異色の?!移植系ユーチューバー、サイボーグまんちゃん!!障がいを持って産まれて、日本で生きた"これまで"と、ドイツで生きる"これから"を発信します。まんちゃん頑張るまん٩(ˊᗜˋ*)و

プロジェクト本文

【ご挨拶】
初めまして❗
移植系ユーチューバー、サイボーグまんちゃんです。
腎移植19年、今できることを最大限に😄✨✨
元気なこの身体を生かして、今年9月、小さい頃から夢だった海外(ドイツ)移住をしました❗😆

でも、ここに来るまでには本当に大変なことがたくさんありました😔

もしかすると今も日本のどこかで、私と同じように苦しんでいる子どもがいるかも知れない。
"大丈夫、1人じゃないよ!"

「どうして元気な身体で産んであげれなかったんだろう」って悩んでるご両親がいるかも知れない。
"一番辛いのは、私の病気で苦しんでいるお母さんとお父さんを見ることだよ。私(お子さん)を信じて!"


伝えたいことがたくさんあります。


だから、行動してみることにしました🌟

目標額達成後、これまでの経験、これからの経験を各週にわたり発信していきます❗❗🥳

※詳細は下の【サイボーグまんちゃん誕生と活動理由】に記載しておりますので、そちらをご覧ください。

🌻よろしければフォローお願いします🌻
  ✽twitter:@cyborg_m
  ✽Instagram:cyborg_manchan


【サイボーグまんちゃんについて】
生まれつきの先天性形成不全腎という、腎臓が3ヶ月のまま大きくならない障がい(腎不全)を抱えて産まれてきました。
発見されたのは4歳の時、保育園の尿検査。
それから3ヶ月間は原因がわからず、試しにエコーを撮ってみると腎臓がない❓❗😵
その時点で、”腎移植”は避けては通れない私の選択肢でした🤝
小学校5年生の時に腹膜透析を行い、9ヶ月後の小学校6年生の時に父の腎臓を貰い生体腎移植をし、19年経った今でも元気に生きています🙂


【生体腎移植とその真実】
まず初めに、「小児生体腎移植」をご存知ですか?
日本は献体(脳死)移植が盛んでは無いので、特に小児の場合は両親から臓器を貰う生体腎移植が主です。

※データは一般社団法人日本移植学会より流用してます。

私も献体移植に登録していたのですが15年待ちだったと思います😱
そのため、12歳の時に当時52歳(移植した時は51歳)の父の腎臓を貰い、小児腎移植を行いました。
そして、この事実をご存知でしょうか?

"移植してもこの身体は永遠ではない"

[腎移植の生着率(移植した腎臓が機能している確率)は生体腎移植では3年で95.2%、5年で91%、10年で74.6%、献腎移植ではそれぞれ86.6%、79.1%、59.3%]※データは一般社団法人日本移植学会HPより

同じタイミングで移植した人の中にも、既に透析に戻っている人は何人もいます。
自分の持つ寿命とは別に、腎臓の寿命があるそうです。

だから、今できることを最大限に。

約10年程務めた日本の会社を辞め、小さい頃から夢だった海外移住をしいろんなことにチャレンジしてみることにしました!💖🥰💖


【サイボーグまんちゃん誕生と活動理由】
皆さんにとって、"慢性腎不全"や"臓器移植"ってどういうものなのでしょうか?
私にとってそれは、息をするのと同じくらい、"当たり前のこと"でした。
しかし、いくら私がそう言っても、なかなか理解を得ることは出来ません。

"障がい"というカテゴリーの中に入れられた義務教育時代。

同情、哀れみ、軽蔑、差別、言葉の暴力、疎外感

それらは全て大人から受けたものです。
何度も言われた、

「あなた(障がい者)にはあなた(障がい者)の行くべき場所がある」

という"教育者"からの心無い言葉。
子どもを守るはずの"大人"の言葉はあまりにも残酷で、2回不登校になりました。
ストレスのあまり、大人を目の前にすると声が出なくなったこともあります。


「皆と同じような生活がしたい」

「皆と同じように学校に行きたい」


ただそれだけを願って受けた移植手術。
手術の結果は大成功。
でも、普通の学校からは受け入れてもらえず、小学校6年生の3学期から中学校3年間は養護学校に行くことになりました。
その瞬間、私は自分が"障がい者"であることに気づきました。


病気ってそんなに不幸なことですか?

そんなに怯えることですか?

私は"他のクラスメイト"とはそんなに違いましたか?


日本が私にとって大切な国である一方、集団の意識の強い日本 で生きることに、"その他"と言うレッテルを貼られた私は、小さい頃から 日本で生きることに生きづらさ を感じていました。

"隣の芝(海外)は青い"

そうなのかも知れません。
でも、"海外"と言う存在は、あの時、大人の手によって孤独に追いやられる小さな女の子にとっては、間違いなく"心の支え"でした。


もしかして今も、日本の片隅でそんな思いをしている子どもがいるかも知れない。

大人になった私は、少しでもその子どもに手を差しのべることが出来るでしょうか?


だから、包み隠さず発信していくことにしました!


顔は出しません!
そしたら傷付く人がいるかも知れない。
誰かを貶めたり、傷つけたいわけではないんです。
過去のことを恨んでいるわけではありません。
そこはご理解ください。


病気だったから辛かったこと

病気だったから"幸せ"だったこと

病気だったから経験できたこと

病気だったから出会えた大切な人たち


”海外”という選択肢も、"病気"だからしたことです。


"病気 "だから今の私

"病気"だから私の人生


だって最初から、私の隣には"病気"が当たり前にいました。


サイボーグまんちゃんのモットーは、

"病気は大変だけど不幸ではない"


私の行くべき場所は私が決める!!


全力で人生を楽しむサイボーグまんちゃんをよろしくお願いします❗❗



【クラウドファンディングをする理由】
一人でも多くの人に私を知ってもらうためYouTube活動に専念したいのでクラウドファンディングします❗😊
希望額に達した場合、各週にわたり YouTube更新とSNSにて投稿している5コマまんが「がんばれ!!けんいちくん」を投稿します❗✨✨😃👍
なので、いただいた資金は「サイボーグまんちゃん」運営費用に割り当てます。
希望額の算出方法は、動画編集(1本3~5万円)と漫画制作(5000円〜1万円)、運営(SNS更新等の管理業務)を依頼した場合の年間でかかる費用から出しています🙂💻
例)動画編集 40,000円×52.1429週=2,085,716円
 漫画制作 7,500円×52.1429週=391,071円
 運営 10,000円×52.1429週=521,429円
 2,085,716円+391,071円+521,429円=2,998,216円
※動画編集と漫画制作は、それぞれ中間の値段で計算しています。
※上記の額に手数料17%+税の足した額を目標金額とさせていただきました。
本プロジェクトはAll-in方式を取っていますので、目標金額に満たない場合も、リターンをお届けします❗🧚(集まった額により動画とまんがの更新頻度は変わってきますが、最低でも月1、2回の更新はしようと思っています。)


【サイボーグまんちゃんからの返礼品】
💛2000円 ドイツで撮ったまんちゃん入りの写真付きで、お礼のメッセージメールをお送りします💛
🧡3000円 まんちゃん直筆でドイツからはがきをお送りします🧡
💚5000円 まんちゃんがSkypeでお礼をお伝えします(1時間)💚
💙7000円 まんちゃんがSkypeでお礼をお伝えします(2時間)💙
❤️1万円 感謝の気持ちを込めて、直筆のポストカードと共に、ドイツより素敵なプレゼントをお送りします❤️
💜2万円 お悩みをメールで聞き、それに動画で回答します💜
🧡4万5千円 ドイツor日本で直接お会いしてお礼をお伝えます(カフェorお食事で費用はまんちゃん負担)🧡
💚5万円 まんちゃんが得意の絵で心を込めて絵を描きます💚
🖤18万円 まんちゃんが日本全国どこでも行って講演会をします(場所により費用別途相談)🖤

  • 2019/11/24 23:00

    第2回目を撮影し、現在編集中です!!完成したら、Twitter、Instagram、キャンプファイヤーでアナウンスします!よろしくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください