このプロジェクトは農薬や化学肥料や除草剤を使わずに、人の手入れによってブルーベリーやさつまいもなどを栽培する農場「おかえりの丘」の緊急支援プロジェクトです。 井戸ポンプが経年劣化かあまりの寒さかは不明ですが、壊れてしまいました。 しかし、このポンプは、雨水以外での唯一の給水元なのです!!

プロジェクト本文

▼このプロジェクトは、農薬や化学肥料、除草剤も使わずに、ブルーベリーやさつまいもなどを栽培する農場「おかえりの丘」の緊急支援プロジェクトです。

「おかえりの丘」は農家としてはヒヨっこのわたしtamico(もちろん両親親戚とも農家ではありません)が、13年前にブルーベリーを植えた前のオーナーさんから引き継ぎ、無農薬・無化学肥料で除草剤も使わずにブルーベリーを栽培している農場です

 わたしは「そんなに、することはないからー(*゚▽゚)ノ」なんて言われて、うっかり農場を継ぐこととなった園主です。

 友達のお父さんとわたしの2人をメインに,週末は家族にも友達の助けもあり、約1200本のブルーベリー、その他を管理しています

(*゚▽゚)ノわたしの日々の奮闘については、「おかえりの丘」facebbokページを見ていただければ幸いです。(*゚▽゚)ノ

  ▼このプロジェクトで実現したいこと

井戸ポンプが経年劣化か当地のあまりの寒さかは不明ですが、壊れてしまいました。
しかし、このポンプは、雨水以外での唯一の給水元なのです!!
作業後の道具の手入れや手洗い、トイレのためにも大事な水ですが。
こまったことに、ブルーベリーは水で育つというほど水が好きです。特に「おかえりの丘」の主品目である北部ハイブッシュ系は夏に水が切れると枯死する可能性もあります。

現在は、冬場で剪定作業などがメインですが、作業後にウエットティッシュで手を拭き、ポリタンクの水で苗木に水をあげながら、手をすすいで作業を終わらせています。
 壊れたポンプは、10年以上前のものをたまたまあったものを譲り受けたようで、今回の取り組みによって、本来の「おかえりの丘」の地形に適したポンプに入れ替え、安心して作業ができるようにします!

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

生活道路からの100m近い上り坂の入り口も、凸凹で直すために出費が多いところに、重ねての井戸ポンプまで壊れるの!?

ということで一か八かのクラウドファンディングです。

▼これまでの活動

「おかえりの丘」のFacebookページを見ていただけると私の毎日の戦いや安らぎをのぞくことができます。ぜひ一度足を延ばしていただければ・・・・

「おかえりの丘」は栃木県市貝町にある農薬・化学肥料、除草剤を使わないブルーベリー農場です。
作っているブルーベリーは北部ハイブッシュ系というヒト科の人間みたいな区分のもので
 来年元気になるための低温要求温度と言って7・2度以下の時間の累積が800~1200時間程度必要である種類のものを栽培しています。
「おかえりの丘」は山と山に挟まれた丘なので結構寒いです。
車で30~40分の餃子の消費NO2で有名な宇都宮市と比較しても冬場だと-5度くらい違う日もあります。

「おかえりの丘」はこの環境をうまく生かして、おいしいブルーベリー作りができていると思います。

一年の仕事は・・・・こんな感じでなかなか人手と時間がかかります。

《春の仕事》
その1・草をむしります
その2・虫を捕ります
その3・ブルーベリーの花芽の整理をします
その4・草がどんどん生えます。(その1に戻る)

あと、おかえりの丘に来てくれたボランティアのみんなと5月になったらさつまいもの苗を植えます。
今年はどんなさつまいもを植えようかな?

 

《夏の仕事》
その1・草をむしります
その2・虫を捕ります(ゆとりがあれば蜂の巣を作られないように枝の整理も)
その3・実を収穫します
その4・草がどんどんどんどんどん生えます。(その1に戻る、追いつかない!)

6月半ばから7月末まで火曜日と木曜日以外は摘み取り体験もオープンしていますので皆さんもドンドン摘んで、どんどん食べにきて下さ~い

 

《秋の仕事》
その1・草をむしります、夏にとりきれずあきらめたやつもむしります。
その2・虫を捕ります
その3・草が生えます。(その1に戻る、でももうすぐ冬!!)

このころに、春に植えた「おかえりの丘」に来てくれたボランティアさんとさつまいもを掘ります♪

《冬の仕事》
※草はもう、むしりません
その1・虫を捕ります
その2・夏にたくさん実ってくれたブルーベリーの枝のせん定(切り落とし)をします。
    寒くて泣いちゃうけど悲しくはないです。
    びっくりされるほどガッツリたくさんのせん定をします。
    切り終わったら、肥料として油粕をあげます
その3・春になったら苗を植える場所の土づくりをします

あっというまに、一年が過ぎます
あと・・・実は応援団がもうちょっといます
おかえりの丘には網がありません
100%の太陽の光を浴びてブルーベリーが実ります

小鳥に食べられないの?とよく聞かれますが
一生懸命子育てをしているカラス君が家族で住んでいるから大丈夫なのです
小さな鳥たちはカラス君が怖いのでおかえりの丘には来ないのです♪
だからってわたしはカラス君には餌を絶対にあげませんよ
カラス君にはカラス君の生活があります
わたしにはわたしの生活があります
一応マナーなので「おはよう」くらいのあいさつはしますけどね。
カラス君も応援団です
イノシシ君の被害はないの?とよく聞かれますが
イノシシ君はよくあちこちをひっくり返して穴を掘っていますね
きっとミミズさんを食べているのだろうと思いますもぐら、ねずみ、野うさぎ、へびがいます、夜はフクロウがホーホーと歌います
昼はキジがケーンと鳴いています。撃たれないかちょっと心配です

薬をかけないので、毛虫がものすごい数いることもあるので必死で捕ります
こんな感じで、今日もたくさんの自然に見守られて
おかえりの丘のブルーベリーたちはすくすくと育っているのです!

▼今回の資金の使い道は

井戸ポンプの交換、パワーアップ!!

寒さにも強くパワーのあるポンプに変えます(*゚▽゚)ノ

壊れたポンプは、10年以上前のものを前のオーナーが、たまたまあったものを譲り受けたようで、今回の取り組みでは、本来の「おかえりの丘」の地形に適したポンプに入れ替え、安心して作業ができるようにします!

井戸ポンプ単体は20万程度ですが、井戸の調査及び機種変更時の配管対応などの工賃を含め最大100万くらいはかかることを想定しています。

 目標額50万をこの費用の一部に充てんし、是非とも井戸ポンプの復旧にむけてみなさんのお力を貸してください。

 どうかよろしくお願いいたします!!!

 
△園主近影

 ▼皆様へのリターン

「おかえりの丘」は、このな~んにもない自然そのままを感じられる場の提供と、ブルーベリーのつみとり園が行うプロジェクトですので、やはりリターンは出来上がったブルーベリーを採りに来ていただくことをメインに考えています。ただ、遠方などでどうしても来られないケースもあると思いますので、その際はクール便でのお取扱いをさせていただきます。

発送は、6月下旬から7月上旬ごろになります。

5000円

当園「おかえりの丘」に来場いただき、食べ放題+摘み取った新鮮なブルーベリー(500g)と「おかえりの丘の空気」(雰囲気)をお持ち帰りいただきます。

10000円

ご指定の場所に、その日の朝採れた新鮮なブルーベリー(500×2パック)と「おかえりの丘の空気」(雰囲気)をクロネコヤマトのクール宅急便にてお届けします!

 ▼最後に

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

まだまだ農業をはじめてまもないヒヨコですが、なんとかここまで続けることができました。おいしいブルーベリーがつくれるよう精一杯頑張っていきます!!

農場「おかえりの丘」

栃木県芳賀郡市貝町杉山1567-3

代表 菅野 民子(Kanno Tamiko)

「おかえりの丘」のFacebookページ

  • 活動報告

    ポンプが入りました

    2017/03/30

          先週のうちに入り口にあるポンプが変わり 丘の中腹には基礎がうたれ乾燥するのを待っていて 本日立派なポンプ…

  • 活動報告

    ありがとうございました!

    2017/03/18

    2017円3月17日午前11時半にポンプの入れ替えが済み、久しぶりにお水が出るようになりました!本当にうれしかったです。 ありがとうございます。 上…

  • 活動報告

    あ・・・。

    2017/02/24

    今朝、いつものように水を運んでいたら 「あ・・・。」 という事がありました。 写真をご覧ください(・_・;) でも、ご安心を!! お日様…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください