国際貢献やエコといった思いも含めた私たちの取り組みです。本革の革ジャンは値段が高いために購入を躊躇されている方が多くいらっしゃることかと思います。私たちは、リプロダクトレザーを活用し、本革の革ジャンを仕立て良く低価格で提供することができる環境を整えるべく、クラウドファンディングに挑戦します。

プロジェクト本文

このプロジェクトに込めた思い

初めまして。私たちは、東南アジアで古着の買い付けをする仕事をしています。

今回のプロジェクトは、カンボジアで立ち上げることで考えています。そのきっかけについてですが、6年程前に初めて革ジャンのオーダーをする為、下見がてらにカンボジアに行きました。タイから陸路で国境を超えたのですが、そこで目にしたのは、今では近代的になったバンコクから僅か4時間しかかからない場所で舗装もされていない道路、学校に行きたくても行けない子供達、小さな子供から大人まで協力し合い一つの仕事をしている光景でした。でも子供達はなんの迷いもなく屈託のない笑顔で微笑みかけてくれたのです。その時私にも当時小学生の娘と2歳の息子がいたのですが、国が違うだけでこんなにも環境が変わってしまうのだと改めて感じ、そんな子供達にもっと笑顔をと思い今回の事業を成功させたいと思いました。



本プロジェクトの特徴

この事業の実施にあたって、安さだけを追求するのでなく、以下の3点に配慮しており、皆様からのご賛同、ご支援を賜ればと思います。

  • ①エコ
  • ご提供する商品はリユース品となります。
  • リユースですので、本プロジェクトで動物を殺生することはございません。
  • 革ジャンの生産にあたっては、中古の革を繋ぎ合わせるため、どうしても若干の革質、色味の切り替えは入りますが、切り替え場所もそれぞれ異なるので、逆に世界に一枚しかない革ジャンになります。


  • ②仕立て

古着の革ジャンをつなぎ合わせた後、最終工程でレザー専用のクリーナーで色艶を付けて新品のような風合い仕立てます。

また、付属のジッパーは耐久性に優れたYKKジッパーを使用。

  • ③国際貢献
  • プロジェクトに込めた思いのパートで述べましたが、本事業の生産拠点をカンボジアで立ち上げます。商品を低価格でご提供するという目的もございますが、発展途上国の中でもカンボジアは近年高い経済成長を続けてはいますが、国内に十分な雇用吸収先の創出を伴った成長ではなく、海外へ出稼ぎする人々が年々増えているといった状況で、本事業は重要な課題となっているカンボジア国内での雇用創出にも貢献することができます。

資金の使い道

 ・原材料(古着の革ジャンや付属品等) → 約1,500,000円

   ・作業工賃含む提携工場との契約金   →     約350,000円

 ・出張費用 輸入経費               →    約150,000円

 



クラウドファンディング目標金額

2、000、000円

本件、All-or-Nothing方式での企画となることをご了承下さい。

▼実施スケジュール

クラウドファンド終了後、原材料を現地で購入し縫製ラインを増やし、一ヶ月後くらいから現状の工場にて生産開始予定です。その後、このプロジェクトをみてリプロダクトレザーを販売したいと思った小売店や問屋さんといったルートへの販路拡大も実施する予定です。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください