◆はじめに

ご覧頂きありがとうございます。大阪でハンドメイドレザーグッズを製作販売しているPRIMARY FIELD LEATHERWORKSと申します。

主に北米をはじめ、オーストラリアやイギリスなどの海外にてミニマリストやEDC(Everyday Carry)ユーザー向けレザーアイテムを展開しているようやく立ち上がったばかりの完全ハンドメイドのレザーグッズブランドです。



◆プロダクト

キャッシュレス先進国で最も人気の高いレザーウォレットを数多くリサーチし、本当に必要なものを必要なだけ備え、かつシンプルでありながら末長く使用できる存在感のあるウォレットを作りたいという思いからこのプロジェクトは始まりました。同時にそれは徹底的にカッコ良いものであるべきだと信じています。

最先端であるキャッシュレスを体現する者は、何よりも美しくクールであるべきだと考えるからです。

幾度となく試作を繰り返し、たどり着いた5種類の完璧なスタイルをご紹介します。


・SOLID スリムカードウォレット

圧倒的にスリム。1つのカードスロットと、もしもの時のお札を折って入れておけるビルポケットを装備。真のミニマリストのために生まれた完全にシンプルなウォレットです。


・SOLID 2 二つ折りカードウォレット

内側に2つ、外側に1つのカードスロットを装備。カードを持ち運ぶために徹底的にデザインされたウォレット。見た目以上の収納力に驚いてください。


・NAKID 縦型ウォレット

左右それぞれ2つずつのカードスロットと1つずつの隠しポケットを装備。海外ではトラディショナルでポピュラーなデザインをさらに最適化した、収納力抜群の二つ折りウォレット


・TRADITION ビルウォレット

もっともトラディショナルな二つ折りウォレット。合計4つのカードスロット、2つの隠しポケットに加えお札入れが装備されています。


・PRIME ノートウォレット

FIELD NOTES や Moleskine Cahier Pocket にジャストフィットするノートカバー一体型ウォレット。2つのカードスロットと隠しポケットを装備。


あなたのスタイルに合わせたシンプルかつ完璧な1つが必ず見つかるでしょう!


◆こだわり

完璧な手作り。ハンドメイドにこだわるのには、理由があります。

全てのPrimary Fieldのプロダクトが生み出されるまでに、パーツを一つ一つ丁寧に裁断し、しっかりと手縫いする。全ての縁を数回に分け丁寧にバーニッシュ(磨き上げ)し、最後に蜜蝋を使いコーティングを行います。(この工程は量産されるレザーアイテムにおいて省略されることが多く、そのほとんどが塗料を使用して塗り隠す方法がとられます。しかしながら、塗料は経年によりひび割れ剥がれてしまい、それはやがて製品寿命に大きな損失を招きます。)それでこそ初めて「一生使える」本物の革財布が出来上がるのです。

完璧なハンドスティッチは「サドルスティッチ」と呼ばれ、いかなる高価なミシンにも絶対に真似することができません。

手縫いすることでそれぞれの糸は縫い目ごとに上下が入れ替わり、しっかりと革と革をつなぎ合わせていきます。また、一箇所がもし万が一切れてしまっても全ての糸がほつれてしまうこともありません。

一方でミシンによるロックスティッチでは、上の糸は上側だけを、下の糸は下側だけを縫い続けるため、一度切れてしまうと全てがほつれてしまいます。

これが「真のハンドメイド」にこだわる理由です。

これこそが生涯保証をご提供できるひとつめの理由です。


◆ヌメ革について

100%植物性タンニンによる「なめし」の工程は、時間も手間も想像を絶するもの。

そのため、高級と称されるものであったとしてもアイテムに使用されている殆どが化学薬品によって短時間でなめし量産された「クロムなめし」レザーです。

その多くが長持ちせず、経年による劣化でヒビ割れたりボロボロと崩れてしまったり。ケアのための油分もしっかりと染み込まないため、本当の意味で末長く愛用することが困難なものばかりです。

ヌメ革(ベジタブルタンドレザー)は、その名の通り植物から摘出された自然にも優しいタンニンだけを使用し、ゆっくりと時間をかけ昔ながらの伝統製法でなめしていきます。

中でもSepici TanneryのV1レザーは、他を寄せ付けないほどの本物の高級ヌメ革。

その工程は最大で40日にもなり、また化学薬品を一切使用せず植物由来のタンニンだけを使用するため、アレルギーや環境への影響を含むユーザーの健康に対するリスクが著しく限定されるのです。

最高品質でありながら同時に環境にも優しい数少ない製品の一つとして世界中から注目されています。

新品の状態では滑らかなベージュ色をしており、使い込むほどに環境の影響をうけ艶やかな飴色に経年変化します。

末長く使えるものだからこそ、末長く使ってほしい。

それはやがて、世界で唯一あなただけの相棒となるのです。

これこそが生涯保証をご提供できるもうひとつの理由です。


◆リターン(超特別価格)
SOLID

¥4,500¥2,900
¥1,600 OFF

CAMPFIRE超特別価格

105mm × 70mm

・Vegetable Tanned Leather

・High Quality Polyester Thread

・先着限定50名様


SOLID 2

¥5,600¥3,900

¥1,700 OFF

CAMPFIRE超特別価格

105mm × 70mm (折り畳み時)

・Vegetable Tanned Leather

・High Quality Polyester Thread

・先着限定50名様


NAKID

¥9,500¥6,900

¥2,600 OFF

CAMPFIRE超特別価格

75mm × 115mm (折り畳み時)

・Vegetable Tanned Leather

・High Quality Polyester Thread

・先着限定50名様


TRADITION

¥12,800¥9,500

¥3,300 OFF

CAMPFIRE超特別価格

120mm × 80mm (折り畳み時)

・Vegetable Tanned Leather

・High Quality Polyester Thread

・先着限定50名様


PRIME

¥13,500¥9,900

¥3,600 OFF

CAMPFIRE超特別価格

・110mm × 155mm (折り畳み時)

・Vegetable Tanned Leather

・High Quality Polyester Thread

・先着限定50名様




◆資金の運用について

クラウドファンディングでご支援いただくにあたり、その資金の運用方法はとても重要な責務を負うと確信しております。

Primary Fieldのプロダクションは現在、とても小さなベッドルームをレザークラフトに最適な改造をした作業スペースで行われています。しかしながら、ビジネスとしてより大きく展開するために今までよりもできるだけ大きなスペースを必要としており、それはレザーの在庫を確保するためのスペースや、より優れたプロダクションのための作業スペース、または実際に来客可能な商品展示スペースとして使われます。これらのスペースのためにおよそ30万円の予算が必要です。

また、日本国内では入手困難なレザークラフトに最適な工具や機械を海外から購入するためや、よりハイレベルなクオリティを具現化するための素晴らしい工具を購入するためにおよそ50万円かかると算出されました。

その他に、このプロジェクトをより多くの人に知っていただくための広報費用、Primary Fieldにクラウドファンディングでご支援いただくチャンスをくださったCAMPFIREへの手数料も含まれます。

そして、ご支援くださった皆様へのリターン制作のための美しいヌメ革の仕入れも忘れてはいません。

皆様のご支援のもと、どうかPrimary Fieldに革新的かつ伝統的なレザーブランドとして成長させていただきますよう、よろしくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/11/02 15:30

    前回のプロジェクトではたくさんのご支援を賜り、本当にありがとうございました。新たなプロダクトを引っ提げ、新プロジェクトがスタートされましたのでお知らせいたします。https://camp-fire.jp/projects/view/215346超シンプルなIDスロット付きのカードウォレットです...

  • 2020/05/19 21:59

    皆様、おかわりはございませんでしょうか?とても大変な時期を、少しずつ脱しようとしつつあります。どうかくれぐれもお身体をお大事になさってください。さて、前回のプロジェクトから数ヶ月が経ち、ようやくこの度小さいながらもオンラインシャップを立ち上げることができました。少しずつですが新製品も増やしてい...

  • 2020/02/27 23:35

    本日全ての発送が完了いたしましたのでご報告いたします。この度はご支援本当にありがとうございました。場所にもよりますが、今週末中にはお手元に届くかと思いますので、今しばらくお待ち下さい!近いうちにまたCAMPFIREにてプロジェクトを開催できればと思いますので、その時はよろしくお願いいたします。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください