか(28)です!

私たちは、1度沖縄で知り合って、2度目にタイで偶然再会したのをきっかけに、仲良くなりお付き合いをスタートして、そのまま約1年間かけて東南アジアからミャンマー、インド、ネパール、UAE、オマーン、キルギスタン、トルコ、ギリシャなど11カ国を旅しました。

世界を回って、世界中の文化に触れ、知れば知るほど、日本のいい所がたくさん見えてきた。そして、まだまだ自分たちは日本の事すらも知らないと言う現実にも気が付いた。

「もっと、日本の事を良く知りたい」

そう思うようになって、日本に帰って改めて自分たちの国「日本を知る」旅をする事にしました。

そして日本に一時帰国し125ccのバイク1台で二人乗りし、テントで寝泊まりしながら、10ヶ月間かけて47都道府県の日本一周旅を達成しました。

日本一周をして今まで気づかなかった、日本の文化や、各地の暮らし、国内でも起きている様々な問題(辺野古の問題、アイヌ問題、東北の震災復興の問題)に気づいた。

また、実際に足を踏み入れる事で知れた、地方の魅力や、日本各地によって違った食文化。自分たちの知らない生き方や暮らしをしている人たちとの出会い。

そこで得た日本の魅力を世界に伝えたり、世界の文化をより多くの人に知ってもらいたいという想いで、YouTubeやSNSでの発信にも力を入れ始めました。

そして現在、2019年4月末から台湾一周、6月から香港、7月に中国、8月〜9月にはラオス、タイへの東南アジア縦断の旅をしています。

旅は私たちに、かけがえのない素敵な人たちとの出逢いと、大きな夢を与えてくれました。

今回は、そんな私たちの人生を変えてくれた2年半の「旅」を1冊の電子書籍にまとめて、読んでくれた方の旅に出る小さなきっかけになるような本を作りたいと思って、プロジェクトを立ち上げました!


このプロジェクトで実現したいこと📕

・私たちの2年半の旅の経験を元に、誰かの一歩に繋がる1冊の電子書籍(Kindle)を作りたい

・ただの旅のヒストリー本ではなく、私たちのことを知らない人が読んでも心に響くような一冊にしたい

・本を作る過程から参加&公開型にして、本作りのノウハウを一緒に共有しながら、より良い本をみんなで作っていきたい

・そして完成した本を、より多くの人に届けたい


私達は、旅先で常に誰かしらにお世話になって来ました。ホームステイ、路上でのチップ、ヒッチハイク、その他沢山の応援を頂いてここまで来れました。その頂いた恩を、今度は本という媒体で様々な人の目に触れるカタチに変えて恩送りをしていきたいです。

ただ旅をして楽しかった〜で終わらせては勿体無すぎるくらい、貴重な経験を数多くして来ました。それを、今度は必要としている誰かに作って届けていきたいです。

そして、今回私たちだけが本を作って終わりというのではなく、今後同じような旅人が本を出したいと思った時には、電子書籍出版+クラウドファンディングという新たな形でみんなを巻き込みながら本を作れるという流れを作っていきたいと思います。

出版経験も無くて、クラウドファンディングの挑戦も初めてで、右も左も分からない私達ですが、必ずプロジェクトを達成させて、みんなの心にグッと響くような本を全力で作り上げて行きたいと思いますのでもし共感を頂けましたら、是非ともご協力の程、よろしくお願いいたします!



プロジェクトをやろうと思った理由📖

私たちがそもそも旅に出ようと思ったきっかけが「本」でした。

太ちゃんは「人生の地図(高橋歩)」もかちゃんが読んだのは「僕が旅に出る理由(日本ドリームプロジェクト)」

そしてその本をきっかけに旅に出て、二人は出逢い、二人の人生は大きく変わりました。

そんな人生を大きくハッピーに導いてくれた「旅」と「本」を通じて、もっともっと旅に出る人を増やしたい!日本のみならず、世界規模で物事を考えて、広い心と価値観を持つ若者を一人でも多く増やしたい!年齢に関係なく、もう一度挑戦してみたい!という大人も増やしたい。

ある人は言いました。「旅を旅で終わらせるな。その先を考えて旅をしなさい。」と。

本を作るというのは、私たちの場合でも旅を旅で終わらせずに、経験を生かして、後世に残り続ける一つのカタチであると考えています。

そして本というのは、その人の人生にたった数百円〜千円前後で触れられるという最高のツールだと考えています。

また、電子書籍であれば出先や旅行先にいてもかさばること無くスマートフォン1つでいつでも、何処でも読むことが出来ます。

後々には、製本された全国の書店に並ぶような本も作っていきたいと考えていますが、まずはインターネットを通じて気軽にみんなに読んでもらえる『電子書籍(Kindle)』にて作りたいと考えています。


本の内容に入れたい旅のエピソード🗒

📕『出逢いと再会〜路上パフォーマンスで二人の仲が急接近!?』

路上パフォーマンスとは、大道芸や、似顔絵、音楽など、その人の得意なことを路上で披露し、それを楽しんでもらえた人からチップをもらう行為の事です。太ちゃんはウクレレが得意です。とは言え、素人に毛が生えたレベルの腕前ですが、それでも根拠のない自信と熱意で、通りすがりの人の足を止めて、その日の食費くらいは稼げるほどに。そして、もかちゃんも出会った当時「私も何か路上でやりたい!筆文字なら出来る!」との事で、よく二人で一緒に並んでウクレレ&筆文字パフォーマンスをしていました。

そして、その稼いだお金で、食事に行くというのがいつしか二人のルーティンに。

路上は、お金を得るためだけのものではなく、面白い出逢いもたくさん作ってくれた。例えば、ご飯に誘われたり、現地の人のお家に招いてもらってホームステイさせてもらったり。お金以上のかけがえの無い貴重な出逢いを生んでくれたのが、路上でした。本には路上パフォーマンスをやってみたい人に具体的な路上での『稼ぎ方』や『心構え』そして路上から生まれた『奇跡の出逢い』のエピソードを盛り込みたいと思います。


📙『日本からのお手紙を届けに来ました〜お手紙から始まるご縁』

太ちゃんが一人旅をしていた頃、何か面白い事をしながら旅をしたいと思いついたのが『手紙』を届けながら旅をするという事。お手紙の内容は、日本で預かった海外で暮らす友人やホームステイ先だったファミリーに宛てた感謝のお手紙。

それらをこれまでに10カ国以上の国へ、15通以上届けてきました。二人旅になってからも、お手紙を届ける旅は続いています。

宛先が住所しか分からない、または住所不明で写真しか手がかりがないお手紙を、現地で聞き込みをしながら届けた。お届け先の相手は、私達のことは知らないけれど、お手紙を書いた人は以前に繋がりのあった日本人。『感謝の手紙』を受け取った人は、突然のお手紙にびっくりしてすごく喜んでくれました。一通のお手紙を直接届けることをきっかけに、私たち自身も届け先の方とより深く繋がれた。

『一歩踏み出す事で得られる出会いや感動』の物語を本で伝えたい。



📗『世界中のローカルの家に無料でホームステイ!?』

私達はカウチサーフィンという完全無料のサイトを通じて、ホームステイをしたり、年会費は4000円ほどしますがWorkawayというボランティアをする代わりに衣食住を無料で提供してもらえるサービスを使って、現地のローカルの家にホームステイした経験があります。

ローカルの家の暮らしを知るという意味では、どちらも費用を抑えながら、現地の人との交流を楽しみたい旅人にとっては持ってこいのサービスです。本では、実際に現地で滞在して感じた事や、苦労した話、サービスを使用する時に注意する事などをまとめたいと思います。


📚『現地の学校へ飛び込もう!』

私達は、旅先での出逢いから、キルギスタンの国立大学や、トルコのローカルの私立幼稚園や大学、ラオスのインターナショナルスクール、カンボジアの小学校などへ訪問し、現地の学生や、幼稚園児と触れ合い、現地の学生が日本の事についてどのように考えているのか、どんな教育システムなのかを直接肌で感じました。世界には日本の事を知りたがっている学校や学生が沢山いる事を知りました。

私達がなぜ現地の学校に行けたのか、学校に行ってどんな触れ合い方をしたのか、私達が受けた日本の教育との違いなどを、本で具体的に伝えたいと思います。


📘『SNS時代における新たな旅のやり方』

二人が出会って旅をし始めた頃は、貯金もある程度はあったのでお互い後先も考えず、ただ無我夢中で旅をしていました。しかし旅をして1年経った頃、お互いの貯金残高を見て、愕然としたのを覚えています。
一度日本に帰国をし、お互いの生きる道を考えた時に『日本の事をもっと良く知りたい』と思いました。

けれども貯金が今にも底を尽きそう。二人でリゾートバイトでもしてもう一度貯金を作ろうかと悩んだり、色々意見を出し合いましたが、やっぱり二人の行き着く結論は『いつも旅がしたい!』その一心で後先は考えず5万円の二人乗りバイクと、二人がギリギリ寝れる小さなテントを3000円で買い、日本一周の旅に出た。

そして1年間で11カ国周った時の写真やエピソードを盛り込んだ手作りのフォトブックを携えてそれを手売りしながら旅をする事にしたのです。

足らずのお金はその時々で、路上で歌ってチップを稼いだり、投げ銭制度のある生配信も積極的にやってお金を作りながら旅をしていた。

SNSでホームステイさせてもらえる人を見つけたり、カツカツながらも出逢いに恵まれた旅を続けられました。

何かを始めるために、やりたくない事もしくは、やりたい事とは関係のない仕事でお金を得て、そこから始める人も多いが、私達は『やりたい事のために、やりたいたい事をする』マインドで生きている。その方がやっていて楽しいし、パワーが120パーセント発揮出来る。

本では、その『やりたい事』を実現するために大切な『マインド』をお伝えしたいです。

そして、SNSの時代に、いかにうまくSNSを使って『賢く・お得に・充実した旅』をしていくか、具体的な方法を自分たちの経験を元に分かりやすくお伝えしたいと思います。

その他にも本では私達が実際に旅先で出会った『ぶっ飛んだ生き方』や『ユニークな生き方』をした人を紹介したいと思います。私達も、はじめはごく普通の会社員やアルバイトをベースとした生き方をしていたのですが、旅をする事で、より沢山の人の人生に触れて、旅先で出逢った『ぶっ飛んだ生き方をした人』から様々な生き方を学んで、徐々に価値観が変化していきました。

今回作る本では、それを読んだ人が『こんな生き方もあるんだ』と気づきを得たり、マインドブロックを外して『ちょっと挑戦してみよう!』とそっと背中を押せるような、数々のエピソードを盛り込んでいきたいと思います。


時代は平成から令和に変わり、終身雇用制度の崩壊、副業解禁、5G時代の到来における動画SNSが全盛期となり、YouTuberという新たな生き方の誕生によって、本当にやりたい事を仕事として生きていく為に、何をしたらいいか悩んでいる全ての人に、私たちの2年半の経験の全てをこの一冊にまとめ、本を読み終えた人が、何か行動を起こす、一歩踏み出す「小さなきっかけ」となるような本を作りたいと思います。


最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

もし、この想いに賛同して頂ける方は、是非ともお力を貸してください!

どうぞよろしくお願いいたします。


取材履歴

2017.06.17 NHK「旅旅しつれいします」に出演
出演時の映像はこちら(外部リンク)

2018.05.11 熊本人吉新聞社 夕刊に掲載
新聞記事はこちら(外部リンク)

2018.12.30 関西テレビ「ミヤネのナンバーワン」に出演
TV出演時の動画はこちら(外部リンク)


資金の使い道💴

出版社への支払い費用

出版費用 9.8万円

※出版費用には編集、構成、企画、デザイン、出版のために必要な手続きなどが含まれています


海外での滞在費(1ヶ月二人分) 合計 87000円

内訳:食費 1日の二人分 1500円 x 30日 = 45000円
   宿 1泊 1200円 x 30日 = 36000円
   消耗品等 6000円   

※本の製作に集中するため、1ヶ月みっちり安宿に引きこもって本の編集作業に徹します!



リターンに使用する費用 15000円

内訳:ポストカード購入費 3000円
   エアメール送料 3000円
   旅本原価(1冊800円x10冊)8000円


合計20万円




リターンについて✈️

『ただただ応援する!』コースはクラウドファンディングのことはよく分からないけれど、ただただ二人を応援したい!そんな人にオススメです。金額は1000円からお好きな金額を決めて頂けます。感謝のメッセージをお送りします。

Facebookアカウントをお持ちの方は『本作りの裏側大公開』コースをオススメします。電子書籍の制作の裏側を見れる非公開のFacebookグループにご招待します。金額は1000円からお好きな金額を決めていただけます。1000円以上のコースにはもれなく付いております。

6000円以上の支援で滞在先の国より手書きの感謝のエアメールお届けします。また、特別な方だけがご覧いただける鍵付きInstagramアカウントに1年間ご招待します。

10000円以上の支援で、本にお名前が掲載されます。日本一周中に手売りしていた旅本も付きます。

20000円以上の支援でランチに行く権利がつきます。(二人の飲食費はご負担お願いします)

30000円以上の支援で飲みに行く権利がつきます。(二人の飲食費はご負担お願いします)

50000円以上の支援で学校・職場・ご自宅へ伺って特別講演会を開きます。(※二人分の交通費はご負担お願いします)

100000円以上の支援で二人を24時間レンタルします。庭掃除、犬の世話、お店のお手伝い、ご希望があればYouTubeであなたの会社や活動をご紹介するプロモーション動画を作ります。YouTubeチャンネル開設のお手伝いや、アドバイスをします。

詳しくは、各それぞれのリターン内容をご覧下さい。

『全力で応援して頂く分、私たちも全力パワーでお返ししていきます!』

実施スケジュール🗓

2019年9月20日〜9月30日までクラウドファンディング募集期間

10月から約1ヶ月間本の集中制作期間
*制作期間は本の内容によって多少伸びたりすることがあります

年末もしくは年始に一時帰国予定です。ランチ・飲みに行く日時や場所は、要相談です。

2020年始めにKindleの電子書籍として一般発売を目指しています。

今回のリターンとして非公開のFacebookグループに入って頂けますと、発売前に本の内容の一部をご覧頂けます。


最後に📝

太ちゃんから皆様へ...

僕は旅をするまでは普通の会社員でした。いや、むしろ普通以下(?)とも言えそうな

超絶ブラック会社で4年働いていた。その時は、まだ旅にも出逢っていなくて、外の世界を全く知らない「井の中の蛙」状態だった。会社の人以外に、誰にも相談出来なかったのが本当に苦しかった。

その時、旅をしていたら、きっともっと他の働き方もあるんだ!と気づけただろうし、自分に合う仕事も世界にはいくらでもあると知れただろう。

年間3万人とも言われる日本の自殺者の多くは、社会のストレスから自分を追い込んだ結果だ。一歩間違えたら、自分もそうなっていたかも知れない。

そんな人も旅に出ることで、何か気づいたり、人生が変わることもある。旅とはいえ、長い旅をする必要もない。たった1日、いつもと違う場所へ行く。それも旅。そこから新たな出逢いが生まれ、気づきが生まれる。

よく、アイデアは移動距離に比例するとも言われる。2年半旅をして、地球一周分くらいの距離を移動した僕たちだからこそ、気づいた日本の良さと、深い闇。そして、同時に旅や世界の素晴らしさ。

その全てをここで1冊の本にまとめたい。そしてその本を必要としている人に届けたい。

そんな想いで、書いていきたい。それも、僕たち二人だけではなく、みんなのアイデアを取り入れて、みんなで一緒に一つの作品を創りあげたい。

世界を変えるような大きな事は出来なくても、せめて目の前にいる大切な人を救うような1冊になればと思って一生懸命想いを込めて書きたいと思います。


もかちゃんから皆様へ...

私は今まで、逃げてばかりの人生を送ってきました。転職を繰り返し、その度に自分探しをしてきた。

しかし、どこにも理想の自分は見当たらなかった。そんな時、ふと手にした一冊の本「僕が旅に出る理由」

この本には様々な旅人のヒストリーが描かれていた。旅人と言っても一人ひとり全く違う旅をしていて、自由に自分の思う旅をしている人がいる事に衝撃を受けた。いつかは出れたら良いなぁと考えるようになった。それから2年経った頃。私は初めて人生のどん底を経験した。自分の存在価値を感じれなくなり、生きづらさを感じていた。しかしふと、2年前に読んだ本の事を思い出した。

「世界一周に行きたい!」

深くは考えず、いや、考えられずに「ただ行きたい!」その想いだけで、片道の航空券をとって旅に出た。
旅を続けていくうちに、私は私らしさを取り戻していった。路上パフォーマンス、ホームステイ、ヒッチハイク、全てが新鮮で新体験だった。人の温かさを感じ涙を流した事もあった。逃げてばかりの人生だったかも知れないけれど、逃げるという選択をして今は良かったと思う。私は今まで生きてきた中で、今が一番幸せだと心から言える。

人生は逃げたっていい。自由で良いんだ。自分の人生は自由に決められるし変えられる。いくつになっても挑戦できるんだ。

同じように悩んで苦しんでいる人たちに旅という選択肢に気づいてもらいたい。

そんな想いで二人にしか創れない最高の一冊を一生懸命作りたいと思います。

皆さまの温かいご支援を頂けたら大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。


※本プロジェクトはAll- or nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合は計画が実行されません。

※本プロジェクトは手数料無料キャンペーン対象となってます。皆さまから頂いたご支援金の100パーセントが本を作る為の私たちの活動資金や皆様へのリターンに使用されます。

※本プロジェクトのSNSでの拡散は自由です!ご自身のSNSでどしどし拡散お願いします!

  • 2019/11/25 14:27

    この度はクラウドファンディングにて沢山の暖かいご支援を頂き本当にありがとうございました。皆さまから頂いたご支援で20万円を超えた分の余剰金をカンボジアで地雷除去活動及び地域復興活動をしている認定NPO法人IMCCD(国際地雷処理・地域復興支援の会)へ寄付いたしました事を報告させて頂きます。また...

  • 2019/10/05 03:14

    先月のクラウドファンディングでは、沢山の応援を頂きまして本当にありがとうございました!おかげさまで、なんとか達成して、先日達成したら二人で祝福の乾杯をしようねと約束をしていた「ディナークルージング」へ行って来ました。1日目で涙〜クラファンで本を出版したいカップルのリアルな想いの動画の中でも達成...

  • 2019/10/01 02:58

    今回のクラウドファンディングでは皆さまの温かい応援、ご支援を頂きまして本当にありがとうございました。おかげさまで、なんとか無事にプロジェクトが達成しました!このプロジェクトを始めた当初は6日間で20万円を集めるのは本当に、私たちにとって大きな挑戦であり、決して無理ではないですがとても、とても大...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください