Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

台風15号・19号で被災した家の二次被害を地域の畳店として一刻も早く助けたい。

現在の支援総額
347,000円
パトロン数
34人
募集終了まで残り
終了

現在34%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2019-10-28に募集を開始し、34人の支援により347,000円の資金を集め、2019-12-05に募集を終了しました

「屋根が飛ばされ、畳がダメになってしまった。屋根の修繕が終わり次第、畳の回収と新しい畳を入れて欲しい。」今、私達の畳店も被災し、資金面の課題でお客様を助けることが出来ていません。台風の二次被害による同様の困り事が増える中で、営業再開と復興のためご支援を募ることにいたしました。市原市 伊藤畳店

2019年9月9日に房総半島に上陸し、多大な被害を残した台風15号。記録的な暴風雨によって家屋の破損や断水・停電に見舞われました。報道でもあるようにブルーシートのかけられただけで修繕のされない家屋も多く、その後の風雨による二次災害は今尚、続いています。さらに追い打ちをかけるように台風19号の猛威は私たちの住む千葉県市原市を襲いました。


地域の事業者においては、営業再開が困難なほどに被害を受け、本来であれば地域内の復興に関係する業種であっても、そもそも自身の作業場が被害を受け地域内での復興のための循環が進まない状況です。


千葉県市原市で畳店を営んでおりますが、「地域の中で被害を受けた家屋の畳を直して欲しい」という依頼があっても、受けることが出来ない状況に立たされているだけではなく、被害総額1000万円以上という中で事業を継続する体制すらままなりません。


復興をする側に回るために、一刻も早い営業再開を目指しています。一つ一つの地域事業者の状態が少しでも良い方向に向かい、復興の1ピースを埋めるために皆様からのご支援をどうかよろしくお願いいたします。


——


復旧作業に回れるはずの地域事業者が被災。資金問題で営業が再開出来ず、依頼を受けることの出来ない悔しさ。


こちらのページをご覧くださり、ありがとうございます。千葉県市原市で畳業と畳のリユースとリサイクル業を営む伊藤畳店と申します。こちらの記事をご覧になってくださった方も多いのではないでしょうか。


「悔しすぎる」停電のあとの現実。台風15号に泣く、千葉の畳店店主の切実な思い。




私達は元々は地元で畳業を営む、いわゆる町の畳店でした。しかし、近年の住宅事情もあり、使われなくなった廃畳の回収、回収した畳を直してリサイクル畳として安価に販売する全国的にも珍しい「畳のリユース・リサイクル業」も行っています。


今回の千葉県を中心として発生した台風15号被害によって、私達のお客様の家屋も多くが被災いたしました。一刻も早く日常生活に戻りたいという思いとは裏腹に、未だに復旧、復興には遅れが出ています。


「屋根が飛ばされ、畳がダメになってしまった。屋根の修繕が終わり次第、畳の回収と新しい畳を入れて欲しい。」


こういった依頼があっても、今の私達には受けることが出来ません…。とても悔しい。もどかしさを感じています。

私達の畳店の被害額は1000万円以上。作業場の屋根も壁も飛ばされ、在庫の畳もやられました。事業の継続も危うい状況です。

 

今、必死に営業再開と資金集めに奔走しています。そんな中で、このクラウドファンディングがあるという話をお聞きし、畳店ながら藁にもすがる思いで、取引先のお客様のお力を借りて、このページをオープンさせました。

皆様からお寄せいただいた支援金は、CAMPFIREのサービス利用手数料と最低限の間接経費を除き、営業の再開と地域の復興のために使わせていただきます。


少しずつ進む屋根の修繕。その後に必要とされる濡れた畳の入れ替え作業


「屋根の復旧は2ヶ月先」


馴染みの屋根の修理業者に見積もりや工事の確認をとってみたら、最短で工事は2ヵ月先だと言われました。屋根の破損は一部でも、劣化や材質の統一などを考えると全体を入れ替えなければならないと言われ、『修理代金の捻出』という一時的な面でも、『営業再開の見通しがたたない』という中長期の面でも、事の深刻さを痛感しています。


しかし、それだけ多くの方の家屋の屋根が被害を受けているならば、風雨の影響で屋内も家財や畳が被害を受けているでしょう。
 
屋根の修繕が終わった後は、私達のような廃畳の回収と安価な畳を入れ替えられる事業者が復興に回る必要があります。恐らく、同様の依頼は増えていくでしょう。

そして、台風19号による被害の拡大によって、我々の仕事は千葉だけではなく全国各地で必要とされています。復興のための要請がある中で、そこに答えきれない状況が何よりも心を苦しめているのが現状です。


今は、辛うじて小さなスペースで、晴れてる日に少しずつ作業を進めていますが、雨が降れば作業は出来ず、建物の破損の危険性がある中で、いつまで出来るかも分かりません。
 




自分たちの被災より、復興支援側に回りたいという想いはありますが、現実的な資金の問題が目の前に横たわっています。

正直なところ、多くの方が被災されている中で、一事業者が「私たちの営業再開のために支援をお願いします」と声を上げることに、とても悩みました。
しかし、私たちが営業できないと、家屋の畳の入れ替えで困ってしまう人の助けになれない。自分たちの商売のためのクラウドファンディングに見えるかもしれませんが、気持ちはそうではありません。自分たちが営業再開をして、被災支援をより頑張っていきたい。と強く思っています。

皆様のご支援をどうぞ、よろしくお願いいたします。


皆さまからいただいた支援金の使用使途について

 今回のクラウドファンディングで皆様からいただいたご支援は、被災をした家屋の畳の回収と畳の入れ替えを行う営業再開の費用として使用させていただきます。また声を上げることが出来ない地域の事業者の方々の販売している商品を買い取り、返礼品として皆様にお返しします。
 

ご支援いただいた皆様には、今後の復旧・復興の様子をメールやお手紙等を通じて、必ずご報告させていただきます。


リターンについて


リターンには地域の事業者が販売している特産品や伊藤畳店がこれまで畳のリサイクルを通じて開発した商品をご用意しました。しかしながら、リターンの返送の目処を現在立てることが出来ておりません。

営業再開と地域の復興を成し遂げた時には、遅くなっても必ず皆様に御礼の言葉と共に届けさせていただきます。



※私達はWEB関係に疎く、こちらのクラウドファンディングは取引先の方が私達の言葉と意図を汲んでくださり、ボランティアで立ち上げていただきました。メールでのお問い合わせ等、ご返信に時間がかかってしまうかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。


運営責任者:有限会社伊藤畳店 
代表取締役 伊藤新作

事業所所在地:千葉県市原市西広651-1(〒290-0022)

TEL:0436-92-0335(受付)
FAX:0436-26-8829

作業場所在地:千葉県市原市西広651-1(〒290-0022)TEL:0436-21-9920

許可 一般廃棄物 畳処分収集運搬 市原市第D-6号

http://www.tatami-recycle.com/

代理掲載者への問い合わせ先
makoto@toizinc.com

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください