誰もが外国でぶつかる「世界共通の悩み」を解消するため、言葉がわからなくても動きで意思を伝えられる世界共通のコミュニケーション手段を開発します!

プロジェクト本文

1年間に海外へ渡る日本人は2000万人に迫り訪日外国人は3000万人を突破!中でも多くの人にとってぶち当たるのが「言葉の壁」です。

日本では1964年の東京オリンピックの際、言葉に関係なく施設などの目的が絵で伝わる「ピクトグラム」が開発され、やがて世界に普及していきました。

あれから半世紀。言葉に頼らず、自分の意思をもっと楽に伝えられる手段があれば、みんなが便利になると考え、わかりやすい動きでコミュニケーションをとれる「動くピクトグラム」の制作に挑みます。


パントマイムの動きを取り入れたネタをやっている与座よしあきと申します。

私たちは、言葉だけでなく、動きでコミュニュケーションが取れるともっと外国の人たちと意思疎通ができるのではないかと思っています!

実用的なものから、クスりと共感できるネタ的な物まで作っていけたらと考えております!

与座よしあき Twitter⇒ https://mobile.twitter.com/yozaza

与座よしあき Facebook⇒ https://m.facebook.com/yoshiaki.yoza


「水が飲みたい」「駅に行きたい」「充電したい」といった、インフラにまつわる内容から「ディスカウントショップに行きたい」「タピオカドリンクを飲みたい」「メイド喫茶に行きたい」といった趣味嗜好にまつわるものまで。

スマホで簡単、検索ひとつで見られる動画で表現しますまずは、わかりやすいものからスタート、みなさまの支援とともにバリエーションを増やせたらと考えています。


お笑いコンビ「ホーム・チーム」を経て、現在はピン芸人として活躍。

毎年行う「与座よしあき単独ライブ」は絶大な人気を誇り、「一人なのに相手が見える」「何もないのに風景が見えてくる」と言われるほどの表現力で来場者を魅了し、テレビ・ラジオ業界の関係者にも多くのファンがいる。


俳優としての評価も高く、映画「サマータイムマシーンブルース」「嫌われマツコの一生」「気球クラブ、その後」など、本広克行、中島哲也、園子温といった日本を代表する映画監督の作品に出演。


その他、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」「ムコ殿」「ちゅらさん」「都市伝説の女」などでも活躍。

また、舞台にも数多く出演し、「向田邦子賞」「岸田戯曲賞」を受賞している作品では圧倒的な存在感を誇り、いずれも高評価を得ている。


来日する外国の方、そして自分たちが海外に行っても役立つような動くピクトグラムを考えます!

面白そうだなと思った方、そして自分も使ってみたいと思う方、一緒に新しいコミュニケーションツールを作っていきましょう!



1:ピクトグラム缶バッジ 直径76mm
¥500 100セット

2:ピクトグラム缶バッジ5個セット 直径25mm
心をこめたほっこりお礼メール
¥2000 100セット

3:ピクトグラムTシャツ
(5つのデザインからおひとつ サイズは M L お選びいただけます)
¥5000 30枚

4:ピクトグラムTシャツ(サイン入り)
(5つのデザインからおひとつ サイズは M L お選びいただけます)
支援者のお名前を呼ぶお礼動画
¥8000 20セット

5:ピクトグラム缶バッジ5個セット
 支援者のお名前を呼ぶお礼動画
 ピクトグラムTシャツ
(5つのデザインからおひとつ サイズは M L お選びいただけます)
¥10000  10セット

6:あなたのお題を動くピクトグラムにして次回放送します
(支援者のお名前をクレジット)
缶バッジ5個セット付き
¥10000  10セット


【追加リターン】

※【カラー】 ブラック・グレー タイプ
よざよしあき直筆サイン入りピクトグラムTシャツ

※5つのデザインからおひとつ選んでください。
※サイズは、MかLのどちらかをお選びください。
※カラーは、ブラックかグレーのどちらかをお選びください。



【Tシャツ素材】
 綿90% (ミックスグレー:綿90%、レーヨン10%、その他:綿100%)


撮影で借りるスタジオ代 5万円
収録・編集するディレクターの作業代 14万円
音響効果のオペレーター作業代 3万円
クラウドファンディングの利用代 6万円
リターン制作と発送費一式 10 万円


・この企画はオールイン形式で実施します。

・目標金額に達しない場合は集まった金額でできる範囲の撮影を行います。

・ご支援の際に、お名前(10文字以内)を希望欄にご記入ください。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合でもプロジェクトを実施いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください