▼ご挨拶

こんにちは!ボクママ製作委員会、五十嵐万葉です。今回の企画は実際に「自閉症スペクトラム障害」を持つ母の体験談を元に作られました。私の息子も同様に発達障がいです。発達障がいを描くにあたり、本や映像を……とも考えましたし、実際私もこの障がいを知るようになって、まず知りたかったのは「同じ境遇の方たちはどうしているんだろう」でした。私だけなのかな?と不安になった日もありました。息子がどんな状況なのかも変わってあげられることもできません。そんな毎日の中で「もし同じ障がいに出会っている人にも何か伝えられるかもしれない」と私自身も不安の中で手探りで過ごしていく一筋の光、希望・・・そう思いできたストーリーです。私自身の体験を伝えること・・・やはり空気感で伝えたいと思い舞台化することにいたしました。

演出に西鹿七こと、さい鹿秀吉を迎え、メインキャストに地下アイドル出身の鈴木康洋、女優・大谷直子の愛娘・華子、劇団CATMINTの吉野紗織、島崎晋之介を迎えてお届けします。

またセミナーには、冒頭に介護事業界では有名な「株式会社かい援隊」より会長 新川政信氏を迎え、さらに実際の現場の声として、早稲田大学人間科学部健康福祉学科卒、現在某大手通信企業にて発達障害者への仕事のコーチングをしている、松本恵美子氏をお迎えしてのキャストを交えてのトークイベント風セミナーを開催いたします。同日は舞台裏トークショーも開催いたします。

▼このプロジェクトで実現したいこと・やろうと思ったきっかけ

舞台では「自閉症スペクトラム障害」を持つ人でなく、その周りを表現すること、映像でなく舞台化することで、リアル感を出し、観るみなさんが少しでも興味を持ってほしいと思っています。また同じ境遇の方々へも「一人じゃないんだ」と伝えたいと思います。

▼資金の使い道

俳優のギャラはもちろん、ステージ準備、ステージレンタル代、広告宣伝費、などあらゆる公演費にします。

▼リターン、およびチケット予約について

別途リターンページをご覧ください。なお、講演会トークイベントは100名様限定イベントになります。数に達した場合は販売を終了する場合もございます

 

▼最後に

舞台好きにも、リアルな障害者の問題にも心に刻む作品です。いろんな意味で泣かせます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください