最高のアルバムをグラフィックデザイナーとして、これ以上ない最高のデザインを施して世に放ちたい。

プロジェクト本文

連続リリースEPを経て、アルバムをリリースするに当たり、「ハードカバーブック仕様のCD」と「2枚組カラー盤アナログレコード」を制作したい!! 



皆さん、はじめまして。福岡でグラフィックデザイナーをしております

城台宏典(じょうだいこうすけ)と申します。


 


グラフィックデザイナーとして活動するかたわら、コンポーザー(作曲家)として楽曲制作を行ったり、ライブペインターとして各所で独自画法の抽象画を制作したりしています。

 


また、今年の8月からYoutubeを毎日更新しています。現在は毎日朝6時と夕方6時に計2本の動画をアップしています。自分が行なっている活動の事や日々の気づきなどの情報を広めています。

 


さて、今回クラウドファンディングを立ち上げた理由と内容です。


上記の通り、私は楽曲制作をする顔を持っています。しかしこれまでずっと表立って何か成果を上げた事がありません。大学時代から通算10枚ほどアルバムを作ってきました。大学卒業後は、楽曲制作よりも、それらをコンセプトに沿ってアルバムとしてまとめる「デザイン」の作業に面白みを感じていたこともあり、グラフィックデザイナーとして歩み始めました。


数年のあまり進展のない活動の後、当時のアルバイト先から「社員」として働かないかと打診を受けます。大学卒業後、まともな社会人経験のない自分、イベント出展などしてもまともな応対も出来ない自分を顧みて、一度武者修行的に社会人として生けていくのもいいかと一度は料理人として生きていく道を選びました。


しかし、そこからは芽のでない日々が続きました。何も成し得ることの出来ない時間が過ぎていきました。そんな中で自分が生きた証のようなものを残していきたいと考えるようになりました。仕事の勉強をしなければならないのは重々承知の上で、手探りで色々なことをやりました。その中でやっぱり戻ってきたのは楽曲制作とそれに伴うデザインでした。

 
いくつかのボツを重ねていく中で、数年ぶりに本気で打ち込めるコンセプトを導き出し、アルバムではなく、限りなく短いものでいいから濃密なEP(ミニアルバム)を作ろうと思いました。


これまで5枚のEP(ミニアルバム)を発表しました。その過程で、もう一度自分がやりたい事に本気で取り組みたいと思うようになりました。昨年の11月に前職を退き、グラフィックデザイナーとして再起をかけるために戻ってきました。


手元にあるのは5枚の連続リリースEPだけ(そのときは3枚目まで完成していました)。それを一人でも多くの方に自分の活動を知ってもらうために、無料配布で届ける活動をはじめ、現在では累計1200枚になりました。Uber Eatsを用いて、配達先のポストに投函していくという地味な活動をこれまで続けてきました。

 


Youtubeでも全編試聴可能な状態にしています。







CDの無料配布はネット上でも行っています。これは本プロジェクト終了まで受け付けています。

https://glowdefectivesoldier.stores.jp/



それは何のためにかと言うと、全ては今回のクラウドファンディングに向けてでした。

 


本当に届けるべき内容のアルバムができそうになり、より多くの方に自分の活動を知ってほしい。そして届けたいという想いは強くなってきました。

 


制作するアルバムは連続リリースEPの5枚から厳選した楽曲を伝えたい物語順に時系列を並べ直した形になります。

 


このアルバムを製作した後、私はグラフィックデザイナーとして独立・起業します。

 


連続リリースEPのタイトルはその会社の企業理念になります。

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190728021303j:plain

f:id:glowdefectivesoldier:20190731224454j:plain 

 


これまでの上手くいかなかった人生を清算し、前に進むための金字塔を作り上げたい。そしてより多くの人と自分の強みを生かして関わっていきたい。

 


グラフィックデザイナーとして自分の能力を発揮していくだけでなく、自分を含めた全ての創作人にとって生涯持続可能な創作環境の整備に尽力していきたいと考えています。

 


その始まりとして、まずは自分自身のやりたい事を全力でやります。

 


コンポーザーとして作り上げた楽曲を、グラフィックデザイナーとして最高の形でリリースしたい!!

 


音楽はダウンロードや定額ストリーミングによって社会の共有財産として立ち位置を変えています。あまりにも多くの音楽に触れるチャンスを我々は得ています。

 


しかし人々の時間は今も変わらず24時間のままです。誰もが発信と受信にコストをかけなくなった現代において、全ての創作人が苦戦している

 


「どうすれば自分を見つけてもらえるか」

 


その方法に対する一つの仮説として、「圧倒的なコストとリスクを背負っているか」という覚悟と矜持を示す事だと考えました。

 


徹底的に世論の逆を行く事で見える地平があります。

 



「ハードカバーブック仕様のCD」と「2枚組カラー盤アナログレコード」

 


これを制作する事で、音楽に主観的な意味や価値を与える。そのたった一人の熱狂から伝播してムーブメントは起こると信じています。

 

これについてはより詳しい内容をブログのほうにアップしています。お時間のある方はご一読いただければありがたいです。

https://glowdefectivesoldier.hatenablog.com/entry/2019/10/04/085951



資金の使い道

・ハードカバーブック仕様CDアルバム:30万円

・2枚組みカラー盤レコード:70万円

(CAMPFIRE手数料17%+消費税を含みます)

 

今はこの無料配布CDという形で徹底的に「届ける事」に全振りしています。一人でも多くの方にこのプロジェクトのことを知ってほしい。その思いでやっています。今現時点では、このCDとレコードを製作するための資金を個人では1円も用意できておりません。


大変心苦しい状況ではありますが、一人でも多くの方に支援していただきたいと考えております。何よりも、支援がなくとも実現可能であるような簡単なプロジェクトであると認識してもらうとマズイとも思っています。


このクラウドファンディング中、もしくは終了してから自分でも資金を集めていくことはやります。お金があればプロジェクトは実現します。


過去にこのようなことがありました。2014年のことです。グラフィックデザイナーとしての数年の活動のまとめとして、作品集を制作しました。


これはそれまで自分で制作したグッズの売り上げやアルバイトの給料を積み立てて制作費に当てていました。製作途中から過程を配信したり、宣伝に力を入れてきたつもりでしたが、ようやく完成した作品集はぜんぜん売れませんでした。


お金があればプロジェクトは実現します。作りたいものは、お金があれば作ることが出来ます。しかしそれを届ける相手がいなければ、作ったものは全てパーになります。私は一度、そんな経験をしています。


クラウドファンディングで資金を集めること、それ以上に「支援者」を募りたい。作ったものを届けるべき相手に出会いたい。自分ひとりでコツコツ貯めたお金では作れるものにも限界があります。必死に手を延ばしてそれでも手の届かないもの、そこに手を延ばしたいと声を上げて、みんなの支援を集めたい。そうすればこれまで見れなかった景色に辿り着ける。何よりもそれっをみんなで見ることが出来る。


それがクリエイティブの本質であり、クリエイターの使命だと感じています。



本プロジェクトについてのより詳しい内容はブログ記事内にてアーカイブを随時更新していきます。

https://glowdefectivesoldier.hatenablog.com/entry/crowdfundingstart



リターンについて

3000円コース

・ハードカバーブック仕様CDアルバム

5000円コース

・ハードカバーブック仕様CDアルバム

・SPTHX欄にお名前を記載(支援の際、備考欄に希望のお名前を記載してください)

10000円コース

・2枚組みカラー盤レコード(100枚限定プレス)

・SPTHX欄にお名前を記載(支援の際、備考欄に希望のお名前を記載してください)


30000円コース

・あなたのイベント等にて城台に講演させる権利

今回のプロジェクトで学んだこと、これからのクリエイターのあり方など、これから色々なところで自分の考えを広める活動をしていきたい。その意思表示としてこのリターンを設定しました。普段はまともに会話の出来ない私ですが、舞台に立てばなんとかなる。そんな性格です。

※ 別途交通費を請求させていただきます(福岡市内に限り無料)。


城台の未来に支援コース

・100000円

城台の未来に投資してくださる方向けのものです。上記全てのリターンをお届けします。


現在、無料配布を実施している連続リリースEPの中に「秘密の合言葉」を記載したミニフライヤーを同封しております。それを支援画面の備考欄に記載頂いた方にはアルバムに使用できる「限定ブックカバー」を提供させていただきます。



また、お一人一支援につき、システム手数料がかかってきます。そちらをご負担して頂くことになります。なので、それを相殺したいと思い、全ての支援者に「限定缶バッチ」を提供します。


※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



実施スケジュール


2019年12月 クラウドファンディング終了

2020年1~2月 アルバムデザイン完成予定

2020年4月 アルバムリリース予定


アルバムに収録される楽曲に関しては完成しています。現在、アルバム用のアートワークを制作中です。リリース予定は来年4月に向けて進めています。しかし、前述の通りこのプロジェクトに向けての資金形成を全て広報に全振りしているため、本クラウドファンディングでどれだけの資金が集まるかで前後する可能性があります。


皆様の支援が全ての鍵です。


一緒に未来を作り上げましょう。


後悔はさせません。


f:id:glowdefectivesoldier:20190511233548j:plain



グラフィックデザイナー城台 宏典


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください