これまで33冊の本を自ら出版し、80人以上の人々の出版を実現してきた出版プロデューサー中野博が出版社を設立しました。この出版社である未来生活研究所は、この度、『出版実現塾』プロジェクトに挑戦します。この塾は、出版を実現するために必要な講座を会報誌や映像などを使いながら指導するものです。

プロジェクト本文

自己紹介

はじめまして、新しく出版社を設立しました未来生活研究所の中野博です。

このたびは、私たち未来生活研究所が直接、出版実現をするための指導をするために

『出版実現塾』を開講することになりました。

なぜ、中野博がその指導ができるのか?

少し紹介させていただきます。

中野博はこれまで、出版プロデューサーとして、80人の出版を実現してきました。

出版が実現できる人には、大きく3つのタイプがいます。

1つ目は有名人、2つ目は成功者、3つ目はお金がある人。

1人目の有名人は芸能人、スポーツ選手など誰もが知っている人なので、出版社は喜んで出版してくれます。2人目の成功者はいわゆるビジネス書として経営者やビジネスパーソンらが買うので、そこそこ売れる。3人目はお金がある人なので、自らの本をバンバン買い、広告を打ったりして力技で売れるようになります。

 じつは、中野がプロデューサーとしてかかわってきて、本を出してきたのは、この3つのタイプではない方ばかりでした。

つまり、4人目のグループです。無名だけど、そこそこ成功している人や才能があって未来を変えそうなコンテンツを持っている方、さらには特殊技能や才能は特にないけれど、心が温かくて、人を励ましたり楽しくさせる素敵な人たち。

 中野なりに努力して、こうした4人目のグループの方たちが出版できるお手伝いをしてきて、何とか80人は出版デビューをされました。しかし、この80人の方は運と縁に恵まれた方でした。現実には300人以上の方が運と縁に恵まれずに諦めてしまったのです。

最近も、中野の経験から、著者になれそうな方がたくさんいるのですが、なかなか運と縁に恵まれません。新人がデビューするのは、年々難しくなってきており、才能があるのに、未来を明るくできる著者候補がいるのに、既存の出版社ではなかなかデビューができないのです。

そんな状況が3年以上続いており、出版プロデューサーの中野としては、依頼者である新人さんたちの夢を実現できずに悶々としてきました。新人さんたちの夢、著者デビューを実現できない自分の力のなさを嘆いてきましたし、今の出版社が新人さんたちを「面白いか否か」ではなく、「売れるかどうか」だけで見る傾向が強くなってきています。

そんな現状を変えたくて、私は新人デビューをメインとする出版社を設立しました。

これまで中野は本を通して、世の中をよりよくする活動をしてきました。中野博も実名で33冊、ペンネームなど含めると100冊近くの本を出版してきましたので、本を書く経験はかなりしてきました。本を書く辛さもよく知っていますし、売れるかどうかの不安な気持ちが誰よりも理解しています。もちろん、新人さんのデビューに多く立ち会ってきましたので、新人さんのデビュー前に気持ち、デビュー後の気持ちもよくわかっています。

そんな経験と実績を使って、もっともっと多くの方のお役に立ちたい。

そう思って、今回は私たちの出版社直営での出版実現塾を開講するのです。

すべては未来のために。


このプロジェクトで実現したいこと

1:出版するために必要なノウハウを指導する塾を開講する。

2:出版実現塾で毎月、会報誌を発行し、送付する。

3:毎月1回の動画を撮影し、送付する。

4:優秀な編集者をスカウトする。

5:全国で販売でき、ベストセラーを創れる出版社としての資本力を創る。


プロジェクトをやろうと思った理由

著者として可能性があり、ポテンシャルもありながら、出版できない方を応援したいから。

著者になろうとの希望も目標もない方でも、著者デビューした後の世界を楽しむ体験をして欲しいと強く思っているので。


これまでの活動

1997年7がつに中野博はPR会社に誘われて、ベストセラー出版チームに参加する。

1998年7月に人生初ブックライターとしてある有名人の代理で本1冊すべて執筆し、その本がベストセラーになり、本が生まれる前から出版された後まですべての経験を積む。

1999年7月にPHPより出版可能との連絡があり、がむしゃらに出版に向けて努力した。この出版許可がでるまでの2年間、中野博は自らの出版企画書を30社以上の出版社に持ち込み、もがいていた。

2000年8月にPHPより「その家づくり、ちょっと待った」が出版され、1万部を超えるヒット作に!この本を読んだ読者から、エコハウスを建てたいとの連絡が相次ぎ、マスコミからも取材が20社以上来て一躍エコハウスの伝道師、エコの先生としてデビューした。

2000年11月頃に、全国の環境団体や住宅関係者らから出版するにはどうしたらいいのか?などとの質問や相談が増えすぎてために、出版プロデューサー的な業務も開始した。

2001年7月に第1号の出版プロデューサーとしての作品が誕生し、ベストセラーに。それ以降、76人のお客さの出版を手掛けて、2019年7月までに合計77人、累計100冊以上の出版を手掛けてきた。

中野博は自らもチャレンジし続け、32冊を出版してきた。

2019年7月7日 社員や株主のみなさん、著者デビューをしたい方の意見を聞きながら、私たち未来生活研究所株式会社が独自に出版社を設立しようとの決断になりました。

2019年9月10日 未来生活研究所株式会社が出版社として正式に許可され、営業開始。


資金の使い道

1:出版実現塾の講師費の一部に充当

2:出版実現塾運営費の一部に充当

3:会報誌の編集・配送関連経費の一部に充当

4:書籍を出版する印刷経費などに充当

5:CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料


リターンについて

リターンの種類は8タイプあります。

詳しくは、リターンのページをご覧ください。


実施スケジュール


1:11月20日までに出版実現塾を開講できる体制を作る。

2:11月30日にクラウドファンディング終了。

3:12月10日に12月号の会報誌を発送。

4:12月15日に各種のリターンを順次発送。

5:リターンの種類により、毎月順次発送。



最後に

私には夢があります。

『誰もが著者になり、1人でも多くの人に貢献できる社会を創る」

これが、私の夢です。

なぜなら、本には夢があり、独特の力があるからです。

だから、私は本の力を信じています。

本の力とは、人を励ます力。人を喜ばせる力。そして、社会を変える力です。

私、中野博は自らの経験でこの本の力を実感しています。

だからこそ、1人でも多くのかたに、本の力を体験し、実感して欲しいんです。

その早道が出版実現塾に参加することです!

私たち未来生活研究所株式会社は未来を明るくしてくれる著者を世に出すお手伝いをさせていただきます。

今回のプロジェクトは、All-in方式で実施しますので、目標金額に満たない場合も、この計画を実行し、リターンをお届けしますので、ご安心してご参加ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください