セーフティウォール設置、マットスペース拡大を図ります

プロジェクト本文

もう一度、北岡悟が強く勝てる選手に成る為に、北岡悟を頼って集まってくれた選手達の為に、北岡悟が代表を務めるジム=パンクラスイズム横浜を設備強化、より良いジムにしたいです

パンクラスイズム横浜は神奈川県横浜市中区、JR関内駅徒歩3分にあります。

横浜タナベビル地下1階です。

3年半前、当時の自分の全財産を注ぎ、前身のジムを自分、北岡悟が引き取り改修して作ったジムです。

既に日本指折りの設備空間と自負しておりますが、まだまだ至らない点があり、何より世間知らずで一般的な企業努力を怠っていた点があり、ジム経営としては順調とは言い兼ねる現在ではあります。

ジムに通えなくても、自分北岡悟や自分のジムパンクラスイズム横浜を応援したいという声を聞かせていただいたりする中、いくつか実験的なクラウドファンディングを行いました。

また、自分の前戦ではキャリアで初めてsnsでコスチュームスポンサーを募りました。

この際こちらは、有り難いことに全ての枠が埋まりました



今回、先ずはセーフティウォールを改修したい所存です。


セーフティウォールとは読んで字の如く、クッション性のある壁です。

mma練習に不可欠な、壁での練習に必要であります。

パンクラスイズム横浜はフルケージ常設のジムではありますが、その分マットスペースの設備が不充分でありました。

現状はジョイントマットを貼り付けてあるだけです。

RIZINやONE Championship等リングでの試合場での戦いも多く、フルケージ以外のマットスペースでも沢山練習を行います。

今回TRIBE TOKYO MMAのセーフティマット施工した業者に依頼を致します。

目玉のリターンとしましては、上の画像の"TRIBE TOKYO FIGHT"とプリント入っているのと同じように、白い壁に単色黒色でハッキリ大きくロゴプリントをさせていただきます。


こちらは限定、5口までと致します。

コスチュームスポンサーの時とは違い検閲は全く何もありません。

個人名でも問題ありません。

5口集まらなかった場合は、集まった数だけで割り当てて出来るだけ大きくプリント致します。

数口買い占めて、大きくプリント入れて下さっても構いません。

ロゴプリントを入れた壁の、3年間以上の使用をお約束致します。

このプリントが入ったセーフティウォールがバックの練習風景が、RIZINONE ChampionshipのVTR撮影に使われることが多々あるはずです。

小口と致しましてはONEHUNDRED ATHLETICのご協力を頂き、コラボTシャツ(綿素材)を、こちらのTシャツをリターンでご所望の方は2020年いっぱいまで、こちらのTシャツを着られるか持参していらっしゃればパンクラスイズム横浜の入会金を不要と致します。


こちらは各色50口ずつの限定です。

最後に更なる小口と致しまして、自主制作のパンクラスイズム横浜Tシャツ(ポリエステル素材)です。

格闘技練習等でも使えるポリエステル素材のTシャツです。

こちらは限定数無しです。

支援金集まり次第では、セーフティウォール施工だけでなく、マットスペース拡大を図る工事を果たしたいですし、ホームページを改善したり選手クラスや一般クラスを充実させるべく講師を招聘したく考えております。

今回のクラウドファンディングはAll-in方式で実施致します。

目標金額に満たない場合も、セーフティウォールは必ず作り、他のリターンのTシャツも必ずお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください