”羊毛フェルト画″という手芸の手法で描いた絵本『やさしい森』を、うさぎのちびちゃんと共に3年間かけて作り上げた制作過程を含めて多くの方にご紹介したく、プロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

●ご挨拶●

はじめまして、手芸作家の藤田育代です。

羊毛フェルト画や、モールで作るぬいぐるみの制作と指導を国内外で行っております。

この度は、羊毛フェルトで描いた絵本『やさしい森』の出版と原画展を開催致したく、
プロジェクトを立ち上げました。


★このプロジェクトで実現したいこと★

・羊毛フェルト画で描いた 絵本『やさしい森』を自費出版する。
・羊毛フェルト画で描いた 絵本『やさしい森』の原画展を開催する。



●羊毛フェルト画とは●


”羊毛フェルト画”とは、羊毛フェルトをメインに使用して、
毛糸やビーズなど、手芸やクラフトの材料を布に刺して作る画です。

現在は主にうさぎを中心に、様々な動物の画を作っています。
ひと針ひと針刺してゆくので時間はかかりますが、
羊毛の持つあたたかな風合いは、動物たちを表現するのにとても適しています。


羊毛フェルト画「BUNNY'S TOY FACTORY」(2018年作)



●作品制作のきっかけ●

うさぎのモデルは、私と共に暮らしていたネザーランドドワーフの「ちびちゃん」です。

僕がちびちゃんです。


制作のきっかけは、ちびちゃんがだんだん年をとってきた時に
今は当たり前のように私の部屋全体を縄張りにして自由に暮らしているちびちゃんが
居なくなってしまったらどんなに寂しいだろうか…という危機感からです。

何か自分らしい方法で元気な姿を残しておきたい!と言う思いで、
羊毛フェルト画の制作がスタートしました。

ちびちゃんは、たいてい私の足元に座って、時々居眠りしながらも
私の制作の見守り活動を、毎日飽きずにしてくれました。
ひとりと一匹で、ふざけたり、喧嘩したり、協力し合ったりしながらつくる作業は
とても楽しく幸せな時間でした。


ちび「何してるの?」   私 「ちびちゃんを描いてるんだよ」


ちび「ねぇ、遊ぼうよぉ」  私 「後でね~」


ちび「遊ぼ!」(ヒョイ~)    私 「!!!」…汗

    

  邪魔なスケッチブックをどかすことに成功し、大変満足そうなちびちゃん

私 「そろそろ降りていただけないでしょうか?」  ちび「いやです」(キッパリ)


王様みたいに気ままに過ごしていたちびちゃんですが、段々と身体のいろんな機能が
衰えてゆき、9年前の年末に月に帰ってしまいました。
13歳でした。

動けなくなる数日前から、私がベッドから起きると、ちびちゃんは部屋のドアに
もたれかかって毎朝こちらを見上げていました。
部屋の外は自分の縄張りではないと認識していたようで、今まで怖がってドア付近には
絶対近づかなかったのに…。
足も腰も悪く体力も衰えていたので、夜の間に動き疲れて力尽き、
仕方なくドアに寄りかかっているのかと思っていたのですが、
ベッドの反対側にある、そのドアの位置からでしか
寝ている私の横顔が見えないことに気が付いたのは、
もうちびちゃんが居なくなってしまった後でした。
ずっといっしょに居たいと願っていたのは、私だけではなかったのかもしれません。



●プロジェクトの概要●

今回ご紹介させていただく羊毛フェルト画の絵本『やさしい森』は、
そんなちびちゃんがモデルの、小さなうさぎが主人公のお話です。
ちびちゃんが元気だった頃の、2005~2007年の3年間かけて制作した作品です。

身の回りに溢れた小さな愛情をテーマにした内容です。
勿論ペットを飼っていらっしゃらない方にも、楽しんでいただけるストーリーとなっております。

以前サンプルに作ったハガキサイズの絵本が、下北沢のうさぎカフェ「うさぎの絵本」さんにございます。試作品なのでサイズが小さいですが、今回出版予定の絵本は、だいたいA4サイズ位になります。
もし絵本の内容が気になる方がいらっしゃいましたら、どうぞお運び下さいませ。
(カフェ「うさぎの絵本」…東京都世田谷区北沢3丁目30−1 Kビル 2F)
https://goo.gl/maps/bgh3BXxYf1S27uaP7


◎羊毛フェルト画の絵本『やさしい森』の仕様
・サイズ:280×210㎜
・ぺージ数:本文24ページ
・ハードカバー(PPグロス加工)
・サインつき

 
また、11/29(金)~12/8(日)まで、早稲田にあるギャラリー「Le Tiroir」にて、
『やさしい森』の原画展を行う予定です。

画面上やプリントですと、平面に見える羊毛フェルト画ですが、実際は半立体作品です。
ぬくもりのある質感を、ご高覧いただけましたら幸甚に存じます。

◎羊毛フェルト画の絵本『やさしい森』原画展
・日時
 11/29(金)~12/8(日) 12:00~19:00 一般公開 (無料) ※最終日は17:00まで

・場所
 ギャラリー「Le Tiroir」東京都新宿区早稲田鶴巻町547 大森ビル 1F

https://goo.gl/maps/rzqF1FeShcCqqXqo9



●リターン品の種類●

全てのリターンに、絵本『やさしい森』と、原画展にお越し頂いた際のノベルティ
引換券がついております。
その他、藤田育代の羊毛フェルト画とモールの作品を、たくさんの方に
知っていただきたく、さまざまなグッズをご用意致しました。



●資金の使い道●

いただいたご支援は、絵本とリターン品の制作費用、個展開催費用、リターン品の配送料、
事務手数料として、大切に使わせていただきます。
なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施致します。
目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターン品をお届け致します。



●実地スケジュール●

9月下旬~ 原画の撮影、絵本のデータ作成
・10月上旬~ リターン品制作
・10/21(月)  クラウドファンディング終了
・10月下旬~11月上旬 絵本の印刷・製本
・11月中旬以降 リターン品順次配送
・11/29(金)~12/8(日) 12:00~19:00 『やさしい森』原画展 一般公開(無料) 
                  ※最終日は17:00まで   



●これまでの活動●

◎主な展覧会

2009年 7月 個展「藤田育代展~うさぎの針仕事~」(AMULET /押上)
2010年10月 個展「Love Cats and Rabbits」(Ouchi Gallery /ニューヨーク USA)
2011年11月 Montreux Art Gallery(モントルー スイス)
2011年12月 Art Now Fair Miami(マイアミ USA)
2012年 3月 Fountain Art Fair (Armory /ニューヨーク USA)
2012年12月 個展「ふわっとかわいい うさぎ展」(AMULET /押上)
2013年 1月 個展「藤田育代展 ~うさぎの針仕事Ⅱ~」(武蔵野画廊 /小金井)
2013年 3月 Fountain Art Fair(Armory ニューヨーク /USA)
2013年 6月 ねこらんまん展(目黒雅叙園百段階段 /目黒)
2013年 9月 CONTEMPORARY ART BELEM 2013(Centro Cultural de Belem /リスボン
      ポルトガル)
2014年 4月 Artexpo New York 2014 (Pier 94 /ニューヨーク USA)
2015年 6月 作家のザッカ (西武渋谷店 /渋谷)
2017年 8月 うめだうぶつえん(阪急梅田本店 /大阪)

◎著書
・『ふわっとかわいい 羊毛フェルトのうさぎ刺しゅう&雑貨』(マガジンランド 2012年刊)
・『羊毛氈easy戳!18款日式質感兔子刺繍&雜貨』(山岳文化 2014年刊)



●最後に●

ちびちゃんと共につくった大切な作品だったので、
中途半端な思いで発表したくない気持ちもあり、
誰にも見せることもなく10年以上眠らせていた作品たちです。
今でも、ちびちゃんが机の陰から顔をのぞかせるんじゃないかと
つい目で探しては、めそめそしてしまいます。

来年でちびちゃんが月に帰ってしまって、ちょうど10年経ちます。
「いつまで閉じ込めておくの?」という、心の声が行動になりました。

いつもけなげに見守ってくれた小さな仲間が居たことや、
制作過程も併せて絵本を紹介させていただけたこと、
大変光栄に思っております。

最後までお読み下さいまして、誠にありがとうございました。








  • 2019/10/17 12:22

    たくさんのご支援、ありがとうございます。プロジェクトの募集期間も、残すところ5日となりました!本の仕様について、打ち合わせに行ってきました。自費出版のため、紙の材質や手触りを自分で確かめながら選ぶことができます。中でも一番時間がかかったのが「見返し」選びです。「見返し」とは、表紙・裏表紙と本文...

  • 2019/10/01 21:08

    たくさんのあたたかいご支援、ありがとうございます!羊毛フェルト画の絵本『やさしい森』の作品撮影をしてきました。半立体の羊毛フェルト画は、絵をスキャンできないため、写真撮影が必要となります。撮影は数多くの手芸本を手掛けている、わだりかさんにお願いしました。わださんとは、15年前に『くりくり No...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください