トウホグサウナ委員会について

2018年11月に実施したTOHOKU SAUNA FESの際の集合写真私達は東北在住のサウナ愛好家の集団で現在は9名で活動しています。住んでいる場所は宮城、福島、山形、岩手と離れています。然し、各々の生活の傍にあるサウナを愛し(行き) 、催し事があれば集っております。2018年の晩春に開催されたEarth Day Tohoku でMARUMORI-SAUNA のオープン情報を確かめる為、錦町公園に集まったのが懐かしいです。その後は、ZINE やトークイベントでMARUMORI-SAUNA を紹介や利用させて頂く事で丸森の自然の豊かさ、環境の素晴らしさに触れる事が出来ました。

台風19号でMARUMORI-SAUNAが被害を受けた今、東北のサウナファンとして今できることは何だろうと考え、MARUMORI-SAUNAメンバーと一緒にこのクラウドファンディングを立ち上げました。


MARUMORI-SAUNAとは?

宮城県丸森町の不動尊キャンプ場内にある小高い丘にひっそりと佇むMARUMORI-SAUNA川まで徒歩20秒。サウナをきっかけに自然の中に身を置くことで、素の自分に戻る時間を提供してきた


2018年10月に宮城県丸森町の不動尊キャンプ場でスタートしたフィンランドサウナ施設、MARUMORI-SAUNA。サウナに入ることで身も心も丸裸になり、東北の豊かな自然の中に身を置いて感性を解放する場所です。宮城県内はもちろん、全国の多くのサウナーに愛されてきました。

MARUMORI-SAUNA Webページ:https://www.marumori-sauna.jp


台風19号による甚大な被害

今回の台風により、このMARUMORI-SAUNAのあるキャンプ場は大変な被害を受けました。道路は陥没し、サウナ小屋の目の前の土地は消え、木々はなぎ倒されました。

そんな中、MARUMORI-SAUNAのサウナ小屋は濁流に襲われたにも関わらず、床下浸水等の被害は受けましたが、奇跡的に建物が残りました。

【吊り橋の上より】外気浴やBBQを楽しめるサウナ小屋前の土地が消えた

MARUMORI-SAUNAがあるキャンプ場も大きな被害を受け、営業再開の目処が立っていないキャンプ場の被害が甚大であり営業できる状況ではないため、現在キャンプ場は休業中です。それに伴いMARUMORI-SAUNAも営業休止しています。キャンプ場復旧の目処は立っておらず、MARUMORI-SAUNAも同様に営業再開の目処は立っていません。


「MARUMORI-SAUNAから受け取ったもの」

サウナでほぐれたココロとカラダを徒歩20秒の川に浸かりながら、石の上で素の自分に戻る

丸森の四季折々の色や音、香りに包まれる豊かな時間2018年秋にオープンしたMARUMORI-SAUNAは全国のサウナーの間で話題となり、この1年間で多くのサウナーが訪れました。

「MARUMORI-SAUNAの自然に飛び込み、包まれる感覚が好きです。」と、これまでサウナが苦手だった人、入ったこともなかった人など、新しいサウナファンも数多く生み出してきました。

MARUMORI-SAUNAは「サウナ」という手段を使って、東北の、丸森の大自然の中に身を置き、自分と向き合う時間が得られる場所であり、何者でもないありのままの自分に還ることができる場所なのです。

「それでもこの場所で、自然の一部を少しだけ間借りさせていただく気持ちで」と再起を誓うメンバー

東北&丸森の自然を心から愛するメンバーがMARUMORI-SAUNAを作って運営しています。
https://www.marumori-sauna.jp/marumori-sauna


一緒に”MARUMORI-SAUNA物語第2章”をつくりませんか?

未曾有の台風を耐え抜いたこのMARUMORI-SAUNA。

実際にその姿を目の当たりにし、これはもう奇跡としか言いようがないと思いました。

自然と共に生きていくことの意味とは?という問いを強烈に突きつけられ、それでもこの場所でMARUMORI-SAUNAを継続していきたいという設立メンバーの想いも感じました。

営業再開の目処が立たない中、これまでMARUMORI-SAUNAを訪れた人たちの言葉が支えとなっている

この場所は、訪れる全ての人たちの大切な居場所です。この居場所を必要とする人々と共に新たなMARUMORI-SAUNA物語を考えたい!そんな想いに共感してくれる熱い仲間とこのクラウドファンディングを通してつながり、次のMARUMORI-SAUNAを一緒に創っていきたいと考えています。

設立メンバーと同じ熱量で、この場所やMARUMORI-SAUNAに関わる人たちを愛してやまない人々がたくさんいるのだ!というメッセージを、台風の被災以降に少し元気を無くしているMARUMORI-SAUNA設立メンバーへ、目に見える形で届けたいと思っています。

この想いに賛同頂ける方、ぜひ一緒にMARUMORI-SAUNA物語の第2章を創りませんか?


MARUMORI-SAUNA設立メンバーから 

MARUMORI-SAUNAについて、色々と気にかけていただきありがとうございます。

台風19号により大きな被害を受け、これからどうしよう・・・と悩んでいた時に、東北サウナ委員会の皆様から「応援団募集という形で応援してもらうのはどうだろう?」とお声がけをいただきました。

大きな被害を受けている方がたくさんいる中で、私たちから「助けてください」と声を上げることに躊躇していました。しかし、私たちと一緒に次のステップを考える仲間を募集することは、被災した/被災しないではなく、今の私たちにとって必要なことだと考え、今回の応援団募集を実施することになりました。

私たちは今回の台風により、自然と共に生きることの意味を深く学びました。

丸森・東北の自然の価値を形にして発信していくことにさらに磨きをかけて、必ず復活いたします。

応援団として、私たちと一緒に次の一歩を踏み出していければ大変心強く、嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。 

以下、設立メンバー4名のそれぞれの今の思いを記載いたします。



資金の使い道

MARUMORI-SAUNAの営業再開に向けて活用させていただきます。


リターンについて

MARUMORI-SAUNAのパンフレット3部+MARUMORI-SAUNAスペシャルステッカー2枚を送付いたします。ぜひ身近なものに貼っていただいて、MARUMORI-SAUNAを発信して頂ければ嬉しいです!


実施スケジュール

不動尊キャンプ場と一緒になって、再開を目指していきます。 
甚大な被害を受けており、具体的なスケジュールの目処は立っておりません。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください