ネコの爪の被害に困ったことはありませんか? うちのネコたちは、爪とぎは自分でしてくれるけど爪切りは大キライ! だからネコが爪とぎをすると爪の先がカットされる爪とぎ網『かにゃ~あみ(仮称)』を作ることにしました。

プロジェクト本文

 
▼最初に…

うちには猫が5匹いますが、みんなシャンプーと爪切りがキライです。
クリニックに行ったときに爪切りもお願いするのですが、そんなに頻繁には行けません。
抱っこや添い寝した時に前足でふみふみしてくれるのも可愛くてうれしいけれど、尖った爪の先がチクチク刺さってとっても痛いです。

猫たちも伸びた爪が気になるのかキャットタワーの柱部分(麻ひもが巻いてある)でよく爪とぎしているのですが、爪とぎすることにより外側の古い爪がはがれ、爪の先端はますます鋭くとがっています。

猫たちを抱っこしたり一緒に寝たりしたいので爪を切ろうとしても全力で暴れて嫌がるので、私の手や体は生傷が絶えません。どうにかしてもっと簡単に猫の爪切りができないかしら…そうずっと考えていました。

最初は猫が嫌がらずに、もっと簡単に爪切りできるような爪切りを作れないか?と考えました。
どんな形状の爪切りなら猫が怖がらずに爪を切らせてくれるのか?と。しかし、うちの猫たちは前足をつかまれるだけで抵抗するので、爪切りがどんな形であっても関係なさそうです。

それで、猫が自ら行う爪とぎの動作で、爪の先をカットできないか?とひらめきました。

▼石川金網株式会社 石川社長との出会い

石川金網株式会社 のおりあみ/ORIAMIは、世界初、金網でできた折り紙です。

石川社長と直接お話する機会があり、その技術力と商品開発力に感銘を受けました。
石川社長に「作りたいものがあるのですが、できるでしょうか?」と爪とぎ金網のアイデアを相談したところ、快くご協力いただけることになりました。

▼最初の試作…「猫が本当に金網なんかで爪とぎするの?」を試してみました。

石川社長からサンプルの金網をいただいて、最初の試作品を作り、うちの猫たちで確認しました。

壁などに設置して使用するボードタイプと、それ単体で床に置いて使用できるタワータイプです。
(写真は初期の試作品のため、実際の製品形状とは異なります)

そして用意したものの一つで。最初はまたたびの香で誘いましたが、そのあとはもう、バリバリと!ガシガシと!
…喜んで爪とぎしていました。
さらに質感が気持ちよいのか、からだスリスリまでしていました。
もちろん猫ちゃんによっては好き嫌いはあるかもしれませんが…うちの子たちは気に入ったようでした。
(この段階では爪のカットはできないので、爪が引っかかっています。)

▼特許出願中! 特願2017-000888

アイデアを既存の特許や実用新案についても調べましたが、似たような製品は全くありません。

製品としての新規性が高いことがわかりましたので、経験豊富な弁理士事務所に依頼し特許出願しました。

▼東京猫医療センター服部院長監修! ←専門家の協力を得られることになりました。

私たちの大事な猫を傷つけたりストレスを与えることのない、本当に安全な商品を作りたい…

猫専門病院として著名な東京猫医療センター服部院長に、アイデアを持って相談に伺いました。

「猫と飼い主にとって優しく、安全で安心な製品を作りたい!」と協力をお願いしたところ…監修を快く引き受けていただき、猫医療の専門的知見から検証とアドバイスをいただけることになりました!

これで心強い味方ができました。

▼ 東京都

この新製品開発事業が、東京都より経営革新計画として承認されました!(小池百合子都知事の名前の承認書をいただき、感激しました)

これにより各種のバックアップを受け、着実に新製品開発事業を進めることができます。

   

▼Kom&Co.Designに製品デザインをお願いしました

製品の機能面、安全性は大事ですが、せっかくなら素敵なモノを部屋に置きたいですね。

そこで製品デザイン等々をKom&Co.Designに委託することにしました。

きっと素敵な製品ができると思いますので、期待してください!!

(写真左から Kom&Co.Design取締役右田氏、ポルテひがし、Kom&Co.Design代表小牟田氏)

▼資金の使い道

猫の爪カットができる特殊な金網を作るので、十分な試作と検証を繰り返す必要がありますが、金属3D造形ができるマシンで金網の試作品を1つ作るためには1パターンにつき20万円、委託先の人件費も含めるとおおよそ200万円くらいかかります。

また検証が終わり、商品を生産するためには専用の金型(100万円~150万円×3種程度)が必要です。

猫の爪切り効果がちゃんとあり、しかも安心・安全な商品を作るために、これらは必要な費用です。

みなさんから集めた費用は、これらの一部として使用させていただきたいと思います。

▼リターンについて

全くの新製品で、まだ製品デザインもこれから決まる段階なので、イメージが伝わらないかもしれません。

今の段階で商品のタイプを選んでいただくのは難しいと思いますので、「お得」に先行購入できるようなチケットの形でもリターンをご用意することといたしました。

とりあえずこういう商品が欲しかった!(ときっと思っていただいているはず…)だけど、まだ写真もないのにどれか選べない…という方にも、また猫好きの方にギフトとしてもお使いいただけます。

▼最後に

このプロジェクトを応援してくださる方は、きっと私と同じように猫が好きで、でも猫の爪ケアにもうちょっとなんとかならないかと思っている方たちなのだと思います。

これまでにないものをこれから作るので、費用も時間も思った以上にかかることがわかってきました。そこで皆様の力を借りたいのです。

かならず良い製品を作って、できたものをまずは皆さんに真っ先にお届けしたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください