【演劇×YouTube】YouTubeでエンターテイメントに関わる人を紹介、宣伝するチャンネル。芝居の新しい表現の形、役者のまだ知られていない魅力を伝える。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして、日本小劇場小屋付きの岩崎と申します。

2001年に高知県から上京し、劇団に入り役者として舞台に携わってきました。2005年~2012年の間は、年間4~5本公演を行う劇団に入団し活動しました。2012年に退団しますが、それからは音響(主に殺陣サンプラー)として、2.5次元の舞台を中心に活動してまいりました。

現在37歳。自分が演劇に何か出来ないかと模索している中、日本小劇場というYouTubeでの企画を始動しました。


このプロジェクトで実現したいこと

2015年に活動休止し、就職。サラリーマンをしながら年に一度は舞台に立つようにしていますが、現在は2年程舞台には立っていません。

役者は、TV、映画、舞台以外にお芝居をする場所はないのか。

YouTubeではどうか?

空いた時間や、休日にお芝居をする。

少ない時間で魅力を発信できる。

そうして、チャンネル登録者を増やし、実際の舞台を上演する際に、お客さんに観に来てもらう。色んな劇団、役者が宣伝する。そして、YouTubeでドラマを作る。

プロジェクトをやろうと思った理由

そもそも役者とは何か。

売れている、食べていけているとはどういうことか。

昼から夜まで稽古をし、深夜にアルバイトをする。空いている時間で台詞を覚え、手が空いたらスタッフさんのお手伝い。その環境に付いていけず、辞めていった役者さんは数知れず。僕も結婚し家庭ができて辞めていった一人です。

TVや映画に出ている俳優だけが凄いのか。舞台に立っている役者は売れていないのか、凄くないのか。凄いってなんだ。演技がいくら上手くても、消えていってしまう役者さんたちが沢山います。生き様や思いを、演技を後世に残したいという思いがきっかけです。「YouTube上に誰でも使用できる小劇場を作る」僕だけではない、新しい役者さん、凄い役者さん、映像として残さなければいけない人を、より多くの人に観て貰いたいです。

これまでの活動

3年ほど前からYouTubeを初めて、動画撮影や編集を手探りで続けています。YouTubeのライブ配信のリアル感は舞台で経験した環境に似ていると思います。演劇とYouTubeの新しい可能性を日々模索しています。


資金の使い道

撮影機材の購入に使用します。

カメラの購入を予定しています。また、残りの資金でマイクや三脚、照明などを増やします。


リターンについて

▶20,000円(限定4個)

①ありがとうカード(ポストカードで郵送)※メッセージとサイン入りをお届けします!

②ありがとう動画(YouTube限定公開)

※リンク先のURLをメールにてお届け致します!感謝をお伝えします!

③ありがとうドラマ2本(YouTube限定公開)

※「感謝」をテーマにしたオリジナル脚本ドラマ(1話完結を2本ご用意します!)

④日本小劇場オリジナルキャップ!これであなたも小屋付きさん!?サイン入りです!

▶10,000円

①ありがとうカード(ポストカードで郵送)※メッセージとサイン入りをお届けします!

②ありがとう動画(YouTube限定公開)

※リンク先のURLをメールにてお届け致します!感謝をお伝えします!

③ありがとうドラマ(YouTube限定公開)

※「感謝」をテーマにしたオリジナル脚本ドラマ(1話完結)

▶5,000円

①ありがとうカード(ポストカードで郵送)※メッセージとサイン入りをお届けします!

②ありがとう動画(YouTube限定公開)

※リンク先のURLをメールにてお届け致します!感謝をお伝えします!

▶2,000円

①ありがとうカード(ポストカードで郵送)※メッセージとサイン入りをお届けします!


実施スケジュール

 クラウドファンディング終了

YouTubeライブ配信にて結果発表

2020年1月頃 リターン用作品の撮影開始

2020年2月~3月前後に、リターン発送


最後に

3年後に舞台を作る気持ちでいます。

これからの3年で役者として生き残るかが決まります。今まで出来なかったものを、無かったものを作りたいです。

人を繋いで、繋げていく人生にしたい。

少しでも共感していただけたら嬉しいです。何卒宜しくお願い申し上げます。



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください