プロジェクト本文

スライドショーで世界を一本の道で繋ぎたい

世界一周という言葉は、それが持つ雄大なイメージとは裏腹に、常に危険や無謀といった印象が付きまといます。それゆえ、「一生で一回は行ってみたい」とは思っても、普通の旅行とは違い、一朝一夕に実現できるものではないと考えられています。そこには人生を賭けるロマンはあっても、将来へとつながる夢が少ないのかもしれません。

LOOK_01

実際、僕らもはじめは冗談半分で行けたらいいなと話していました。そんなことで、2010年大学3年の夏、本格的に「よし、行こう!」と決まったときから、旅のテーマは「誰でも手軽に世界一周を体験でき、そして誰でも気軽に参加できたらいい!」でした。必然的に移動手段は車に決定しました。そして、日中はバイトをして、深夜のファミレスで二人して徐々に計画を練っていきました。こんな感じに…

LOOK_02

そして、試行錯誤の末に行き着いたのが、
・「高速スライドショーで世界の道を一本につなげることで、見ている人が追体験できるようにする」
・「実際に来たくなった人がいたらいつでも受け入れる」
の二つでした。よし、これで行こう!

そして、全てが一気に動き出した . . . . . と言いたいところなのですが、実際のところ作業は遅々として進みませんでした。「スライドショーってどうやって作る?」、「そもそもHPって自分で作れるのか?」といった具合で、何もかもが手探り状態。ましてや車での世界一周となると、「車の国外持ち出し?」、「関税とか免許は?」といったことまで、まさに、ゼロからというか、無謀なスタートでした。案の定、周りの人に相談しても「危険すぎる」、「何をバカな」などなど、どうもあまり評判は良くないようで。しかし、僕らの中では、「世界の道路をスライドショーでつなげたら絶対に面白い!見てくれた人にも必ず意味はあるはず!」と思っていたので、少しずつ準備を進めていきました。

―本当に学生の僕らが、車で世界一周なんてできるのだろうか。そんなことを考える度に、「仕事や勉強など、さまざまなことを頑張っている人が、ふとした合間にサイトを見て、ちょっとだけ元気になってくれるかも」と勝手に想像したりしてました。

不思議なことに、そうしていると次第に応援してくれる人もでてきて、車での大陸横断経験者やオフロード専門屋さんなどを紹介してもらえるようになり、少しずつ世界一周が現実味を帯びてきました。

そして先日、車(三菱デリカ)も無事購入し、出発も4/7境港(鳥取県)からのフェリーに決まりました!

LOOK_03

また、少しずつ覚えていったサイト作りもおおむね完成しました。日本での簡単なスライドショーも作ったので是非見てみて下さい!

LOOK_04

※公式ホームページはこちらです。


■企画概要

・日程 2012.4.7 境港(鳥取県)出発
  ~2013.3.31 帰国予定
・ルート

LOOK_05


■内容詳細

LOOK_06


あらためて、今回の内容を説明すると、
①車で世界を一周する。
②毎日、車内から同じアングルで前方の写真を撮り、それを高速スライドショーにする。
③それをどんどん更新していくと、一周して帰ってきたときには世界を一本の道で繋げることができる。
④スライドショーはHP上で随時(可能な限り毎日)更新していくので、それを見ればまさに自分も車に乗ってる感覚を体験できる。
⑤そして、実際に来たくなった人がいたら現地で合流できます。いつでも来たいときに来て、帰りたいときに帰る。そんな気軽な世界一周を目指します。

“モンゴルの広大な草原、ユーラシアの荒涼とした風景、アフリカの砂漠地帯、南米のジャングル”
もう想像するだけでワクワクしませんか!?それも、テレビや雑誌とは違って、最初から最後までの一部始終を車内から見れる!

簡単にですが、サンプルでスライドショーを作ってみましたので、ぜひ試しに見てみて下さい。実際は、同様のものが世界一周版で、ず~と観れます!


■リターンの詳細

ご支援して頂いた皆様には、その金額に応じて、次のものを組み合わせた形でリターンさせて頂きます。

・【写真で世界一周】4月のスタートから3月のゴールまで、毎月1枚ずつ、車内カメラから撮ったベストショットを携帯電話の待ち受け画像にしてお送りします。
・【お名前が世界一周】お名前を大陸別スライドショーのエンドロールに“協賛者”として掲載させていただきます。
・【あなたの広告が世界一周】車にお名前、広告、QRコード、SNSアカウント名(@~~)等好きなものをシール等で貼り付けることができます。(サイズ制限あり、ステッカー等は各自でご用意し郵送して頂きます)
・【実際に世界一周】一定期間(約1週間程)、一緒に車で旅をする席をご用意します。現地での移動費は無料。ロシアの林道、アフリカのサバンナ、砂漠地帯、原則どこでも合流可です。こんなチャンスは滅多にないと思います。
[自由席] 参加を希望するときに、席の空きを確認して空いていれば参加出来ます(事前予約不可)。
[予約席] 参加希望時期を事前に指定して席を予約することが出来ます。
※時期や期間、合流場所等については要相談。
※現地での移動費は無料ですが、現地までの航空券や現地での生活費は自己負担です。


■皆様へのお願い

今回のcampfireプロジェクトでは、世界一周に必要な資金の一部を募らせて頂きます。

車での世界一周には、世界一周航空券などを使用した場合と違い、車両購入費に加え、通関や輸送等に莫大な費用が必要になります。はじめに大体の費用をざっと計算したところ最低でも400万円は必要でした(下図)。これらは当初二人で自力で貯めるつもりだったのですが、3月末までで360万程しか貯められないのが正直なところです。そこで、急遽このような形で資金を募らせて頂く事になりました。今回是非とも皆様のお力を借りて、何としてでも終着点カリフォルニアまでのスライドショーの旅を貫徹したいと思っています。どうか宜しくお願いします!!

LOOK_07
※内容は一部簡略化しています。

レコメンド

  • 誰もが一度は憧れる世界一周旅行。定点カメラからの高速スライドショーで世界の道を一本につなげて、見ている人が追体験できるようにする『LOOK』プロジェクト。

  • 大学生二人組が車で世界一周に挑戦し、車窓の景色をスライドショーにまとめるプロジェクト。若い彼らのチャレンジにソフトバンクの孫さんも共感し、iPadのプレゼントという思わぬサプライズも!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください