“食べるだけで、きれいに健康に”をコンセプトとした日本初の農家直営のスープ専門店を立ち上げます!一号店は、無印良品 京都山科店の新しい大型店舗内に出店します。50万円を達成しましたので、残り2日ですがストレッチゴールを100万円とします。

プロジェクト本文

ストレッチゴールの設定!

おかげさまで、50万円を達成しました。本当にありがとうございます。

農業ベンチャーの事業立ち上げは大変ですが、必ず皆さまや後世の起業家や未来の農業者に恩返しできるように頑張りますので、何卒スタートの支援をお願いできれば幸いです。

よろしくお願いします!


はじめに・ご挨拶

初めまして!代表の大西千晶と申します。

運営会社である日本農業株式会社は、大阪府箕面市の第一号の認定農業者法人である若手農業ベンチャーの株式会社プリローダが母体となり、

東証一部上場企業福島工業株式会社などの出資を受けて六次産業のモデルを全国に発信するために2017年に設立されました。


私自身は、18歳の時、たまたま農業体験に参加する機会があり、若手農業者の少なさなどを肌で感じたことをきっかけに、2010年20歳の時に、一次産業で起業しました。


2050年には世界の人口が100億人を超えるといわれており、どこか資本主義への限界を感じている人々が増えてきた中で、

農業を通して新しい価値の創出を行い、新しい経済のあり方を提案することで、新規就農者を増やすことを理念としています。


農業は、経済の発展だけでなく、「果実の実る木が残る」「地方が創生される」「豊かな水産資源が残る」などの新しい価値を創出できます。


しかし、起業してこの9年間、がむしゃらに農業と向き合ってきましたが、多くの課題とぶつかり、

この事業を始めるまでも、たくさん、たくさん苦労しました。

このままでは、増えない・・・。行き着いた答えが、六次産業化でした。

※六次産業とは・・・一次産業としての農林漁業と、二次産業としての加工や製造業、三次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。


商品・お店が作られた背景


日本の就農者は少なく環境保全型農業の割合も低い現状の中、就農者を増やすことにより新しい経済のあり方を発信していくビジネスモデルとなるべく、

今まで農家の取り分が微々たるものであった飲食業界へイノベーションを起こし、「運営母体が農家である」という新しい試みをスタートします。



店舗展開を進めるにあたり、本年度よりRe.Ra.Kuなどのリラクゼーションスタジオを関東圏1都4県に約380店舗を展開するほか、

健康をサポートするiPhoneアプリ「リズミー」の開発・運営を手がけているFC展開の革命児である株式会社メディロム(旧リラク)の代表取締役 江口氏にも社外取締役に就任頂きました。

環境保全型農業の新しい出口として、今後はフランチャイズの展開も視野に、迅速な店舗展開を目指しています。


私たちの商品・お店のこだわり

私たちの六次産業のお店は、「たんとスープ」というスープ専門店です。

 “食べるだけで、きれいに健康に” をコンセプトにしています。

農家直営業態という強みを活かし、野菜をじっくり煮込んだベジブロスをベースに、

農薬不使用の旬の野菜をたっぷり使用。


何度も試食会を重ねて考案した、下記の10種類のベースのスープ。

季節や時期に応じて、ベースのスープの中にはその時の旬の野菜がかわるがわる入っています。


人と地球の健康を考えながら、化学調味料や着色料、保存料は無添加で作り、栄養バランスに配慮しています。

スープを通して、畑から採れた農薬不使用野菜をたっぷり「たんと」食べて下さい。

農場と食がぐっと近くなるような癒しを与えます。



スープのセットには、玄米酵素や米粉パンを、ドリンクには自社の製品であるコールドプレスジュース「FARMACY JUICE」や、世界の上位5%に入る品質で、生産者の顔が見えるスペシャルティコーヒーを提供します。


記念すべき第一号店の場所は、京都・山科。

商業施設「ラクト山科ショッピングセンター」(京都市山科区)に11月1日、「無印良品 京都山科」(本社:東京都豊島区)が「食べる・見つける・買う」をコンセプトに、大型店舗を出店。3フロアで、売場面積は約1190坪もの広さとなり、その一角のフードコート内の区画に出店します。

https://ryohin-keikaku.jp/news/2019_0822.html

「京都駅」から「山科駅」までは約5分。
近所の方も、京都へ観光に来られた方も、是非お立ち寄りください!


リターンのご紹介

今回、一号店のオープンにあたり、記念講演会や試食会をメインとしたオープニングレセプションを行います。

出資企業である「福島工業株式会社」の新社屋でのオープニングレセプションにご招待します!

・日時:2019年12月5日(木) 17:00〜19:00(受付16:30〜)
・開催場所:「福島工業株式会社」新社屋(2019年12月3日にNewOpen!!)
 大阪市西淀川区竹島 2 丁目 6 番 18 号 (交通アクセス JR 東西線 加島 駅(3番出口)から徒歩約2分)

内容:記念講演会 【講師】福島工業株式会社 代表取締役 福島裕氏                         【講師】株式会社メディロム 代表取締役 江口康二氏
         ※たんとスープの店舗展開を進めるため、弊社社外取締役に就任いただきました  

  たんとスープ試食会 ※軽食ではございますが、たんとスープの試食をご用意します
  記念懇親会

 〜会場概要〜

 業務用冷蔵庫大手の福島工業は、新社屋社内に異業種の企業などと共同で研究開発に取り組むオープンイノベーション施設「MILAB(ミラボ)」を新設。
新たに、食に関連するビジネス(フードビジネス等)を起業 しようとする方や 起業間もない方、 および関西進出を検討している地方の既存のフードビジネス企業の インキュベ ーション施設として様々な支援を行います。 オープンイノベーション拠点の投資額は約15億円で、広さは約1100平方メートル。
食品工場や外食店の厨房、スーパーマーケットの売り場を模したエリアを用意し、自社製の工場向け食品冷凍機や店舗向け冷蔵ショーケースなど実際の工場や店舗と同じ機器をそろえます。
 食のビジネスに興味のある方は、開所したばかりの会場の見学も含めて是非お越しください!

 

プロジェクトで実現したいこと

いち、農業ベンチャーが六次産業を実現するのは実は、大変なことです。

知識(ノウハウ)・経験・資金が必要です。


農業こそが新しい経済のあり方を作ることができるという共感を生んだからこそ、スタートラインに立てたのだと思います。

それでも、今回、一号店をスタートするにあたり、意味のある発信と厚かましくも皆様からの支援・協力を頂けないかと、短い期間ですが、クラウドファンディングに挑戦することにしました。

 私たちができることは、大きくありませんが、農業に対する想いは人一倍。

色んな方と、連携することにより、新しい価値の創出は可能だと思っています。


資金の使い道・スケジュール

開店にあたり、最初に初期経費としてかかる厨房機器や備品などの購入の足しに充てさせて頂きます

<内訳>

・スープウォーマー ¥50,000 × 4台 ¥200,000

・ スープウォーマー内鍋 ¥20,000 4台 ¥80,000

・コールドテーブル ¥500,000

・玄米酵素ご飯を炊く炊飯器 極め炊き ¥150,000

・ジュースミキサー ¥135,000

・電気ケトル ¥5,000

・スープ器、食器グラス類 ¥300,000

・制服 ¥100,000

・調味料などの食材費 ¥150,000

・まな板やレードル、ボウル鍋などの調理器具など ¥50,000

・テイクアウト用のエコ容器など消耗品類 ¥150,000

・キャビネット、作業台、置台や棚など ¥180,000

・campfire手数料 

合計:¥2,000,000


<スケジュール>

募集期間を2019年10月30日までとし、2019年11月1日にお店をオープンします!


最後に

農地・みどりを守ることで、農業に携わる人が増え、農業界の底上げによって、また農業をする人が増えることにより、他の地方の活性化に繋がります。

そんな、新しい価値を生み出し続けながら、皆様の健康と地球の健康を支援していきたいと思っております。 

 是非、みなさまの暖かい応援をよろしくお願いいたします。


〜店舗の詳細〜(住所・営業時間・アクセス等)を書きましょう。

「たんとスープ 無印良品 京都山科店」

住所:京都市山科区竹鼻竹ノ街道91 ラクト山科ショッピングセンターB1F
https://www.racto.jp
(JR東海道本線・湖西線、京阪京津線、京都市営地下鉄東西線「山科駅」下車、すぐ。)

営業時間:10:00〜20:00

たんとスープURL https://tantosoup.com



  • 2019/11/10 16:00

    オープンして1週間が経過しました!おかげさまで、連日賑わっています。今週は情報番組からの取材もあり、「たんとスープ」を紹介いただきました。▼朝日放送:「おはよう朝日です」▼毎日放送「ちちんぷいぷい」そして、12日(火)は一号店オープンまでを密着で約3ヶ月丁寧に取材していただいた読売テレビの「か...

  • 2019/11/03 08:22

    支援していただいた皆様のおかげで、無事に開店することができ、また多くの方にご来店頂きました!ありがとうございます。美味しかったという声もたくさん聞くことができ、嬉しい限りです!

  • 2019/10/29 00:29

    たくさんの方に応援していただき、こちらのプロジェクトは50万円の目標金額に到達しました。本当にありがたいです。感謝します!この恩を返していけるようにこれからも頑張ります。もう残り2日しかありませんが、本当の必要資金である100万円をストレッチゴールとして設定したいと思います。立ち上げは思ったよ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください