私たちスタジオゲイズは、2Dアニメーター専攻の専門学校生が運営している、学生アニメスタジオです。アニメ技術の3D化が進む中、日本の文化である平面的で簡略的な美しさ、手描きのこだわりを大切に、誰かの心に残るアニメーションをモットーに、アニメーションを作っています。

1作目である校内コンテスト作品、「GAZE」を受けて、スタジオ名は「studioGAZE」に決めました。たくさんの人に見ていただけるような作品作りを目指して、1年に1作のペースで短編アニメ制作を中心に活動しています。

よろしくお願いします!


今回新作として、来春の2020年4月公開予定の「プエラドラコ」は、“誰かの思い出になる作品”をコンセプトにファミリー層向けの作品を企画しました。
いつか夢見た空想の世界、そして訪れる人生の大きな試練。子どものころに観て、大人になっても心に残る物語を作りたいという思いから、このプロジェクトを始めました。

中世の地中海沿岸地域の雰囲気をベースに、幻獣や魔獣などの力からエネルギーを得る、化学の発展していないファンタジーの世界で、自然と共存する人々の生活の営みを描きます。
その世界の中で、主人公の少女が、ドラゴンであるかけがえのない親友との体験を元に成長する姿をテーマに脚本を書きました。

完成後は、DVDの制作と販売、またインターネット上での配信などを考えています。



スタジオゲイズ発足後は、グッズの制作や即売会での販売、短編アニメの制作を主な活動としてきました。

1作目となった「GAZE」は、本予告のみYoutubeとTwitterで公開しております。


このクラウドファンディングでの協力者の募集を機に、より組織化され、もっと多くの人に私たちの作ったアニメを、見ていただける団体へとパワーアップしていきたいと考えています。


ご支援いただいた資金は、主に短編映像プエラドラコの制作費に充てさせていただきます。他にリターングッズの制作、またスタジオゲイズのグッズ製作費等々の制作費に使用させていただく予定です。

アニメ制作には、多くのスタッフ、また制作のための環境が必要になります。学生の力だけでは限界があるところを、みなさんのお力を貸していただけましたら、大変嬉しく思います。




※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください