Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

【開催大ピンチ】不登校の子ども達等が通うフリースクールの文化祭を開催したい!

現在の支援総額
274,500円
パトロン数
70人
募集終了まで残り
11日

現在137%/ 目標金額200,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/11/24 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

【ネクストゴール挑戦中!目指せ30万円!!】2019年11月23日に、フリースクールフェスティバルを開催します。フリースクールに通う子どもたちの文化祭です。開催は無事に出来ますが、安定開催と子どもたちの交通費捻出のためご支援よろしくお願いします!

「ネクストゴール30万円挑戦中!」10月29日に皆さんのおかげで目標達成しました!ご支援のおかげでフリフェスの最低限の開催がかないました!ですが手数料を考えるともう少し支援をいただきたいと考えています。フリフェスの安定開催をするために次の目標を30万円にしたいともいます!
30万円まで集まった場合の使い道は、フリフェスにかかる経費はもちろんですが、実行委員会に出てくれた子ども達への交通費にあてたいと思っています。ご支援よろしくお願いします。


はじめに・ご挨拶

 NPO法人フリースクール全国ネットワークの理事の前北です。私自身も元不登校児で現在はフリースクールネモ(千葉県習志野市)のスタッフをしています。

 NPOフリースクール全国ネットワークは全国のフリースクール80団体が繋がるネットワーク団体です。今回のフリースクールフェスティバル2019は実行委員会形式にて組織し、東京シューレ、フリースクールりんごの木、フリースクールネモ等のフリースクールが参加をします。実行委員会は随時募集中です。



実行委員長より

みなさんこんにちは!!!
普段フリースクールで過ごしている子どもたちが年一回、自由な発想で作り上げる文化祭!
フリースクールフェスティバル、略してフリフェスの時期が今年もやってきました!!
……と、言いたいところなんですがなんと今年は例年いただいていた助成金が出ないとなってさぁ大変!!僕たち子どもは今年もやるもんだとタカをくくっていたので寝耳に水でございます。「今年はやれないかもってマジ⁉︎」「今年で卒業のつもりだったから気合入ってたのに…」
だがしかし、そんな時一筋の光明が……!

「そうだ クラファン、しよう。」


というわけで今年のフリフェスは、
クラウドファンディングにて集めたみなさんのお気持ちに頼って開催させていただきたいと思っています。
みなさんのフリフェスを応援したいという気持ちが頼りです、元気玉みたいなもんです!
「オラに現金を分けてくれ…!」なんつって

はい、すみません。
ちょっとふざけてしまいましたがフリフェスを開催したいという思いは本物です。
なぜなら筆者は大変申し遅れましたが子ども実行委員長であり、今年卒業するメンバーの1人でもあり、何より気の合う面子と一から作り上げるフリフェスという文化が大好きだからです!!!!

フリフェスを開催できた暁には、必ず楽しいイベントになる事を約束します!
そしてその開催には、みなさんの応援が不可欠です!!
どうかフリフェス開催のクラウドファンディングへのご協力、
よろしくお願いいたします!!!!!!!


このプロジェクトで実現したいこと

 ずばりフリースクールフェスティバルの実施をさせてください。フリースクールフェスティバルは2001年から始まって今年で19回目のフリースクール合同の文化祭です。

 フリースクールフェスティバルでは「子ども同士が繋がる」「フリースクール同士が繋がる」「フリースクールに繋がる」の3つを目的にしています。

 具体的な取り組みとしては、「子どもが作る」「子どものイベント」です。内容から子どもが企画することが珍しいと思うのですが、フリフェスの大事にしている部分です。具体的に今年はこれをします!と言えない所が申し訳ないのですが、実行委員会を立ち上げ自分たちのやりたいことを形にしていくというのがこのプロジェクトで一番大切ですし、是非今年も実現したい取り組みです。

 内容は文化祭をイメージしてください。去年はお化け屋敷があったり、焚火カフェがあったり、駄菓子屋さん、軽食を販売したりしました!

今年も子どもたちの豊かな発想に期待しながら楽しいフリフェスをしたいと思っています!


プロジェクトをやろうと思った理由

 フリースクールは一つの団体の平均的な規模13.5人(文科省調べ)と普通の学校よりも小さく、また学校のように自前の自由に使える施設もなく、文化祭のようなイベントを一団体で行うのは難しいのが現状です。それでも、文化祭やイベントをしたいという気持ちは、学校外で学ぶフリースクール等に通ってきている子どもたちの中にも当然あります。その思いをフリースクール全国ネットワークでは是非叶えていき、誰かの何かのチャンスにしたいと考えています。

 また自分のフリースクールだけではなく、他のフリースクールとイベントを一緒に行う事で子ども同士の交流も生まれます。その交流はこのイベントだけでは無く、当然終わった後も続き、一つの団体だと行えないスポーツ活動や、交流活動に繋がっていって継続的な交流を行うためには非常に重要な取り組みです。

 フリースクール全国ネットワークでは、フリースクール同士の交流を進めていく活動としてこのプロジェクトを成功させたいと思います。


実施予定日:11月23日 場所:葛飾シューレ中学校

これまでの活動

2016「フリースクールフェスティバル2016 秋の陣!」

フリースクールの子どもたちが文化祭を企画し、東京シューレ葛飾中学校(東京都)を会場として、子どもシンポジウム、卓球、模擬店などの催し物を行った。また、翌年1月には音楽祭を単独で行った。

2017「ようこそ!僕らの遊び場へ」

 フリースクールの子どもたちが文化祭を企画し、東京シューレ葛飾中学校(東京都)を会場として、子どもシンポジウム、各種ゲーム大会、フリースクールの再現部屋、模擬店などの催し物を行った。また、翌年1月には音楽祭を単独で行った。

2018「あのねあのね フリースクールがあるの」

東京シューレ葛飾中学校(東京都)「文化祭」を行った。文化祭には実行委員メンバーの希望がかない、声優・ナレーターの新井里美さんに記念講演をしていただき、過去最多の600人超が参加した。音楽祭も東京シューレ、フリースクールネモ、シューレ中、りんごの木が出演し例年通りの盛り上がりとなった。

開 催 日

【文化祭】2018年11月23日(金・祝)

【音楽祭】2019年1月26日(土)

開催場所

【文化祭】東京都葛飾区 東京シューレ葛飾中学校

【音楽祭】埼玉県越谷市 北部市民会館

参加人数

【文化祭】不登校・フリースクール関係者約600名

【音楽祭】フリースクール会員やその家族約250名

参加団体

【文化祭】東京シューレ、東京シューレ葛飾中、りんごの木、ネモネット

【音楽祭】東京シューレ、東京シューレ葛飾中、りんごの木、ネモネット

助  成

公益財団法人オラクル有志の会(29万円)


(前年度実行委員長のあいさつ文を紹介します。2018年度フリースクールフェスティバルより)

 こんにちは、実行委員長の牧野です!

 今よりもっと学校以外の居場所があることを伝えていきたいという考えから「あのねあのね、フリースクールがあるの!」というテーマにしました。

 お察しの方もいらっしゃると思いますが最近流行りのとある細胞漫画(アニメ)を参考にしました。その漫画にはそれぞれの細胞が自分の仕事、自分に出来る事を一生懸命やって、一人の人間の身体を回してる様子が描かれていました。

 細胞が一個一個生きていける場所や出来ることが違うように、人間も合う場所や出来ることが違い、僕達が通うフリースクールも選択肢の一つでしかありません。なのでこの祭りをとおしてどんなフリースクールがあり、どんな雰囲気でみんなが過ごしているか感じて一つの判断材料に出来ると良いなと思っています。

 そこで、実際にフリースクールに通う子どもと話すことで分かることもあるんじゃないかということから子ども相談室を企画したり、ステージやゲーム部屋などの賑やかな場所も企画しました。また、展示室や飲食店などの静かに出来る場所など用意しています。

 それでは、今回のフリースクールフェスティバル2018を是非楽しんでください!


 この通り子ども自身も学校以外の居場所があるという事を伝えることを目的にしており、自分の楽しいから繋がることを大事にしています。フリースクールフェスティバルでフリースクールを知り普段のフリースクールに通うきっかけになった子どももいます。今年もフリースクールフェスティバルを開催し子どもたちの思いを形にしたいです!



資金の使い道

 文化祭の催し物にかかる費用に回します。内訳は、模擬店出展料30000円、テントレンタル20000円、レンタカー32000円、ガソリン代12000円、チラシ印刷費・発送費10000円、装飾材料費7000円、そのほか消耗費10000円、会場設備費58000円、保険料13000円、当日資料印刷費20000円、お化け屋敷など催し部屋費用35000円など、24万7000円となります。

クラウドファウンディングでの支援金で足りない部分については出展料や当日の寄付での補填を考えています。


リターンについて

フリフェスの開催を願いフリースクールに通うメンバーたちが協力しています!



●何もいらないよ!頑張ってねコース(イベント終了後お礼の電子メールを送付) 1000円 



●実行委員会からのお礼画像の入ったメール(画像は仮の物です)2000円 


●フリースクールネモ手芸部よりサンキューキーホルダー3000円

●フリースクールネモ手芸部よりサンキューキーホルダー5000円(限定10個)


●フリネット理事出張講演(講演開催経費、交通費別途)30000円×3




実施スケジュール

実行委員会形式で運営します。

9月中旬実行委員会団体募集

9月30日ZOOM実行委員会

10月7日全体実行委員会          21日、28日ZOOM実行委員会

11月11日全体実行委員会  18日ZOOM実行委員会

22日前日準備、最終打ち合わせ

当日11月23日

最後に

 最後になりますが、これが一番の理由です。

 「おもいっきり楽しんでほしい」

 不登校は問題行動では無いということが、文科省から通知がされていますが、不登校になる子どもたちはそれぞれストーリーをもっています。いじめ、ブラック校則、学校生活になじめない等々色々な背景があって不登校になります。それだけではなく不登校になった後も「怠けでしょ?」「精神的に弱い」「学校は義務教育だよ?」等の間違った理解から余計に子どもたちは傷付いています。ですが不登校やフリースクール等に通う子どもたちを知らないだけで本当はそんなことは無いのです。「思いっきり楽しんでいる」姿を実際に見てもらえばそんな誤解はすぐに解けるはずです。そしてフリフェスを通してその機会をいただきたいと思っています。

 さらにおもいっきり楽しむことで子どもたちの中で変化が生まれ、「未来を作る」きっかけになると私は思っています。不登校になるまでの苦しい経験だけでは気持ちが前に進みません。これからの人生を作っていく一つのピースとして、このフリースクールフェスティバルの時間が子どもたちにとってより良い時間なればと思い企画をしています。

 

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください