はじめまして!世界一周旅人美容師のKOです!僕が世界一周中に感じた気付き、「美容師として世界に恩返ししたい」という想いからプロジェクトを立ち上げました。ヘアカットをする機会に恵まれない人々に対して、チャリティーカットをプレゼントしたい!

プロジェクト本文

皆さま、こんにちは!
世界一周旅人美容師 KOこと
平野巧(ひらのこう)と申します。

この度は、数あるプロジェクトの中から僕のプロジェクトを観ていただき本当にありがとうございます!現在、ヘアカットを行いながら世界一周の旅をしています。

2019年の5月に世界一周旅行を開始して現在は東南アジアを制覇し、現在はビザの関係で日本に一時帰国しています。1月の初旬に再始動して、約一年後の2021年冬に完結することを目指しています。


今回の世界1周旅行中の半年間で東南アジアへ旅をする中で大きな心境の変化があったことから、

クラウドファンディングに挑戦させていただこうと決めました!



はじめにこちらの動画をご覧くださいませ!

簡単にプロジェクトの内容をまとめたものになっています!



プロジェクト概要


「ヘアカットを通して世界に恩返しをする」

「僕ができる事」を通じて、少しでも世界に恩返し、何か良いアクションを起こしたいという想いから「ヘアカット」という僕だからこそできるアプローチを取っています。


「チャリティーカット」で人々に笑顔を

途上国や貧困国の孤児院や児童施設、ストリートチルドレンの子供達に取ってヘアカットはとても価値の高いもの、特に美容師のヘアカットは貴重な体験です。

普段きちんとしたヘアカットを受けられない子供たちに対して「チャリティーカット」をプレゼントしながら旅をします。

「ヘアカット」を通じて、本当に人を「笑顔」にできるのか?

こちらに関しては後ほど、僕の実体験を踏まえてヘアカットの持つ可能性とチカラをご紹介させて頂きます。


クラウドファンディングで預かった資金の分「チャリティーカット」をプレゼントする

皆さんが提供していただいた資金は、世界中の誰かに対してプレゼントするチャリティーカットの源となります。お預かりした資金を元に僕が責任を持って「チャリティーカット」を届けて一人でも多くの人を「笑顔」にして世界を回ります。



簡単に僕のプロフィール紹介をさせて頂きます。


【世界一周旅人美容師KO】ってなんぞや?

(@vivakooooh)

僕はカナダで生まれ、生後3カ月で日本へ戻り神奈川県の西部にある中井町という場所で幼少期を過ごしました。

父の仕事の関係でフランスへ移住し、10歳から16歳までの思春期時代を過ごしました。

その後、日本に戻り今に至ります。日本では夢であった美容師になることができました。

ただ、手先が不器用でなかなか技術が向上しなかったので見習いの時期は長く、

「スタイリストになってお客様を喜ばせることなんて一生できないんじゃないか」

と悩んで、何度も美容師を辞めようとしたこともありました。

そんなときでも周りの方々に支えられて、なんとかやってこれました。

美容師という仕事が本当に好きだということが、なによりの原動力でした。

そしていまでは、美容師として多くの人に髪の毛を通じて笑顔をお届けできていると思います。


海外で生まれ育った事で様々な価値観、常識、文化を持った人たちと触れ合う機会が多かったからか、幼い頃から強烈に、ただ漠然と「世界」というものに対して興味を持っていました。

「世界」と「世界中の人達」ともっともっと関わっていきたい!という思いから2017年の春にオーストラリアへワーキングホリデーに行き、そこで美容師として働く経験を積むこともできました。

ワーキングホリデーの期間が終了して日本へ戻ってきましたが、やはりもっと「世界」と「世界中の人達」と関わっていきたい!どうしたら関わる事ができるのかな?と考えた時に、「世界一周をしよう」と思ったのが今回の旅のきっかけです。

「海外での生活」や「海外での美容師」としての経験が、きっと僕の中の世界に対する想いを猛烈に駆り立てているんだと思います。

今回の旅で当初は、海外の旅行者たちをターゲットに「ヘアカット」を行い美容師として、様々な人達の髪やセンスに触れることで新しい経験を積む事、ヘアカット代を旅の資金に充てる事を目的にしていました。



ラオス、ヴァンヴィエン山頂のバイクにてヘアカット

取り組みはとても好調で、色々な人種、国籍の方々の「ヘアカット」をする事で、多くの経験や学びもあり、旅の追加資金にもなるので、我ながらなんて素晴らしい取り組みなんだと感じながら旅を続けていました。


カンボジアのアンコールワットにて




しかし旅を続ける中で、大きな影響を受けた2つの出来事がありました。
僕がこのプロジェクトを実施しようと決めたキッカケとなったので紹介させていただきます。



ベトナムのホイアンにて、ランタン前で


1 . 旅の中で再認識した「ヘアカット」に秘められた大きなチカラ

フィリピンでの「プリンセス」という少女との出逢いが僕に「ヘアカット」に秘められた可能性やチカラを再認識させてくれました。

彼女は、僕がこの旅で髪を切らせてもらった最初の子でした。

当初は目も合わせてくれず、全く口を開かないという極度のシャイガールでしたが、プリンセスのお母さんの頼みで髪を切ることになりました。



かなり長めの髪を、バッサリ顎ラインのボブスタイルに切るという思い切ったカットでした。

最初はかなり緊張していましたが、髪を切るにつれ彼女の表情は柔らかくなり、気に入ってもらえたのか笑顔が溢れ始めました。

その後は、彼女は僕に心を開いてくれて、おんぶをせがんで来るまでに打ち解けてくれました。

「ヘアカット」が閉じていた心のシャッターを開けた瞬間だと感じました。


この時、「ヘアカット」というものに秘めたとてつもない可能性を再認識すると共に、大きなチカラを確信しました。スポーツや音楽に劣らない人を「笑顔」にできる可能性に!


(以下のURLから実際のヘアカットをした際の動画をご覧いただけます)



2.「ヘアカット」こそ、僕が人を笑顔にできる最大の武器

2つ目の出来事はカンボジアで参加したチャリティーヘアカットでのことです。

友人の紹介で、現地のサロンが企画しているというチャリティーヘアカットイベントに参加させていただきました。


イベント場所はストリートチルドレンだったりスラム街で暮らすこどもたちを保護している、孤児院のようなところ。住んでいる地域は麻薬だったりギャンブルが身近にあり、とても危険な地域なので、子供たちを守るために建てられた施設です。



到着するなり沢山の子供達!早速ヘアカットをし始めると、あっという間にこどもたちが群がってきだしました。

みんなキラキラと目を輝かせ、自分の番はいつかとソワソワしています。

1人1人とコミュニケーションをとりたかったのに、そんな時間もないぐらいに沢山の子供たちがヘアカットを待ちわびていました。

その日は3時間ほどの間に15人くらいの子供たちをヘアカットしました。

この短時間の間に15人の「ヘアカット」を行なったのは初めての経験でした。


(以下のURLからチャリティーカットの際の動画をご覧いただけます)


みんなにとっては贅沢品であるヘアカット。

彼らが本当に心から喜んでくれていた姿を鮮明に覚えています。

何よりも子供達の姿を見て、今まで必死に学んできた「ヘアカット」がこんなにもたくさん人、子供達を笑顔にできる事を誇らしく感じました。

同時に、「ヘアカット」は人を「笑顔」にできる僕の最大の武器なんだと気付きました。




自分の為だけだったはずの世界1周旅行 旅をする中で芽生えた新しい気持ち

先のお話のカンボジアの平均月収は30,000円程だと現地の方から聞きました。

物価的なものもあると思いますが、「信じられない、日本人って本当に恵まれているんだな」というのが正直な感想です。

日本には、発展途上国と比べて環境によって得られるチャンスがとてつもなく多くあります。

チャリティーヘアカットをした子供たちには、日本人のような恵まれた環境はありません。

ただそんな環境のなかでも、彼らは一生懸命、「今のその瞬間」を生きて、楽しんでいました。

当初は、「美容師として新しい経験を積みながら旅そのものを楽しもう」という自分のために始めた旅でした。

日本に生まれ恵まれた環境だからこそ、学び培ってきた美容師の技術。この技術や経験を活かせているのか。人や世界のために何かできることはないのか。


「日本人として生まれただけで得られるアドバンテージがある。今のまま何もせずに良いのかな?」


彼らのような人々の為になにか出来ることはないだろうか?僕でも何か出来ることがあるはず...」


「この前のチャリティーカットで子供達のたくさんの笑顔を見れた。ヘアカットなら僕でも誰かに笑顔を届けられるはず!」


僕は社会に出て美容師になってからはずっとこの業界で技術を学んできました。

「世界に恩返し」を「世界中の人達に笑顔を届ける」ことをできるとしたら、美容師の僕としてでしかできません。

僕は自分ができる「ヘアカット」を通じて、世界中の一人でも多くの人へ笑顔を届けたいと考えています。


クラウドファンディングに挑戦させて頂くもうひとつの理由。

一歩が踏み出せない人の背中を押したい。


「なにかやってみたいけれど勇気が出ない。」

「海外に行ってみたいけれど、不安。」

僕も以前は勇気が出ませんでしたから気持ちはわかります。


このような人々はたくさんいると思います。実際、僕の周りでも何かに挑戦しようとしているけど勇気がないという方も多くいます。この旅を初めて、InstagramなどのSNSを始めてからは、フォロワーさんや間接的な知り合いから似た様なコメントや相談をいただく機会も増えました。


そんな人々に、僕の挑戦を通して少しでも勇気を与えたい。

おこがましいかもしれませんが、本気です!!


僕たち日本人はたくさんの挑戦する機会に恵まれています。

その一歩で全てが変わるのだという事を僕の挑戦を通して本気で伝えていきます。


具体的な活動

世界1周をしながら各国で、ひたすらチャリティーカットをしていきます。

なるべく普段ヘアカットをする機会がない方(貧困国の子供達、世界中のホームレスの方々など)を優先してカットしていきます。

そして、彼らのヘアカットの様子を写真や動画に収めていきSNSなどを通して定期的に発信をしながら旅を行います。

「ヘアカットをする機会に恵まれない人々に、チャリティーカットをプレゼントして笑顔に」

という信念を持って活動していきます。


ラオスのルアンパバーンにて、象と一緒に。

リターンについて
「あなたからチャリティーカットをプレゼント」

あなたからのチャリティーカットプレゼントを世界の誰かに届けます!

皆さんと一緒に何か取り組める活動、クラウドファンディングが皆さんにも「繋がり」ができるリターンはないかなと試行錯誤した結果、リターンに「チャリティーカット」をご用意させていただきました。

あなたのカット1回分(の支援)で世界の誰かを1人カットするというものです!

みなさまからの支援額によって、カットする人数とプラスアルファのリターンが変わります。

例)3000円のリターン

チャリティーカット1人分+お礼のメッセージ

例)5000円のリターン

チャリティーカット2人分+お礼のメッセージ付きポストカード

皆さんが、見てみたい笑顔の分の支援をしていただけたら、とても嬉しく思います。

今回、3000円から10万円までの、10個のパターンを用意させていただきました。

今回のプロジェクトはAll-in方式と呼ばれるもので集まった金額が満たなくても必ず計画を実行し、リターンをお届けさせて頂きます。


旅の資金と募集支援金額について


スケジュール


20201月中旬 クラウドファンディング終了

20201月中旬 旅再開

20201月 北米へ入国 チャリティーカットスタート

20202月 チャリティーカットのリターン開始(お礼のメール等のリターンも始めさせていただきます。)

202024月 中米〜南米

20205月〜10月 アフリカ〜ヨーロッパ

2020年10月〜1月 中東

2021年1月 世界一周完了予定 チャリティーカット終了予定

2021年1月 帰国予定 リターン開始(報告会やお食事会、プライベートヘアカット等)



当初の旅程を変更してチャリティーカットを世界に届けるために発展途上国や経済的に不安定な国や地域への立ち寄りや、滞在期間の延長が発生します。

今回のプロジェクトの実施に伴い60万円ほどの旅費の増額が予測され資金が足りなくなってしまいます。

このプロジェクトを達成するために、ご支援いただけたらと思います。




ミャンマー、ヤンゴンにて


みなさまの応援が力になります!

みなさまのご支援で一人でも多くの人へ、ヘアカットを通じて笑顔を届けます。

どうか皆様、ご声援とご支援を心よりお願い申し上げます。



ベトナム、ホーチミンのブイビエンストリートにて



  • 2019/12/04 03:21

    こんにちは!世界一周美容師のKOです!たくさんの方々の協力のおかげで、プロジェクトを始動できました!本当にありがとうございます!プロジェクトを始動できたことはとても嬉しいですが、いよいよこれからです!全身全霊でオールを漕いでいきます!どうかよろしくお願いいたします!そして! guestff39...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください