「もし電車内で痴漢に疑われたら?」 無防備な状態で突然疑われ、無実の証明が難しい痴漢冤罪問題。皆さまからの温かいご支援により日本初のスマートフォン用アプリ「痴漢冤罪防止ナビ」開発プロジェクトの成功を目指しております。

プロジェクト本文

■企画背景

皆さまはじめまして、世の中の役に立つスマートフォンアプリを作るをテーマに活動しておりますDOJASS BROTHERSと申します。男性の皆さん、もし電車で身に覚えがないのに「痴漢」に間違われたらどのように対応しますか?

・謝る
・無視する
・否定して立ち去る
・話し合う

私はあの日、その答えが出ませんでした。
ーーーーー

2015年の冬、朝の通勤ラッシュ時に混み合うことで有名な電車に乗車中、それは私の目の前で起きました。

「やめてください、痴漢です。」

 

微かに聞こえるほどの、小さな声が聞こえてきました。

「やめてください、痴漢です。」

何度も同じ言葉を繰り返していました。次第に普通の大きさの声になって、他の乗客たちも気がつき始めました。

電車がターミナルの駅に到着すると、ホームに人がたくさん降りて行き、ようやく車内の状況が分かるようになりました。

そこには呆然と立ち尽くす50代ほどのスーツ姿の男性と、20代前半ほどの被害者と思われる女性が居ました。

集って来る駅員さん、発車時刻になっても出発しない電車。
ホームに出るように言われ、別々に話を聞かれる疑われた男性と、被害者の女性。

しばらく経った後、数人の警察官が来て、男性と女性は移動して行きました。

ーーーーー

身動きの取りづらい、混み合った電車内で行われる痴漢は許されない犯罪です。

目の前で痴漢被害にあった女性と、男性のやり取りを見ていた私の中に、そうした正義の気持ちを再認識すると同時にある不安な感情湧いてきました。それは


「もしあの時、自分が犯人だと疑われていたらどうすればよかったのか」


テレビや、インターネットで「痴漢に間違われたらこうすれば良い…」という内容を見たことがありますが、実際に痴漢冤罪の当事者になった時に記憶を頼りに正確に対応ができるか自信がありませんでした。

その後も気になって痴漢冤罪を調べる中で「痴漢に間違われた時に、どのように対処したか(話したか)」が重要で、特に周りに居た人や、どのような状況だったかを後から調べることがとても難しいことが分かりました。

スマートフォンアプリにより色々と不便な事が解消されているので、もしかしてと思い調べてみると、女性向けの痴漢撃退アプリはあっても、男性向けの痴漢冤罪に関する有効なアプリはありませんでした。

あの日、私が電車で見た痴漢容疑の男性が、冤罪であったかは分かりません。

ただ、もしもあの時、自分が痴漢に疑われた立場なら、誤解を招くような言動を言わない事や、相手に向かい合い誤解を解く事、記憶以外にやり取りの証拠を残しておくことは、大切な事だと強く思いこの「痴漢冤罪防止アプリ開発プロジェクト」を始めました。


■アプリ概要

日本初の弁護士監修による痴漢冤罪防止スマートフォン用アプリです。
痴漢に間違われた際に、有効な手順をアプリがナビゲーションしてくれます。


<機能>
・動画による映像、音声の録画機能
・弁護士監修の痴漢冤罪時のナビゲーション機能
・弁護士による痴漢冤罪時の対応詳細説明 

<想定価格>
360円 / Google Playにて

<リリース>
2017年3月予定

<動作環境>
スマートフォン Android OS 4.1以上予定

※すべての端末での動作を保障するものではありません
※画面は開発中イメージとなる為、変更となる場合がございます


■弁護士による監修

本アプリ開発プロジェクトに、賛同いただいた弁護士河瀬季氏による監修済み

<プロフィール>
コスモポリタン法律事務所所属。東京大学法科大学院 卒業。
上場企業からITベンチャーまで、各種企業の顧問弁護士などを務めながら、三菱東京UFJ銀行やソフトバンクグループなどの企業運営サイトで、法律関連記事の執筆や講演活動を行う。

弁護士による裁判例集の執筆に参加。弁護士タレントとしてADプロモーションに所属し活躍中。フジテレビ系「土曜プレミアム」(中居正広氏MC)出演。JAPAN MENSA会員。

2017年1月31日に、株式会社 自由国民社より、「デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル」を出版。
https://www.amazon.co.jp/dp/4426121981

<弁護士 河瀬季サイト>
http://tokikawase.info/


■アプリの使い方

1.アプリ起動
2.ナビスタートボタンを押下
3.動画撮影を開始
4.ナビに従って対応を開始

※緊急時に使用するので、アプリアイコンはなるべくスマートフォンデスクトップの、分かりやすい場所に配置することをお勧めします。


<簡易説明イメージ>
 

■リターンについて

支援して頂いた方に、感謝の気持ちを込めたリターンをご用意させていただきました。
下記のリターン項目から選択して支援頂けますと幸いです。

【3000円】
支援して下さった支援者の方に
・サンクスメール
・製品版Androidアプリの無料ダウンロード
・公式ホームページに氏名(またはニックネーム)を掲載
・公式Facebookに氏名(またはニックネーム) を掲載

【5000円】
支援して下さった支援者の方に
・サンクスメール
・活動報告
・製品版Androidアプリの無料ダウンロード
・公式ホームページに氏名(またはニックネーム)を掲載
・公式Facebookに氏名(またはニックネーム) を掲載

【10000円】※限定10名様
支援して下さった支援者の方に
・手書きのサンクスレター
・公式ホームページに氏名(またはニックネーム)を優先して上位に掲載
・公式Facebookに氏名(またはニックネーム) を優先して上位に掲載
・サンクスメール
・活動報告
・製品版Androidアプリの無料ダウンロード

【30000円】 ※限定1名様
支援して下さった支援者の方に
・お礼の水彩アート
・公式ホームページに氏名(またはニックネーム)を優先して上位に掲載
・公式Facebookに氏名(またはニックネーム) を優先して上位に掲載
・サンクスメール
・活動報告
・製品版Androidアプリの無料ダウンロード

■いただいたご支援とアプリ売上の使い道

以下項目の予算として使用させていただく予定です。

・Android版アプリの開発費用
・iOS(iPhone)版アプリ開発費用※
・アプリのデザイン費用
・アプリの運用、メンテナンス費用
・アプリストアの登録費用
・アプリを知っていただく為の宣伝費用

 ※iOS版アプリはご支援の金額により開発可能か判断となる為、今回はリターンの対象外とさせていただきます。開発決定の場合は別途、ご報告させていただきます。

■最後に

冤罪は疑われると、やっていないことを証明するのが非常に難しく、その後の人生に影響を与える場合があります。

そのため痴漢冤罪は男性だけの問題ではなく、冤罪をかけられた方の家族や友人、恋人を含め男女共通の問題であると思います。

このアプリ開発プロジェクトを通して、皆さんと協力して痴漢冤罪の件数を少しでも減らしていきたいと考えています。

長い文章を最後までお読みいただいてありがとうございました。
皆さまのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください